2013年03月18日

クローザー シーズン7 #103

今回はブレンダの宿敵フィリップ・ストローとの再対決エピソード。
ブレンダはレイプ殺人事件の裁判で証言台に立つが、被告のジョージ・ハリスの弁護士は
あのフィリップ・ストローだった。
ストローはシーズン4の55話で、レイプ殺人事件の犯人の弁護人で共犯者だったが、
彼の策略で有罪にできなかった。

事件はモーテルでグウィネスの死体が発見され、その部屋を借りたハリスはチェックインで
鍵を2つ要求したが、その時間はグウィネスはクラブ“ステラ”にいたので、先に部屋を
確保したハリスが相手を捜しに行ったと推測し、ハリスはレイプで不起訴になっていた。

グウィネスの死因は薬物の過剰摂取で、前の被害者ナタリーも同じ手口で共犯者がいたが、
ナタリーが消えて、ハリスは不起訴となり、弁護人がストローだと聞いたブレンダは、
ジョンソン規則の施行翌日にストローの車にGPSを仕掛けていて、ストローと一緒にいた
ハリスを逮捕するが、ストローは使用してた食器を洗剤液に入れて、先手を打った。

ステラの従業員は酔ったグウィネスをハリスが運転するタクシーに乗せたと証言。
ナタリーからハリスの共犯者を聞き出す前に、ストローの策略で裁判が予定より早まり、
精神病棟で入院してるナタリーが証言できる状態かフリッツに確認に行ってもらい、
ブレンダは証言台で証言してると、フリッツからOKの合図をもらったブレンダは、
ストローが共犯者だと証言したことで審理無効となり、1ヵ月時間をかせいだ。

ハリスは釈放されたが、すぐにナタリーの件で再逮捕し、ブレンダはハリスに共犯者を
自白するように迫ったがダメだった。
ナタリーは薬を飲まされたが途中で目が覚めて、犯人2人を見ていたが、検事のクレアは
被害者としてでなく、証人としてナタリーを証言させるつもりで、ガブリエルが
ナタリーにストローが共犯者と確認するのを遮った。

ナタリーはそううつ病の薬を飲んでいて、犯人の薬の効果を弱めたので目が覚めたので、
犯人はグウィネスの時は薬の量を増やしたことで、過剰摂取でなくなったと判明。
ナタリーを保護する場所が見つからず、ブレンダは自分の家に連れて来て、犯人は
今度は命を狙ってくると脅すと、ナタリーはステラに行ったことを思い出したと。

ブレンダはストローを重犯課が待機するステラに呼び出し、フリッツと共にナタリーを
ステラに連れて行くと、従業員の男が犯人だと叫んだ。
ハリスは共犯者について供述し、ストローはブレンダにこれでお別れだなと手を出すと、
ブレンダは握手して、ストローの耳元で“またいつか会うわ、必ずね”と囁いた。
やっとストローと決着がつくかと思ったのに残念。最終話までに決着はつくのかな?

クローザー 〈フォース・シーズン〉セット1 [DVD]
posted by Jasmine at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | クローザー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ