2013年02月26日

クローザー シーズン7 #100

FBIが監視中に監視対象者が男性を殴って、その場を去ったので、市警に通報して、
監視対象者を追ったが、市警が現場に到着すると男性は頭部を射殺して死亡していた。

殺害されたのはケータリング会社のポールで、FBIは監視対象者の名前を明かさないので、
プロペンザはブレンダはクリスマスなので、両親がロスに遊びに来てるので、
事件のことを知らせずに、フリッツから監視対象者のことを聞き出そうとしたが、
ブレンダにバレてしまった。

FBIの監視対象者のエリック・ショーは全国規模の盗品販売の重要参考人で、ポールと
ケータリング会社を経営し、仕事にかこつけて、豪邸を下見していた。
ポールの妻ローラと息子イアンを呼ぶと、妻の兄姉のエリックとエミリーも一緒に来た。
FBIはエリックを見失っていて、彼が戻ってポールを殺害した可能性もあった。

ブレンダとフリッツは隠しカメラを仕掛けて、家族のアリバイを確認すると、
ローラとイアンは自宅にいて、エリックとエミリーは一緒に映画を見てたと。
ポールはローラに離婚を迫っていて、エリックはポールはエリックの元恋人で従業員の
クローディアと浮気していて、彼女の部屋が現場近くにあると。

ブレンダは父親から甲状腺ガンだと打ち明けられ、ショックを受ける。
モラレスに甲状腺ガンのことを聞くと、ステージ1なら心配ないと、ポールの遺体から
甲状腺を取って見せて、手術すれば回復すると説明するとは。

クローディアはブラジルに発つ直前で、荷物には180万ドルが入っていた。
女優をしていて、犯行時刻には映画の撮影中だったと、180万ドルはポールのお金で、
殺人犯が奪いに来るかもと逃げようとしたと、取引をしたいと、自分の部屋に盗品が
あると言い出したので、フリッツはFBIと取引したら証人保護を約束すると連れ去った。

ホームレスが10号線のラブレア出口で凶器の銃を拾っていて、窃盗団の被害に遭った
家から盗まれた銃だったが、それをフリッツに教えずにブレンダはディナー中に、
クローディアの情報を聞き出そうとして揉め出したので、病気で情緒不安定なジョーは
キレてしまったので、ブレンダはすぐにでもアトランタに帰ると言うが、1月1日に
手術をするので、手術後に来てくれた方がいいと言われた。

ポールの家族に旅行者が10号線で銃を捨てる車を目撃したが、詳しい場所は分からず、
警官が捜索していくと知らせると、エミリーが現場に銃を捜しに現れた。
エミリーは銃はエリックからもらったと、クローディアとポールの浮気を知った
エリックがポールに手を出すと思って後をつけて、エリックが帰った後に近づくと、
ポールは窃盗で稼いだお金をせしめる気で、“これでクソ女に仕返しができる。
役たたずに息子を産みやがって”と言ったので、銃で頭を撃ったと自白した。

フリンも姉も甲状腺ガンだったが、今では元気になったと励ましていたし、
ブレンダパパも早く元気になるといいな。

クローザー 〈ファースト〉セット1(3枚組) [DVD]
posted by Jasmine at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | クローザー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ