2013年02月07日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン12 #8

ベンソンはカルビンを預かり、父親を捜すことにしたらしく、そのベンソンの家に
潜入捜査中のFBI捜査官のダナが訪ねてきて、レイプされたと検査を依頼される。
上司に知らせれば、潜入捜査先を引き上げさせられると内密に捜査をすることに。

ベンソンとステイブラーは犯人逮捕のために現場の確認を頼み、教えられた
住所に行くと、そこへダナの自宅だった。
ダナには結婚して20年の夫と2人の子供がいたなんて、ちょっと驚いた。

ダナは寝室で待ち伏せしてたマスク姿の男に襲われ、体がマヒする薬を打たれて、
意識はあったが声も出なくて抵抗できなかったと。
ダナは潜入捜査に行くので、犯人がいるかもしれないと、反対デモに同行するが、
何者かの車でダナは連れ去られてしまう。

車のナンバーから所有者がデビッド・ワージーとわかり、捜索指令を出すが、
デビッドはテロの警戒リストに入っていて、反アメリカ政府のSCBの幹部で、
追跡された車は爆発し、デビッドらしき焼死体が見つかるが、ダナは行方不明に。

ダナの上司に助けを求めるが、1年前にダナはFBIを辞めたと言われてしまう。
SCBのマーシャルを詐欺罪で逮捕するが、デビッドはオハイオ支部で面識はないと、
ステイブラーはFBI捜査官の誘拐での刑務所入りをチラつかせて、デビッドは
暴力を使う団体を見つけたと、民兵集団のPATの情報を聞き出した。

PATの拠点のスタテン島に向かうが、FBIとの銃撃戦の後で、ダナの上司は暗号を
言わなかったのでウソをついたと、ダナは任務を遂行して無事だった。
ダナは検査はFBIで引き継ぐと言い出したが、同じ手口の被害者が殺害されて、
検査から犯人のDNAは検出されなかった。

ダナは被害者のジェニファーと面識がなく、ジェニファーの指は折られていて、
犯人はダナの手を握って、“俺を怒らせなかったから許す”と言われてた。
ジェニファーはボランティアでユダヤ人の囚人たちに手紙を書いていて、
釈放になった性犯罪歴のある元囚人セス・コールマンが容疑者として浮上する。

帰宅したコールマンが逃走し、バイクに乗ってたダナが追跡して、工事現場に
追い込んで、ステイブラーたちが追いつき、コールマンは投降したが、ダナは
コールマンに威嚇発砲するが、弾が跳ね返ってステイブラーの肩に命中してしまう。
ダナはFBIを停職処分となったが当然だよ。

コールマンはジェニファーへの犯行を認めたが、ダナの犯行は否認。
ダナは自分の事件を起訴して公になることを嫌がってたが、ジリアンはダナに
法廷で証言させ、ダナは事件のことを涙ながらに詳細に語り、犯人はダナに
“あんたは本当にスターだ”と言ったことから、ダンは昔、スター・モリソンの
偽名でネオナチのアッカーマンを逮捕してたことを思い出した。

ダナはアッカーマンの息子を殺してたので復讐だと、服役中のアッカーマンを
尋問すると、息子の復讐にはまだ足りないが、これは手始めだと認めた。
アッカーマンにはこれから独房生活が待ってるが、ダナは夫と子供たちが待つ
家に帰って、幸せに暮らすと宣言し、やっぱり強い女性だなと思った。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン5 バリューパック [DVD]
posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ