2013年01月16日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #4

有名音楽学校のシューマン校で、生徒のアローナが殺害される事件が発生。
アローナは深夜に先端がとがった物で殴られて、上から突き落とされていた。

バレリーナのアリーナを指導するイーサンは犯行時刻に舞台美術の担当者といたと、
恋人のコールはクラブでアローナとケンカしたのを目撃されてたが、彼女の携帯に
Eから電話が入ったことで揉めたが、別れた後にバーで飲んでたと証言して、
2人のアリバイは証明された。

アローナから2人分のDNAが検出され、Eはイーサンだとわかり、バレリーナの
ライリーから事件当日にアローナはジェサリンと険悪な雰囲気だったと、
ジェサリンは足を切るケガをしたが、アローナが仕組んだと騒ぎ立てたと聞いた。

ジェサリンはずっと寮にいたと事件との関係を否定し、スティーヴンスはイーサンが
疑わしいと思ってるが、ニコルズは別のダンサーの可能性もあると、ジェサリンと
一緒にいたポーレットを調べると、ストーカー行為で退学になり、現実を認識できず、
潜在的な暴力性があると診断されていた。

スティーヴンスはイーサンは悪人で証拠もあると連行するが、彼はアリバイがあるし、
法律は犯してないと、拘束はできないと開き直った。
ライリーはイーサンとの関係を認め、彼がアローナを選んだと、ライリーやクラスの
みんなが胃が痛み、医者に食中毒と言われたが、口の中が変な味がすると言うので、
ニコルズたちが口臭を嗅ぐとアローナの部屋と同じ臭いがして、ロジャースの検査で、
アローナから凍結防止剤が検出され、ライリーも同じと思われるが、ジェサリンや
ポーレットは元気だった。

映像からポーレットがジェサリンには水のボトルを渡し、他の子にはジュースを
渡したことから、凍結防止剤を入れたのはポーレットだと彼女の部屋を捜索すると、
凍結防止剤を買ったレシートが見つかった。
ニコルズは部屋から凶器となったピアノの置物と血痕のついたタイツを発見した。

ジェサリンとポーレットを連行するが、ファンタジーの世界に逃避してる2人は、
固い絆で結ばれてると思ってるので口を割らないので、2人を会わせて、
ポーレットがみんなに凍結防止剤を飲ませたことや、凶器のピアノの置物を
突き付けて、ポーレットの日記にジェサリンが足をケガしたのは、アローナのために
ポーレットがやったと書いてあると見せた。

ポーレットはアローナのためにしたが侮辱され、彼女はイーサンの元に行ったので、
ジェサリンの元に行ったとわかり、ジェサリンはポーレットを見捨てた。
ポーレットは自分が中心になれないので、中心人物の側で同じ気持ちを味わうことで
喜びを感じてたのかな?
スティーヴンスが最後に動揺してた理由は、これから明らかになるのかな?

Law & Order: Criminal Intent - The Sixth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ