2013年01月04日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #2

ニコルズの新しい相棒のセリーナ・スティーヴンス刑事 ( サフロン・バロウズ )が登場。
前回に引き続き、ロス警部を殺害した犯人に、ゴーレン、エイムズ、ニコルズが協力して、
捜査に挑むことに。

ロス警部の葬儀が行われ、エイムズ、ニコルズは制服を着てたのに、何故かゴーレンは
いつものスーツ姿で、ロジャースは傷心していた。
ゴーレンたちはヴァン・デッカーの銃を押収してるので、マリアの殺害容疑で
逮捕しようとしたが、FBIはヴァン・デッカーの引き渡しを拒否した。

ゴーレンがFBIと揉めたことが警察委員長の耳に入ってしまい、エイムズはマース警部補に
彼に脅されたと言ってくれと言われるが、エイムズはゴーレンを裏切らなかったが、
ゴーレンは停職処分を受けることに。

そんな中、スティーヴンズが着任し、ニコルズは捜査状況を説明し、シャイフが殺害され、
後継者争いの可能性があると説明する。
200万ドルで釈放されたヴァン・デッカーは、シャイフの息子ハサンに父親の遺灰を
渡したが、ヴァン・デッカーは殺害されてしまう。

現場に現れたFBIはゴーレンのアリバイを聞いたので、エイムズは激怒し、ニコルズは
確認に行く口実で情報を話すようにエイムズを諭した。
ゴーレンはロフテンの所得税申告書に投資資本家のミルグラムの名前を見つけて、
彼が資金源と推測し、ミルグラムを脅して、ロフテンが出入してた倉庫を聞き出して、
そこにパテルが一緒に行ってたとわかり、パテルに接触するが捕まってしまう。

ゴーレンが連れて行かれた場所にはFBIが待っていて、パテルはFBIのスパイとして、
ハサンに接触していて、ゴーレンはFBIに協力を申し入れた。

スティーヴンスはジブチの新聞社からシャイフの結婚式に疎遠だった息子のハサンが
現れたと聞いて、ニコルズたちはNYに住んでるハサンに会いに行くと、妹は兄が
父親に会いに行ったとは知らずに動揺していた。

エイムズがゴーレンの捜査に参加すると言うので、ニコルズはハサンが気になると、
彼の恋人ジルに会いに行くが、ハサンをかばって何も聞き出せなかった。
ヴァン・デッカーの爪から火葬された遺灰が検出され、ハサンのオフィスを捜索し、
遺灰やPCを押収すると、PCからハサンは新しい国を立ち上げようとしてると判明。

ジルが射殺され、階段から転落するが、脚が見えないように服装が整えられていて、
遺体の確認にハサンと妹が来たので、ニコルズはハサンに武装ボートにいた
ブロイディに電話で標的の位置を伝えたのか追及すると否定しなかったので、
ショックを受けた妹は一族の血は呪われたとハサンのためにジルを殺したと自供し、
ハサンと実行犯の罪も供述した。

ゴーレンはロス警部の遺志を継ぐべきだと、FBIがミサイルに位置追跡装置を仕込み、
わざと盗まれるように仕掛けて、テロリストの基地を暴いて破壊させるために、
ハサンが必要なので釈放させると言うと、ニコルズは反対したが、ゴーレンと
エイムズに説得されて、ニコルズも同意した。

エイムズは局長に呼び出され、警部補の昇進試験を受けてたので、警部の試験を受け、
重大事件捜査班の指揮を執るように勧められ、警部代理としてゴーレンにクビを
言い渡すように言われ、審問会にかけられるより、この方が痛みが少ないと、
エイムズはゴーレンにクビを告げることに。

そして、エイムズは局長に昇進の話を断って、ゴーレンとエイムズのコンビは
これを最後にしばらくは見られないってことかな?

Law & Order: Criminal Intent - The Fourth Year [DVD] [Import]

posted by Jasmine at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ