2012年12月18日

SUITS/スーツ シーズン1 #11

ドライベック会計会社のCEOのトーリから、会計士のスタンが公認会計士の資格を
持ってないとわかり、経歴詐称で解雇したいと相談された。
スタンは事務所の会計士もしていて、まじめなスタンに自分を重ね合わせた
マイクは身元調査が、5年前に行われてたと暴露してしまう。
スタンは帳簿になかった収入を見つけたポーラと同じだと激怒して出て行った。

マイクはポーラが不当解雇で訴訟を起こしたが、立ち消えになったと突き止めるが、
ジェシカはマイクの行動はただのミスでは済まされないと、ハーヴィーもスタンに
自分を重ねてると、根拠となる事実と証拠と情報だけを追えと帰るように命じた。

ハーヴィーはスタンにドライベックから9年分の給与分と、ダメージを抑えるために
かかった費用を請求されるか、第二の道を選択するように諭すと、ドライベックは
アマディーンという会社と何か企んでると訴えた。

アマディーンは事務所にも毎月、コンサルタント料を請求してるとわかり、
ハーヴィーは何か怪しいと、貸しのある夜間法廷の判事に封印された裁判文書を
調べてもらうと、アマディーンは今日、会社を解散申請してると判明した。

マイクはハーバード・クラブから交流会の招待状が届き、行くつもりはなかったが、
ポーラが訴訟を取り下げた理由を探るために、ジェニーをエスコートして参加した。
同窓生から知らない顔だと言われ、ルイスにまで会ってしまった。

ジェニーはポーラの代理人の事務所のカードキーを入手し、マイクは侵入したが、
警備員に見つかってしまい、ハーヴィーは事前に警備員の弱みを調べておいて、
彼の息子のリトルリーグ宛ての小切手を手渡した。

アマディーンは事務所から架空請求して、金を盗んでるとわかり、ハーヴィーは
トーリを訴えるとスタンに協力を頼んだ。
ジェシカはトーリがバケーションに招待してくれたバハマの家が私の事務所から
くすねたお金で買ったのよねと、すべてを白状しなければ、今度10年間は
刑務所でしか子供たちに会えないと詰め寄った。

スタンは会計士に戻ることはできないし、解雇手当があるからと言われてしまい、
マイクは学校に戻って、資格を取ればと言うが、今さらと落ち込みながら去った。
ハーヴィーは今回の件はマイクも活躍したとジェシカに話し、お咎めなしとなった。

マイクは盗み見た書類の開示請求をレイチェルに手伝ってもらうが、レイチェルから
キスされたところをルイスに見つかり、職場恋愛禁止と言われてしまった。
ルイスはジェニーにマイクとレイチェルのことをほのめかすとは嫌なヤツ。

SUITS/スーツ シーズン2DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ