2006年12月03日

グレイズ・アナトミー2 #9

今週のベイリーの名言、「あなた(クリスティーナ)とバーグ先生…、
彼ならいい父親になれた。」

感謝祭を迎えて、イジーはみんなでディナーを計画するが、
メレディスは病院にジョージは父親と兄たちと狩りに連れて行かれて
アレックスからは連絡がなく、1人で料理をすることになるが、
バークという意外な助っ人が登場した。
バークの家庭的な姿を見て、クリスティーナはひいてしまい病院へ。

病院では感謝祭を祝う気分でないメレディスとオペの経験を積もうとする
ベイリーと密かに試験勉強中のアレックスがいた。
そして助っ人のケントがやって来るが、彼は「ナチ」としか仕事をしないと
ベイリーをドクターとして認めていなくて、ベイリーはワザとつまらない
仕事を与えて、ベイリーが「ナチ」だと知ったときのケントは面白かった。

メレディスは16年間植物状態のマッキーを担当するが、デレクに診察して
もらうとマッキーは薬を投与すれば意識が戻るとまるで「レナードの朝」のよう。
でもマッキーの妻は再婚して出産間近で17歳の息子も現実を受け入れられない。
そしてマッキーは療養所のベットから落ちた時に血腫が出来て、
成功の確率が低い手術しか助からないとわかる。
自暴自棄になるかと思ったけど、前向きに手術を決めたマッキーは
すごいなと思ったけど、彼は手術中に亡くなってしまった。

アディソンは朝、出勤の時にデレクにセックスしようと持ちかけていて、
デレクが帰ろうとした時に、メレディスからマッキーの診察を頼まれて、
結局、アディソンは待ちぼうけになり、こんなの続くのなら耐えられないと
言っていたけど、病院に電話すれば手術してたことがわかるだろうし、
同じドクターなら患者優先だと理解しなよって思った。

感謝祭の料理が完成したけど、時間切れでジョーは彼氏とお店に行ってしまい、
イジーはバークと2人きりにそこへクリスティーナとジョージ、アレックスと
やって来て、イジーの感謝祭ディナーは成功のようだけど、その場に入れない
メレディスはジョーのお店へ。
メレディスのように行き場のない人にはジョーのお店があるんだよね。

グレイズ・アナトミーシーズン1 Vol.1 (第1話~第3話収録) [DVD]

posted by Jasmine at 22:36 | Comment(4) | TrackBack(1) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近ベイリーがどんどんいいひとになってきて、アレックスも試験のことはあるけど、イジーといいかんじでクリスティーナもなんだかんだでバークと上手くいっていて、メレディスだけ不幸なきがします。彼女に幸せはくるのかなぁ。
Posted by baron at 2006年12月04日 17:57
baronさんへ

こんばんは〜
シーズン2になってベイリーがいい人になりましたね。
最近はクリスティーナよりも気になるキャラになり、
いつもいい事を言ってくれるので名言なんて作ってしまいました。(笑)
Posted by Jasmine at 2006年12月04日 23:58
Jasmineさん二度目のこんばんは。

かわいそうなアタシ、に酔ってしまっている状態のメレディス、おバカだなぁと思ってしまいました。そんなメレディスのことも慮ってのイジーの奮闘であり、バークにアレ言うなコレ言うな、っていうクリスティーナの配慮だったのに……。

前にもイジーが家でパーティーをやったときにキレキレ(まぁ、あのときは酷かったですが)でしたが、ああいう社交的なのがイヤなのか、家で家族的イベントをやるのがイヤなのか、どうもすっきりしないメレディスです。お店で出会う男と飲んでも、傷は癒えないことに早く気づいてほしい。

ベイリー、今週もサイッコウでしたね。産休でいなくなっちゃうかもと思うと寂しいです。
Posted by ruko at 2006年12月07日 00:07
rukoさんへ

メレディスは母親が有名なドクターだったので
家庭的な環境で育っていないので、イベントは苦手なのかと思いました。
ベイリーはいい感じでドラマを盛り上げてくれてますね。
Posted by Jasmine at 2006年12月07日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

麻酔抜きの感謝祭 グレイズ・アナトミー2〈9〉
Excerpt: Thanks for the Memories(邦題:感謝祭の夜に…) 感謝祭とクリスマス。アメリカ人にとってはお盆とお正月みたいな感じのイベントで、家族に関してあんまり触れたくない、触れられた..
Weblog: new雑記帳2
Tracked: 2006-12-06 23:58
海外ドラマDiary TOPへ