2012年07月18日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン11 #6

トラックの荷台から男女の惨殺体が発見される事件が発生。
女性の胸から豊胸バックが取り出されていて、近くに女性の下着が吊るされていた。
被害者の身元は不明で、犯人は痕跡を残さず、荷台の床に茶色い繊維が見つかり、
枕の詰め物かぬいぐるみだろうと推測。

SVUの電話が新しくなり、お年のマンチには使いこなすのが大変そう。
トラックはレンタカーと判明し、借主のカルロスは担保に高級車を置いてたので、
ナビで最後に行った場所に行くと、そこはドラッグ工場だった。

証拠隠滅で燃やした中から、ラモーナの免許証が見つかり、ルームメイトと暮らす
部屋から見つけたパスポートで運び屋だとわかり、豊胸バックにドラッグが入ってた
可能性があり、クマのぬいぐるみを発見すると、FBIのポーター捜査官がやって来た。

ポーターはクマでヘロインを密輸した容疑で指名手配されてるカルロスを追っていて、
カルロスはカルテルの暗殺要員で、今回はラモーナとヘロインを守るのが目的で、
ポーターはライバルがヘロイン入りの豊胸バックを取り出したと、そう確信したのは
“レイプの木”と呼ばれる密輸業者は征服の意味で下着を木に吊るすからだと。

ラモーナの部屋を捜索し、隠してた貸金庫の鍵を発見し、金庫からメキシコ行きの
今日のフライトの片道切符が見つかり、貸金庫は男と2人で所有していた。
JFK空港に到着するメキシコからの便にドラッグが積まれてる可能性があり、
荷物を受け取った男の車をポーターが追跡する。

貸金庫の指紋から男はカルテルの幹部マヌエル・ロハスと判明し、ステイブラーが
空港でロハスを発見し、ベンソンが合流するが、携帯型の銃で人質に取られてしまう。
ロハスはドラッグを乗せた車を返せと要求し、ベンソンからカルロスとラモーナが
ノドを切られたと聞いて、動揺したところをポーターが射殺した。

ポーターの情報でカルロスとラモーナは欲を出して、クマの中身を2人で売ったので、
仲間に殺されたと、ロハスは次の強奪を阻止しようとしたと。
トラックから3人目のDNAが見つかり、それがラモーナのルームメイトのテリと推測し、
アパートに行くが留守で、アンテナを外しに来た業者はSVUに電話を設置した男で、
情報漏れがあったことが判明。

電話を設置したガルシアは黙秘を続け、テリを発見して尾行すると食料品店で
男と荷物を交換したが、テリには逃げられたが、男を拘束し、渡された袋から
ラモーナの豊胸バックが出てきて、男が連行されるのをポーターが見ていた。

豊胸バックからSIMカードが見つかり、何かの名簿が隠されてたが、ポーターが
ラモーナ殺害の証拠の引き渡し命令を持ってきて、手を引けと警告した。
モラレスは盗聴器を調べると、製造番号が消されていて、カルテルはそこまでしないと
FBIのやり方だと、盗聴してたのはポーターだと推測。

カルテルの話はでっちあげで、SIMカードを受け取った男を追及しようとしたが
外交特権で釈放されてしまい、テリは存在しない会社から年に6万1000ドルを受け取り、
CIAのスパイで、キューバにアメリカ諜報員の名簿を流そうとしてたと、テリと
ラモーナは同じ高校で、ポーターはテリを守ろうとしてたと推測。

ポーターはテリの居場所を知ってるはずと、ベンソンは自宅に招待して、別室で
モラレスとステイブラーがポーターの携帯にソフトを入れて、仕事だとポーターを
追い払うと、ホテルに電話したので、ホテルにいたテリを殺人容疑で逮捕した。

テリをキューバの諜報員だと追及すると、レジスタンスとして、アメリカに情報を
流してたCIAのキューバ担当だと、ラモーナがカルテルの運び屋だと知らずに、
情報が入ったSIMカードを運ばせようとしたが、もっと払えと要求され、お金はなく、
諜報網が危険にさらされて、仕方なく殺した自白した。

カードを渡した男はキューバの大使館員で二重スパイなので、レジスタンスに情報を
渡してもらうはずだったと、ポーターは全部知ってると、下着を吊るしたのも
彼の指示だと証言するが、クレイゲン警部はうちの手には負えないと上からの命令だと、
テリを迎えにきたポーターに引き渡すことに。

事件が複雑でわかりにくく、犯人を逮捕することができなかったけど、殺された2人は
善人ではなかったので、ベンソンほど悔しくは思えなかった。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン5 DVD-SET
posted by Jasmine at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ