2012年06月24日

ゴシップガール シーズン4 #75

ブレアはセリーナが仮面パーティ以来、家に帰ってこないので、感謝祭はパリで
パパたちと過ごすことにしたが、ドロータがパイを作ったのでリリーの家に
仕方なく届けると、セリーナが行方不明だと判明。

その頃、セリーナは散乱した部屋で目覚めて、911に助けを求める通報をする。
リリーたちが病院に駆け付けて、医師からセリーナは薬の過剰摂取で、一歩間違えれば
死んでたと告げられて、みんながビックリしてると、セリーナが薬の過剰摂取で
搬送されたと報道されたので、リリーはセリーナをリハビリ施設に入れることに。

ダンはこんなのセリーナらしくないと言うが、ブレアたちは昔のセリーナに戻ったと
疑ってなく、ネイトもダンにセリーナのことは大切に思ってるけど、無意識に
こうやって繋ぎとめるので振り回されたくないと告げた。

ジェニーはルーファスからセリーナのことを知らされ、ビックリして、ヴァネッサに
メールして、ジュリエットの家を訪ねた。
ジュリエットはセリーナを追いこんだことを告白すると言うジェニーを止めて、
一人で勝手に告白しないように約束させて、セリーナのフリをして薬をしてる
画像をゴシップガールへ送った。

ジュリエットはヴァネッサに電話して、ジェニーは告白しても家族だから許されるが、
あなたは他人だからすべてを失い、ダンはセリーナの元へ行き、戻って来ないと言われ、
ジェニーはルーファスに話そうとすると、すでにヴァネッサからジェニーが1人でたったと
吹き込まれていて、そこへ、リリーからセリーナがいなくなったと聞かされる。

ダンはセリーナから何も覚えてないと言われ、最後に覚えてたことを尋ねると、
パーティで自分を探してたと、あの日、キスをしたかったのはあなた1人だったと言われ、
セリーナを施設から連れ出したが、リリーとブレアにすぐに見つかって、ゴシップガールに
ジュリエットが送った写真が載せられ、それを見たセリーナは施設に戻ることに。

ネイトは刑務所の父親からアンが面会に来ないことを嘆かれる。
そして、ネイトは弁護士からアンへの書類を預かると、婚姻解消の書類だったので、
アンに父親は変わったからと、一緒に面会に行こうと説得して、家族面会することに。

ネイトはアンから会いたいのは何か裏があると思ったけど、心を入れ替えたみたい
と言われて、これで離婚回避かと思ったら、看守から父親が仮釈放のために
帰る家がある方がいいと言ってたと、やっぱり父親は変わってなかったみたい。

ジュリエットはベンに面会に行き、セリーナを退学にしただけでなく、薬の過剰摂取で
病院送りにしたと報告すると、ベンは計画にはなかったと動揺。
刑務所を去る時にジュリエットはネイトが家族で楽しそうにいる姿を目撃。
そして、看守にまた来週と言われて、少し街を離れるのと、リリーを呼び出して、
毎月小切手が届くかぎり、過去は封印すると小切手を受け取った。

ジェニーがジュリエットの家に行くと、もぬけの殻で姿を消した後だった。
ジュリエットの部屋で、仮面を見つけて持ち帰り、ブレアにゴシップガールの写真は
ジュリエットだとブレアとチャックの密会を暴露したのは私で、ネイトとダンと
キスしたのはジュリエットだったと、証拠の仮面を渡した。

ブレアはチャックに送ってもらう途中、チャックから今は友達にはなれないと言われて、
いい感謝祭をブレアはチャックの頬にキスして別れたが、一緒にいられなくても
友達よとブレアはチャックにパイを届けるとはさすがだね。

ヴァネッサはジェニーからブレアに話したとメールが届き、実家に帰るとは卑怯だな。
セリーナのことでは大した働きもせず、ジェニーに罪をなすりつけるとは最低。
セリーナの病室にリリー、ルーファス、エリックが来て、感謝祭ディナー。

ブレアはチャックに電話しようとするが躊躇した。
そして、ダンを訪ねると、セリーナの過剰摂取はジュリエットの策略だったと、
一緒にジュリエットを見つけてお仕置きすることに。
BとDが手を組みなんて、どうなるのか楽しみだな。

gossip girl / ゴシップガール 〈サード・シーズン〉コレクターズ・ボックス2 [DVD]
posted by Jasmine at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシップガール(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック