2012年06月23日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン3 #51

騎手のビル・サットンが撲殺されて、ポケットから“許してくれ”と書かれた
紙ナプキンと指輪が見つかった。
サットンは別れた恋人デリンダとヨリを戻したがってたとわかり、彼女を訪ねると
落馬事故でサットンは1年間出場停止となり、復帰が決まった祝いに食事に行く途中で、
接触事故を起こし、相手の運転手が脅されて、怒ったビルが相手を骨折させてしまい、
止めに入ったデリンダにも怒ったので、虐待されてた彼女は耐えられずに別れたと。

ビルが出走予定だった馬主のホルウェルは、復帰したビルと独占契約を結んでいて、
犯行時刻には厩舎にいたと証言し、ビルが騎乗するはずだった馬のキャスは日曜の
モンタギュー賞に出場し、見習いの女性騎手サムが騎乗することになった。

サットンは口座を持たずに現金を金庫に入れていたが、金庫にあったはずの
2万ドルが消えていたが、接触事故の相手のデボルトに改心すると1万8000ドルを
渡していたとわかった。

サットンの落馬事故で、重傷を負ったバーンズは、サムにホルウェルのために走れば、
騎手生命が終わると、ビルと同じ目に遭いたいかと脅してるのをジェーンたちが
現場を押さえて逮捕した。

取調べでチョウが州競馬理事会のフリして、内部情報を売ってるなら詐欺だと
厩務員のバーンズに調査が終わるまで、競馬場への出入りを禁じると脅すと、
別の厩舎のオーナーのフランクに頼まれ、ビルとサムを脅しただけで殺してないと。
フランクは複合施設を作る計画で、ホルウェルの厩舎が邪魔だったが証拠がなかった。

ジェーンは乗馬経験のあるヴァンペルトにキャスと双子のポロックスに乗せた。
レース当日にジェーンは100倍のキャスに1万ドルを賭け、それを知ったホルウェルは
全財産を賭けたのに稼げなくなると、するとジェーンはキャスをポロックスに
すり替えたので大丈夫と言うと、ホルウェルはすでにすり替えてたのに戻したのかと。

ジェーンはホルウェルにあんたの計画に反対したビルを殺し、サムに走れと強要したと
告げると逃げ出したが、捕まったところで、キャスが1着と場内アナウンスされて、
ジェーンがすり替えたと言ったのは嘘だった。

サットンを殺害した凶器のレンチは、ホルウェルの車から発見され、サムはホルウェルに
ビルを殺したと言われて、話せば馬に乗れなくなると脅されたと証言することに。
双子の馬は識別用のタトゥーが同じだったので、バレなかったらしい。

リズボンはデリンダにサットンの指輪を渡すと、彼女はきっと時間さえあれば、
上手く行ってたはずと去ったが、ジェーンは絶対上手くいかなかったと酷いな。
ジェーンはバーンズと1〜3着まで当てると賭けをして勝ったが、やっぱり全部の
組み合わせを買ってたんだね。

THE MENTALIST/メンタリスト〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック