2012年06月11日

コバート・アフェア シーズン2 #8

アニーはセネカロックでスコットとロッククライミング中にDPDから呼び出しが。
メキシコ市の石油会社GG&Eに“地球アナーキスト”と名乗る環境テロリストが
会議中の重役役たちを人質にある事件が発生。
CIAの諜報員メーガンも人質となり、彼女からのメール“緊急87-X”から事件が発覚。

リーダーのベルガノの正体は不明で、GG&Eの会長にメキシコ当局には連絡せず、
海外口座に8350万ドルと小規模なケーブルTV局のクルーを要求していた。
ジョーンはメーガンとはファームの同期で、彼女のピンチに現場に復帰するが、
アーサーは妻のことが心配で、ベンを同行させたことで、アニーは思いがけず、
ベンと再会が、言い訳しようとするベンに全部、仕事でしょうとクールな対応。

ジェイは犯行グループがエコTVのアメリカ人スタッフを要求したので、GG&E役員の
父親に協力を頼むと、CIAに利用されてると言われたが、アーサーを非難してる
ライザがこっそり家を訪ねてるのを目撃。

アニーたちの任務は偵察で、特殊作戦部隊に情報を伝えることが目的だった。
リポーター役のアニーがメーガンにインタビューし、彼女のコメントから
オーギーは人質は7人で、敵は5人と解読。

しかし、ベルガノはアニーをTVで見たことがないと銃を突き付けるが、CIAは
ちゃんとアニーの偽リポートを用意してたので、アニーは助かった。
アニーは人質のトイレを頼み、メーガンはトイレでジョーンとアニーに犯人が
刑務所のタトゥを入れてたのでギャングだと、環境テロリストではないと告げた。

アニーはベルガノとのインタビューで、入金を確認したベルガノが席を立ったので、
わざと犯人の怒りを買って、目的はお金ねと言い、アニーたちも人質となるが、
アニーはベルガノが人質を皆殺しにすると、人質たちを守るためだった。

ベルガノは逃走するためにメーガンを連れて行こうとするが、SVPのジョージが
代わりに人質となると一緒に出て行った。
ジョーンもベルガノの態度が変だと、他に黒幕がいると推測。

ベンが持ち込んだ装置で防弾ガラスを割り、アニーとベンは命綱なしで高層階から
窓をよじ登って屋上に行き、ベルガノとジョージが乗ったエレベーターを止めた。
ジョーンとメーガンは駆けつけた見張り役を倒して、人質たちを脱出させると、
アニーとベンは窓からロープで地上まで降り、ベルガノを倒したが、ジョージが
落ちた銃でベンを撃とうとしたのをアニーが倒し、黒幕がジョージと判明。

スコットはアニーに荷物を届けに行き、ダニエルの娘たちとゲームを楽しむが、
ダニエルはスコットの博物館の仕事があんなに大変だとはの発言に不信感を持つ。
ライザに機密情報を漏えいしたのはジェイの父親だったが、ジェイは落ちる時は
お前も一緒、言うことを聞けと父親に言われたけど、どうするのかな?
ベンはアニーを旅行に誘ったが断られ、アニーは変わったと実感したみたいで、
アニーはスコットとロッククライミングに行って、順調みたいだね。

コバート・アフェア シーズン2 DVD BOX
posted by Jasmine at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ