2012年05月17日

デクスター シーズン6 #1〜3

シーズン6が放送開始!
今シーズンでデクスターの敵となるのは、トラヴィス・マーシャル ( コリン・ハンクス )と
彼の師匠のような大学教授のジェームズ・ゲラー(エドワード・ジェームズ・オルモス)。
デクスターは隣の部屋も買って、エンジェルの妹ジェイミ( エイミー・ガルシア )に
ハリソンのベビーシッターを頼みながら、いつものように殺人にいそしんでた。

デクスターも高校の同窓会に出席するんだと思ったら、高校時代に優しくしてくれた
ジャネットがプロムキングのジョーと結婚するが、彼女が亡くなり、デクスターは
ジョーが殺害したと推測し、彼の血液を採取して、彼が犯人だと確信した。
デクスターはジョーを殺害するが、妻を殺害したのは慰謝料を惜しんでのだったとは。

果物売りの男が殺害される事件が発生し、計りには人間の腸が乗せられていた。
次に海岸で刺殺体が発見され、腹はギリシャ文字の“アルファ”と“オメガ”で縫われ、
死体のお腹が動くので、開腹すると生きたヘビが7匹も出てきたので、デクスターは
素人の犯行ではないと推測。

クインはデボラにプロポーズしようとレストランに行くが、発砲事件が始まって、
デボラの活躍で犯人逮捕が出来たが、デボラはまだ結婚したくなく、クインは次の
ステップに進みたいと想いがすれ違い、2人は別れることに。

ラゲルタはマシューズ本部長代理の弱みを握って、警部に昇進を果たし、後任には離婚した
エンジェルを推薦するが、マシューズは銃撃戦で活躍したデボラを抜擢した。
デボラはエンジェルが昇進すると思っていて、父親より上の地位に就くことに戸惑うが、
エンジェルに筋を通して、警部補を引き受けたのは良かったけど、クインは結婚より、
昇進を選んだと知って、自暴自棄になってしまう。

海岸の被害者リベラはサラス団と繋がりがあり、リベラを雇っていたブラザー・サムは
強盗殺人の前科があり、関与を否認するが、デクスターは怪物だと疑いを持ち、近づくため
彼の修理工場に車の修理を依頼した。
ブラザー・サムは死刑のはずが、担当刑事が急死して審理無効となり、今は改心して
牧師となって、前科者を雇っていた。

デクスターはブラザー・サムを尾行すると、発砲に男を拉致したが、従業員のニックが
ラリって発砲し、彼を助けるために連れてきたと、本当に改心したのかもと思い始める。
そして、ニックを取り返そうとやって来たギャングのフリオを代わりに処刑した。

娼婦の遺体が発見され、歯が1本かけてたので、デクスターは80年代に起こった
“歯の妖精”と呼ばれる連続殺人犯がマイアミにいると推測。
そして、施設で犯人と思われるケニーを発見し、彼に近づいて様子を探ると、
彼が借りてた倉庫から被害者たちの歯を見つけた。

ケニーから迎えに来いと言われ、チャンスだと思ったら、デクスターが警官だと
気づいたケニーに銃口を向けられるが、機転を利かせて形勢逆転。
デクスターは同類だと知ったケニーに自分の行く末だと言われてしまう。
ケニーを窒息死させて施設に戻すと、心臓発作として処理されたが、コレクションの
スライドは入った箱を落として、誰の物かわからなくなって、かなり動揺してるし。

デボラはラゲルタが捜査や後任選びに口出しされ、エンジェルからのアドバイスもあり、
直感を信じてシカゴの刑事、マイク・アンダーソンを面接することにしたが、マイクは
デボラが上司だと信じられず、横柄な態度を取られ、大変みたい。

デクスターはエンジェルの紹介でハリソンの幼稚園の面接に行くが、シスターから
信仰について聞かれ、何も信じてないと言ってしまうが、ハリソンのために幼稚園に
通わせたいデクスターは、シスターと話し合った。

デクスターはハリソンに怪物のお話を読み聞かせしてるが、言葉を話すようになり、
“パパの箱”とコレクションのことを言うようになったので、言葉には気を付けないと。
マスカはセクシーな見習いのライアンに“冷蔵庫キラー”の証拠品を見せるが、
ライアンはマニキュアが塗られた義手を盗み出したけど、どうするのかな?

トラヴィスは姉と過ごし、ジェームズとの約束をすっぽかすと、ジェームズは自分の腕に
焼いた鉄棒を押し付け、トラヴィスに罪悪感を与えて、次の獲物を拉致させに行かせた。
廃墟の教会に拉致したネイサンを監禁するが、逃げようとしたネイサンを捕まえると
準備ができたと、白昼の街中をバラバラにされた遺体と馬が走ってた。
白昼とは大胆だし、信仰が関わってるようだけど、どんな基準で獲物を選んでるのかな?

デクスター シーズン1 コンプリートBOX [DVD]
posted by Jasmine at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | デクスター(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ