2012年05月14日

コバート・アフェア シーズン2 #4

アニーは同盟国イタリアと逮捕されたスパイを交換する任務を担当することに。
FBIが捕まえたイタリアのスパイ、カルロ・レニを連れて、アルゼンチンに向かうが、
天候不良で交換場所にイタリア側が到着せず、暗殺者に襲撃された。

アニーはカルトと逃走し、農民から車を買って、イタリア大使館を目指すことになり、
本部も暗殺者がドラムと突き止めていた。
アルゼンチン側は交換だけと言われ場所を貸したが、スパイ2人が国内を逃げてるので、
見つけたら逮捕すると、警察は検問所を設置した。

車がエンストし、アニーは応急処置をして、マキアートが飲みたいと言うカルロと
店に入るが、カルトは1人でトイレに行きたいと言うので、手錠を外したが、
アニーは逃げると見越して、トイレの窓の外で待ってるとはさすが。

アニーたちは検問所を発見し、車を停車させると、追っ手きたドラムに襲撃されたが、
機転を利かしたアニーは検問所を突破し、ドラムの追跡を免れた。
居場所がドラムにバレタので、カルロの服を調べると、発信機が見つかった。
カルロはイタリアの石油会社が、南米の掘削現場で黒い金が動いてることを突き止めて、
記者として記事を発表するのを止めようとして狙われてると。

ジョーンは何か隠してると、イタリアの諜報員ジェナロに会い、秘密裏のはずが
困ったことになったので、国務省に報告すると言うと、その反応から危険だと察知し、
アニーに回収するから、イタリア大使館に行くなと、波止場のターミナルに行くように
指示して、カルトの情報源が2人殺害されたことを知らせた。

オーギーはアーサーから議会関連部への昇給をオファーされるが、受けると顔が知られ、
2度と現場に出ることはできない。
アーサーにオファーを受ける条件として、アニーをアルゼンチンからの回収を提案した。

情報源が殺されたと知ったカルロは逃走するが、アニーは新聞社に向かったと推測し、
カルロを発見し、カルロは同じネタを追ってる記者から、面会に来た記者がジェナロで
発信機を仕掛けた人物で、石油が出れば、ジェナロにも分け前が入ると判明。

アニーたちは波止場に向かったが、そこにドラムが現れ、新聞社から情報が漏れたと推測。
CIAが迎えにくると信じてるアニーはカルロと手錠に繋がれたまま、ドラムを倒すと
迎えのヘリが来たが、アルゼンチンの警察に取り囲まれてしまう。

ジョーンはアルゼンチンのオルフェに脅しをかけたお陰で、オルフェは立ちあがった
ドラムを射殺すると、アニーとカルロを見逃して、アニーたちは無事に回収され、
イタリアに帰国したカルトは汚職事件を記事にした。
オーギーとアニーにコンビが良かったのに、見られないことはないよね?

コバート・アフェア シーズン2 DVD BOX
posted by Jasmine at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ