2012年04月29日

ゴシップガール シーズン4 #67

パリではブレアはルイからチャンスをもらえたようで、デートすることになり、
セリーナは明日帰国なのに、ネイトとダンのどちらにするか決断できずにいた。
デートに行くブレアを見送ってるセリーナの元に、リリーからチャックの所持品を
持った遺体が発見されたとの知らせが入り、セリーナが遺体確認に行くことに。

チャックはエヴァの叔父アルフォンスの酒場で働くことになり、幸せそうだった。
脚を引きずってるので杖をつきながら歩くチャックの横を車に乗ったブレアが通り、
お互いに目があったのに、ブレアは無視して、走り去ってしまうとは。

ニューヨークでは、ネイトはジュリエットとカフェで7時間も語り明かして、
ジュリエットはネイトからセリーナやダンとの関係を聞いて、やり直したいなら、
敵を排除するべきと、ネイトと一緒にダンの家に行くことに。

ダンはジョージーナがスパに行くとメモを残したのを信じて、マイロの子守に奮闘中。
そこへネイトがジュリエットとやって来て、セリーナがコロンビアに行くと聞き、
ネイトはセリーナから連絡はないとダンが答えたが、ダンの携帯にセリーナから
“話したい”と自分と同じメールが来てたのを見てしまう。

ジュリエットはダンのヘルプに来たヴァネッサと仲良くなり、ネイトにヴァネッサと
ダンをひっつけるのがいいと、ヴァネッサにダンがまだあなたを想ってると言い、
ネイトもやり直すべきと後押して、ヴァネッサはその気になりダンと寝てしまう。
ダンはヴァネッサからネイトから聞いた話を聞かされ、ハメられたことに気づいた。

ネイトはダンに呼び出され、セリーナのメールのことで嘘を付いたからと言うが、
チャックは子守で忙しく、メールに気付いてなかったとわかるが、ヴァネッサは
ネイトに利用されたと知って、怒ってしまう。

セリーナはブレアに、チャックが行方不明で、モルグで遺体を確認してきたと話すと、
1時間前に通りを歩いてたと、ゴシップガールでパリにいると知って、追いかけてきたと
もうチャックのことはどうでもいいと。
セリーナはチャックはバーに行ってると推測し、アルフォンスの店で、姪が連れてきた
アメリカ人に似てると言われて、義兄かもと住所を教えてもらうことに。

ブレアと再会したチャックはエヴァにパリを出て、インドに行かないかと言い出し、
遺産を持ってると、札束を用意して、ロンドンに行こうと話してるとノックがした。
ドアを開けるとセリーナがいて、エヴァがいたので、人違いだとドアを閉めた。

チャックがアパートから出ていくと、セリーナが待っていて、セリーナはチャックが
モルグの遺体に何かしたと思ってたが、チャックはそれを否定し、自分がいなくなれば、
みんな喜ぶと、今日でチャック・バスは消えると去った。

ブレアはルイから舞踏会に誘われ、その準備で忙しい中、セリーナからチャックと
会ったことを聞いても、どうでもいいと言うので、セリーナはそれ以上は言わなかったが、
チャックから“チャック・バスを捨てる”のメモ付きのエンパイアの権利書が届いたた。
セリーナはブレアに電話するが、ブレアはルイの運転手から、ハリー・ウィンストンに
連れて行くように指示されたと聞き、電話には出ずに携帯を置いて出かけてしまう。

ハリー・ウィンストンで、ブレアはある指輪が目に入るが、これは他のお客様の物です。
と言われたところに、セリーナと刑事がやって来て、その指輪がチャックがプラハで
盗まれた指輪で、犯人は返品して現金に換えようとしたが、ハリー・ウィンストンは
チャックの指輪と気付いて通報し、モルグの遺体は犯人の1人だった。

ブレアはセリーナからこの指輪でプロポーズしようとしてたと聞かされ、刑事から
チャックは指輪を奪われないように抵抗して、撃たれたことを聞かされる。
セリーナはブレアに止められるのはブレアしかいないと言うが、ジェニーとのことが
まだ許せずに舞踏会に行こうとするが、このまま何もしなかったら後悔すると説得。

駅にブレアとセリーナが駆けつけたので、エヴァは出来過ぎだったと思ったのと。
ブレアはチャックに名前を変えても人は変わらないと言うと、チャックはいい機会で、
いつか人に愛される人間になれるかもと言うので、ブレアはあなたは愛されてた、
みんなに借りがあるのに、その人たちを捨てて逃げるなんて、ただの臆病者だと、
自分のしたことに向き合ってと。

チャックはこの世で唯一、愛したものを壊してしまったと、ブレアは指輪を渡して、
もう愛してないから、それにブレア・ウォルドーフを壊すのは難しいよと。
チャックは俺がいない方がお前には楽だ言うが、ブレアは私の世界の一部なのと。
ブレアはルイにおとぎ話はこれで終わりと、いつでも捜しに来てと、履いていた
片方のヒールを渡して去った。

ネイトはジュリエットと最初からやり直すことになり、ダンはヴァネッサにセリーナが
戻って来ると知ったけど、頭の中は君とやり直すことでいっぱいで、一緒にいたいと。
そして、ニューヨークに戻ったセリーナは、リリーがダンの部屋にいると聞いて
やって来たら、ダンとヴァネッサ、ネイトとジュリエットが手を繋いで現れて、
ダンから息子のマイロを紹介されてしまう。

チャックとブレアの駅のシーンはホントに良かった。
いつものチャックに戻って良かったけど、エヴァをニューヨークに連れて行くのかな?
ブレアとはすぐにヨリは戻らないのかな。

セリーナはダンとネイトのどっちを選ぶか、ゴシップガールの賭けにされてたけど、
こっちが選ぶ前に、向こうに選ばれてしまった。
ルーファスは、マイロの血液型はOマイナスで、ダンはABプラスなので、ダンは父親では
ないと知ってしまい、ジュリエットのターゲットはセリーナで、どんな恨みがあるのかな?

gossip girl / ゴシップガール 〈サード・シーズン〉コレクターズ・ボックス2 [DVD]
posted by Jasmine at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシップガール(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ