2012年03月25日

プライベート・プラクティス シーズン4 #12

肺を患ってるエイブは妻に先立たれたショックから生きる気力を失っていて、
サムはエイブを心配する娘リサと共に会いに行くが、家政婦のシモーンがいるからと
リサの世話にはなりたくないと拒否。

サムがクリニックに来るように勧めので、エイブはシモーンと診察を受けに来たが、
ピートがシモーンとぶつかって、彼女がエイブのクレジットカードを何枚も
持っていたことで、ピートはシモーンにエイブに会うなと告げた。

エイブはシモーンが勝手にカードを使ってることを見て見ぬふりをしていて、
家族の面倒を見るのは自分の役割だったので、自分が面倒を見てもらうことに
引け目を感じてたみたいで、リサはそのことをサムから聞かされて、同居を決意し、
エイブもやっとリサの提案を受け入れてくれて良かった。

シャーロットはシェルダンの師匠というべき精神科医ラリーのセラピーを受けるが、
ラリーはシャーロットの話をちゃんと聞かずに、大量の薬を処方しただけ。
それを聞いたシェルダンはラリーに会いに行くが、トークセラピーはまやかしで、
役に立つのは薬だけと言われてしまう。

シェルダンは再び、ラリーに会いに行くと、彼が患者の話を聞くことに疲れて、
心を病んで薬に頼ってるとわかり、シャーロットのアドバイスもあって、
患者にも危険が及ぶと判断し、警察に通報したけど、辛かっただろうな。

アディソンはビジーとスーザンの結婚式の準備で大忙し。
そんな中、アディソンはロドリゲスに口説かれてるのをナオミに目撃されてしまい、
ナオミに話される前に、自分からサムにロドリゲスのことを打ち明けただけでなく、
プロポーズまでしてしまった。
アディソンはナオミにプロポーズしたと打ち明けるが、後ろめたさからしたと
言われてしまい、サムもアメリアに断りたいと相談していた。

結婚式当日、ビジーはアディソンにお礼を言わないが、スーザンが感謝してくれるが、
体調が悪そうで、ガンが再発してるらしいとわかり、アディソンは入院を勧めるが
蘇生拒否のサインをしてると、ビジーには内緒にしてほしいし、ビジーのためにも
結婚式は中止にできないと、そのまま結婚式を行った。

シャーロットはセラピーが失敗に終わって落ち込んでたが、結婚パーティで
クーパーとキスすると、その気になってきて、そのまま製氷室へ。
やっと克服できたようで良かった。

アディソンは結婚パーティでビジーからやっと感謝の言葉を言われたことで、
サムに不安からプロポーズしたと、プロポーズを取り消して、サムも一安心。
しかし、パーティの途中で、ついにスーザンは倒れてしまった。
アディソンは再発したのを知ってるので、ビジーに責められそうだな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン3 コレクターズ BOX Part2 [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ