2012年03月17日

NUMBERS シーズン6 #6

閉鎖された空軍基地跡で、UFOマニアたちが深夜に空から降ってきたビームで
女性が焼死する現場を目撃した。
ドンたちが現場に到着すると、国防総省の第44課のメイボーンと名乗る男が現れ、
捜査のお目付け役として、捜査に同行することに。

UFOマニアたちは不思議な光の噂を聞いて、真相を確かめにやって来たらしく、
被害者の女性は首にかけてたIDを持ち去られてたことがわかった。
チャーリーはプラズマ物理学者のオットーに協力してもらい、光を調べることに。

空軍基地跡の格納庫から、潰瘍の薬のゴミが見つかり、何者かが侵入してるとわかり
コルビーたちが張り込みしてると、深夜に光が見えて、基地内に停車するバンに
近づこうとしたら車が爆発した。

車内から3人の焼死体と最先端システムが見つかり、被害者の身元はネオックス産業の
社員たちで、社員のシンシアが行方不明だったので、最初の犠牲者の可能性が。
被害者たちは技術者で、会社は政府と機密契約を交わしてるからと何も答えないが、
メイボーンによると、ネオックスは殺傷力の高くない兵器を開発中らしい。

シンシアのPCから計画に触れたメールが見つかり、システムが不備なまま強行される
試験を見に行くと書かれていて、オットーが教えてくれた掲示板にエネルギー指向型
兵器搭載の小型無人飛行機の情報が載っていたので、バンはどこから射撃されたのか
チャーリーとアミタは現場まで調べに行くと、メイボーンが突然、現れた。
3人で捜索すると高エネルギー兵器で殺された動物に、座標か書かれた洗濯機に
無人飛行機の残骸も見つかり、これが兵器だと判明。

DNA鑑定で最初の被害者はシンシアではないと判明し、メイボーンの協力でモーテルに
隠れてたシンシアを発見したが、極秘の兵器開発を請け負う会社の社員だから
頭にマイクロチップが埋め込まれてるって話は本当なのかな?

シンシアは試験を見に行ったら、人が殺されたので隠れてたらしく、開発中の兵器は
レーザー誘導プラズマチャンネル銃で雷を落とすってことらしい。
メイボーンがネオックスの社員名簿を入手し、被害者は副社長のアリソンと判明。

メイボーンが基地のそばに謎の飛行機が置いてあるとの新情報を持って来たので
基地に行くと、例の無人飛行機が現れて、格納庫に向かったので、ドンたちに連絡し、
格納庫で試験をしていたネオックスのドルーを逮捕した。

バンにいた3人は事故で死んだと、政府からせっつかれて、交渉人のアリソンが
人体実験をしたがり、それには資金と時間が必要だからと自ら実験台となり
亡くなってしまったが、公になれば事業は頓挫するのでIDを隠したと供述。

シンクレアはドンに今後、どんなポジションを目指すべきかとアドバイスを求めた。
ドンは現場と管理に両方をしてるのは成り行きで、質問されたことでパパに
人生の岐路では決断が必要だったか質問し、ドンは大きな決断をしたことはないと
言ってたけど、FBIに入ったことは大きな決断だと思うけど。

パパはアミタに亡き妻が21の時に、曾々祖母から譲り受けた妻の形見を渡した。
ドンは上に相談して、シンクレアに主任待遇でワシントンに2年行くことを勧めたが、
シンクレアは管理職が合ってると思うけど、コルビーとのコンビ解散は寂しいな。
メイボーンは不思議な人で、あの携帯は一体、どうなってるの?

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン3 コンプリートDVD-BOX Part 2

posted by Jasmine at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ