2012年03月13日

FRINGE/フリンジ シーズン2 #42

今回は向こうの世界がメインだったので、オープニングタイトルは赤がモチーフで
自由の女神はブロンズ像にだったりと面白かった。
向こう世界のニューヨークのフリンジ本部では異常エネルギーに亀裂を探知した。
こっちの世界のフリンジチームはスーツ姿だけど、向こうの世界はワイルド系で
オリビアとチャーリーはチームリーダーのリンカーンと働いていた。

現場では崩壊しそうで、ブロイルズ大佐からの隔離するべきかの指示を仰ぐと
ブロイルズ大佐は、アストリッドにリスク算出させて、隔離措置を回避した。
チャーリーは顔に体中に悪性腫瘍で出来てる、こちらの世界の誰かを発見し、
その様子をこっちの世界のオリビアはウォルターと男女2人と見ていた。

36時間前のハーバード大学では、ウォルターはピーターがニュートンらと
向こうの世界に帰った映像を見ていた。
バーで飲んでたオリビアの元に、監視人がある絵を置いて行ったところに
ウォルターからピーターのことで、思い出せないことがあると電話が入った。

監視人が置いてった絵には見たこともない装置と、両目から煙を出すピーターが
描かれていて、その絵を見たウォルターは監視人から“ピーターを向こうに
帰らせるな”言われたことを思い出し、ピーターが世界に終わりをもたらすと推測。

オリビアはピーターを連れ戻そうと、ブロイルズらとマッシブ・ダイナミックの
ニーナの元に乗り込み、ブロイルズは向こうの兵器を作ってるなと全データーを
渡せと要求するが、ニーナにも絵の装置はわからなかった。

ブランドンの理論では2つの世界は重なっていて、両方の世界を行くには細胞は
原子レベルに分解されるので、分解された原子が元通りに結合しないのが問題と。
ベルが世界を行き来してた方法は残されてないが、体の分子は不安定になっていて
戻って来られないと思われた。

ウォルターが向こうの世界に行った方法では、一瞬で両方の世界が砕け散るが
オリビアなら行けるはずと、コーテキシファンの被験者を集めれば可能だと提案。
ブロイルズとニーナはひそかに被験者の5人を見つけて、3人を覚醒させていた。
病気を癒せるジェームズ、火を操れるサリー、エンパス能力を極めたニックが
オリビアと共に、向こうの世界に行くことになった。

ウォルターはニックたちに謝罪し、ニックたちは一晩、自由の身になって
ジェームズは病院で病の人を癒して、ニックとサリーは一緒にベッドで過ごして、
オリビアはエラに母の形見の十字架を託し、レイチェルにハグして、別れを告げた。

オリビアたちは向こうの世界へと移動したが、ジェームズに悪性腫瘍が発生し、
彼をその場に残して、体調の悪いサリーを連れて、ニーナがベルに伝言を送ったので、
待ち合わせ場所のセントラルパークに向かった。
ジェームズとサリーの異変は、昨夜の能力を極限まで使ったのが原因らしい。

国防長官のウォルターはリンカーンたちに男が何者でどこから来たのか知ってると
世界の穴の向こうには、こことはわずかに違う並行世界が存在し、その世界の者が
こちらに侵入して、破壊はもたらされたと、死んだ男は仲間と来たはずだと
奴らを見つけ出せと命令した。

オリビアたちはセントラルパークに到着すると、リンカーンたちがやって来た。
ニックがリンカーンに射殺され、サリーは火を操って、リンカーンに大やけどを負わせ
サリーは亡くなってしまう。

ウォルターはベルが裏切ったとパニックになって逃げ出し、向こうの世界のオリビアに
撃たれながらも町をさまよって、病院の前で倒れた。
その頃、ピーターは母親と再会し、母親はウォルターから預かったという監視員が
オリビアに渡した装置の設計図を渡し、ピーターは問題を解決しようとする。

向こうの世界のオリビアは帰宅して、恋人のフランクと過ごしてるのを、ウォルターと
はぐれたオリビアは電話帳から、向こうの世界のオリビアの住所を突き止めて
外から様子を伺ってると、ベルがやって来た。
ベルはニーナの伝言どおりにセントラルパークに行ったが、すでに遅かったらしく、
ウォルターが急がないと危険だと告げた。

向こうの世界のウォルターがあの装置を作ってるようで、危険だとわかってて
ピーターに手伝わさせてるの?
次回はシーズンファイナル、オリビアとウォルターはピーターを連れ戻せるかな?

FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉コレクターズ・ボックス2 [DVD]
posted by Jasmine at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ