2012年01月24日

ブレイクアウト・キング シーズン1 #3「ティーバック」

今月からFOXで始まった「ブレイクアウト・キング」に「プリズン・ブレイク」の
スタッフが制作したということで、今回はティーバックが登場!

このドラマは連邦捜査官が囚人と協力して、脱獄犯を捕まえるとありえない設定で
脱獄犯を捕まえると1か月減刑に、警備の軽い刑務所で暮らせるが、もし逃走したら
全体責任となり、刑期は倍に重警備に劣悪刑務所に送られる取決めとなっている。

お馴染みのフォックスリバー刑務所に服役中のティーバックは、右腕は義手となり
若い囚人に世話させていたが、護送中に隙をついて警備を刺殺し、運転手を銃殺。
その現場に通りがかった子供連れの男性から服と車を奪って、逃走してしまい
チームはティーバックを捕まえるために行動を開始する。

ティーバックは元囚人に荷物を用意させたとわかり、置いた場所に向かうが
立ち去った後で、カナダに向かうとはずと、ティーバックはケガをしてるので
途中で手当てすると予測する。
その頃、ティーバックは救命士2名を殺害し、救急車を強奪して逃走していた。

救急車がガス欠となって、近くで開いてた博覧会に潜り込んで、女性に話しかけると
睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、彼女を自宅に送るフリをして車を運転するが
途中で彼女の指輪を奪って、車から突き飛ばして落とした。

チームはティーバックが救命士の携帯からロレインに電話してると突き止めて
自宅に向かうと、ロレインと看護師のギャレットを拷問してから撃ち殺していた。
部屋にあったメモ跡から次の標的と思われるジョンソンの自宅に向かったが
ティーバックに拉致された後で、カレンダーの採石場の住所が破り取られてたので
採石場に向かうと、ティーバックはジョンソン粉砕機に突き落として逃走した。

ジョンソンを助けるためにティーバックの追跡を諦めたのに、結局、ジョンソンを
助けることが出来ずに犠牲者は6人となってしまう。
ジョンソンとギャレットは同じ介護施設で勤めてたと判明し、所長を問いただすと
2人はティーバックの母親に不適切な行為をして、宝石を盗んでたことで解雇されたが
認知症とガンを患ってたティーバックの母親は、昏睡状態に陥って、起訴取り下げに。
所長はここで最期を迎えるのは申し訳ないと自費で病院に入院させていた。

ティーバックは母親に会うために盗んだ花束を手に病室にやって来たところを
チームに逮捕されてしまうが、ティーバックがママと叫ぶ声に母親が反応し
ティーバックに母親との別れをさせてあげてくれて、ティーバックは母親の指に
指輪をはめてあげると、天国では会えないと告げたが、行けないと思ってるらしい。
そして、ロイドは悪名高きティーバックとの面談に、胸を躍らせていたが
さすがにティーバックには勝てなかったね。

今回はティーバックの圧倒的な存在感にキャストは完全にかすんでしまってる。
というかキャストはイマイチなんだよね。
IQ200の精神科医 ロイドは、どうして懲役25年になったのかは気になるんだけど。

やっぱりティーバックというキャラはすごい!
それにしても脱獄の前科があるティーバックに警備が1人だけとはダメだよ。
ティーバックには是非、また脱獄してドラマを盛り上げてもらいたいです。

BREAK2.jpg
posted by Jasmine at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ