2011年10月11日

グレイズ・アナトミー シーズン7 #12

乱射事件からようやく立ち直り、やっといつものグレアナに戻った。
メレディスは妊娠検査薬で妊娠してないとわかり、クリスティーナに何度も確かめろと励まされ
カリーは又貸した自分の部屋にアリゾナが引っ越してきたので、アリゾナに出て行ってと告げて
メディカルスクールの1年生が病院見学にやって来たので、リチャードは彼らをそれぞれの
レジデントに付かせることにして、次期チーフレジデントの選考中だと発表した。

テディと結婚したヘンリーは医療保険に入れたので、オペを受けられることになった。
ヘンリーの腫瘍は大きくて、副腎だけでなく腎臓も摘出する必要があり、ヘンリーはテディに
意見を求めたが、テディは専門外なのでリチャードの判断に任せた。

しかし、オペをすると脾臓にも問題があり、リチャードは緊急連絡先に指定されてるテディに
判断を迫るが、テディはヘンリーの家族のことやそこまで責任を負うことを考えてなくて
またリチャードの判断に任せることに。

ヘンリーがテディを緊急連絡先にしたのは、両親は亡くなっていて、姉は破産していて
病気になって友達も去ってしまい、保険のために職場を転々としてたので親しい同僚もなく
テディしかいなくて、孤独に病気と闘っていたとは。
ヘンリーは糖尿病の問題も残ってるし、テディとこれからどうなっていくのか気になる。

アリゾナはトリチャー・コリンズ症候群のサラを担当。
サラは生まれつき頬骨がなく、眼球に損傷を受けやすいのでスポーツは禁止で、今回のオペで
頬骨を再建し、2カ月後にバレーボール部に入るのを楽しみにしてたがス楽しみにしてたが
アリゾナのオペではスポーツが出来るのは1年以上先になるので、マークは実験的なオペを提案。
アリゾナはマークの提案したオペに反対するが、マークから聞く耳を持たないのが欠点だと言われ
マークの実験的なオペを受け入れて、サラの希望もあって行うことになり、無事に成功した。

カリーとオーウェンは馬に踏まれてしまったブレイディを担当。
ワシントン州では同性婚禁止なので、ブレイディは恋人 カイルとパートナー申請に行くはずが
カイルはスコットランド人のブレイディを喜ばせたくて、馬車とバグパイプ演奏を手配したが
馬がバグパイプの音にビックリして暴走し、ブレイディを踏んでしまった。
ブレイディのオペは成功したが完治までには時間がかかり、自分のせいだと落ち込むカイルに
許すからもう謝るなとブレイディが言ったのが素敵だった。

リチャードはインターンたちにレジデントの評価をさせていて、メレディスは妊娠が気になり
妊娠検査に気をとられ、エイプリルは仕事の割振りが下手、ジャクソンは自分が学ぶことを優先
クリスティーナはインターンに厳しい態度だったが、オペ中に気絶したインターンに後から
ちゃんとフォローしたのに評価を提出した後だったので、それぞれの評価は最悪。
アレックスは美人インターンのローレルに下心があって親切にしてたのに好評価を得た上に
お持ち帰りまでして、みんなから一歩リードした。

そして、マークから最大の欠点は追い詰められると逃げることだと言われたされたアリゾナは
カリーに辛いときに逃げたことを謝って、チャンスを欲しいと訴えると、カリーはマークの
子供を妊娠したと衝撃の告白をした。

ベイリーはイーライを意識し始めていて、イーライから仕事中にキスされて嬉しそうで
恋する乙女って感じでかわいかったな。
カリーはマークの子供を産むだろうし、カリーとマークをそれを受け入れると思うけど
マークとヨリが戻ったレクシーにはショックだろうな。

グレイズ・アナトミー シーズン6 コレクターズ BOX Part1 [DVD]
posted by Jasmine at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ