2011年10月01日

24 ファイナルシーズン #4〜6

19:00pm-22:00pm

コールのおかげでハッサン大統領は爆発から逃れて、CTUに移動する。
現場に残ったコールはファーマーを発見して追跡するが、ファーマーに銃を突きつけられた所を
ジャックがファーマーを射殺して助けられた。
ファラドは暗殺失敗を知って、捜査官を刺して逃亡したことで、内部協力者がファラドと判明。

CTUはファーマーのタトゥーからロシアの犯罪組織の仲間だと推測し、組織に潜入したことのある
元FBI捜査官のルネがCTUに呼ばれたが、ルネは昔とはどこか違っていた。
そして、CTUに運ばれたファーマーの遺体から高濃縮ウランが検出され、ハッサンはファラドが
ロシアマフィアからウランを買おうとしてたとの情報から、ヘイスティングはルネに謎の組織
“赤の広場”への潜入を依頼し、ジャックはルネには会わずにキムがいるLAに行こうとするが
ルネが再潜入すると知って、ジャックも潜入捜査に志願した。

ルネは前に潜入した武器密輸団のウラジミールが赤の広場と接点があると、ウラジミールの手下
ジヤに接触するが、彼は手首に監視用の発信機が付けられてたので、ルネはジヤの手首を切断し
ジャックはルネのやり方に反対するが、結局は任務を続行することに。

その頃、ファラドは赤の広場のリーダーのバザエフの元に向かい、ウラン燃料棒を手に入れたら
まだ勝てると祖国の同志に資金調達を指示し、バザエフからウランがある証拠に取扱いに失敗し
被爆した次男のオレグを見せられる。

ルネはジヤにウラジミールの隠れ家に案内させるが、追跡してたジャックはルネが潜入してた時に
ウラジミールから潜伏中に暴力を受けてたことを知り、ウラジミールは急に舞い戻ったルネを
怪しんで質問すると、ジヤと共に車のトランクに入れて、外で連れ出した。

ジャックは車を尾行するが、それは囮だったことで、ルネの本当の居場所まで10分かかるとわかり
ジアは射殺され、ルネは取引しないなら殺せと開き直り、自暴自棄な本音を語ったことで信用され
ルネはウラジミールから500万ドルと買い手に会わせろと要求され、ジャックがドイツ人の
買い手となって取引場所に向かうが、ウラジミールは買い手を殺して、金だけ奪えと指示する。

国連では弟に裏切られたハッサン大統領が、祖国の治安部隊に反対の制圧を命じて
アメリカが信頼してる側近まで連行し、尋問を命じていた。

CTUではデイナがケビンからすぐに帰ってこないと前科をバラすと脅され、作業をアーロンに
任せて帰宅すると、部屋にはムショ仲間のニックもいて職務権限を利用して稼がせろと脅迫され
デイナはケビンの脅迫に屈してしまい、NYPDの証拠保管倉庫にある押収された現金を見つけ
これきりと念押して情報を渡してしまう。

ジャックはウラジミールの手下と会い、ウラジミールに電話させて、ルネを無事を確認するが
ルネはウラジミールに屈してして、関係を持ってしまうとは。
ジャックが送金を行うと、手下がジャックを殺そうとしたが、待機してたコールが狙撃し
ウラジミールの側近だけを残して、アジトへ案内させる。

ヘイスティングはハッサンを救ったのは自分の手柄のように振舞い、クロエがチクリと言ってたが
ハッサンはコールにお礼を言うと、コールはジャックとクロエの協力があったからと言ってくれて
コールはやっぱりいい人だな。
それなのにデイナったら強盗の手助けするとは、これきりのわけがないのに。

24 -TWENTY FOUR- シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
posted by Jasmine at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ