2011年06月19日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン2 #28

数ヶ月前に屋敷を購入した建築家のアラン・フォスターが敷地内で遺体で発見された。
屋敷はリフォーム予定で、フィッシャー保安官代理が駆けつけた時には鍵はかかっていて
室内は争った形跡があったが、警報システムは作動し、何者かが侵入した形跡はなかった。
そして、アランはBと刻まれたボタンを握っていて、屋敷では最初の持ち主で建築主だった
ウォルター・ベックワースの幽霊が出ると噂があった。

アランの妻 リリアンはサンフランシスコの自宅にいて、ベックワースの孫 ヴィクトリアが
アランに屋敷を盗まれたと恨んでいて、屋敷でうめき声や物が動いたりしてたが
アランは古い家に慣れてて、気にしてなかったとと証言する。

チョウがヴィクトリアに会いに行くと、甥のドリューもやって来たので、屋敷を売って
ヴィクトリアは税金が払えたのはと質問すると、ヴィクトリアはオーラが見えるらしく
チョウは濃い赤で堅実で現実的と褒めるが、アランはくすんだピンクで不誠実で無責任だと
屋敷を保存したいと言ってたが嘘で壊そうとしたと。

ジェーンは郷土史研究家のレイミーからベックワースは心霊世界にハマって、交霊会を開き
屋敷に宝があると聞いて、ヴィクトリアに会ってるチョウに幽霊のことを質問させると
あれは祖父の魂で、子供の頃によく見てたが、宝のことは探すのをあきらめたと。

屋敷を調べてるリグスビーとヴァンペルトは物置の南京錠が切られてて、中にあった工具が
盗まれていて、タバコの吸い殻を発見する。
そして、物音がした2階に行くと、古くからある光を使った幽霊の仕掛けを見つけたジェーンが
幽霊を見せて脅かすが、ベックワークが交霊会の客を怖がらせるために作ったものだったが
最近、誰かが使った形跡があった。

ジェーンはレイミーからベックワースは禁酒法時代に酒の密売で財を成したと聞いたので
密造酒を隠しておく場所が必要で、隠し通路がたくさんあることに気付く。
隠し通路を調べてたリグスビーはヴァンペルトに“愛してる”と告白して、キスしようとしたら
ジェーンに邪魔されてしまって、かわいそう。

具類を盗んでたのが、工事を請け負ってた男と判明し、チョウが尋問するが自白しないので
脱税のことではったりをかますと、屋敷の近くで車に乗ってるリリアンを目撃したと証言した。
リリアンの連行に向かうと、ヴィクトリアと取っ組み合いのケンカを始めたので2人を連行し
事件当夜にリリアンは夫の浮気を疑って、屋敷に来てたことを認めたがアリバイがあった。

ヴィクトリアが屋敷を壊したくないのは、レイミーからガレージセールで買ったベックワースが
死の直前にいとこに送った手紙に“誰も見つけられない所に宝を隠した”とヒントも書かれたので
2人で宝を独占するつもりだったからで、レイミーから手紙を見せてもらったジェーンは屋敷に
関係者を集めると、ピアノの裏から箱を見つけた。

箱の中に入ってたメモには“富をみつけるには、ただ己を見つめればいい”と書かれてたが
リズボンは時間のムダだと屋敷の閉鎖を指示すると、ジェーンがねばったので“お黙り!”
って芝居し過ぎだし。

これで犯人が屋敷に来るはずと待ち伏せしてると隠し通路を通って現れたのはドリューだった。
ドリューは自分は遺産をもらえなかったので、宝を手に入れようとしてたのだった。
幽霊の仕掛けでアランをビビらせて追い出すはずが、怖がらずに見つかって、殴り殺してしまい
ベックワースと同じ死に方に見せかけるために、アランの死体を窓から投げ落としたのだった。

事件が解決し、ヴァンペルトがリグスビーを別室に連れて行き、キスしたのはビックリで
待ち合わせの約束までしてるし。
みんなでピザとワインで事件解決のお祝いをするが、飲んでるワインがベックワースの宝物で
ジェーンは箱に入ってた鍵を使って見つけたらしいけど、勝手に飲んでもいいのかな?

リグスビーがやっとヴァンペルトに告白して、上手くいって良かった!
ヴァンペルトはリグスビーに興味ないのかと思ってたけど、そうじゃなかったんだね。

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス [Blu-ray]
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ