2011年02月16日

NUMBERS シーズン5 #3

ドンはロビンからNYの法律事務所の面接を受けるので、同伴して欲しいと誘われたが
カフェで8人死亡の事件が発生し、市警と合同捜査の連絡が入ってしまう。
市警は強盗殺人と判断するが、レジのお金や被害者の腕にはロレックスの時計が残されて
金目当ての犯行とは思えず、被害者に非番の警官 ロウがいたので怨恨の線が浮上する。

ドンは上司からの命令で、映画スタジオ社長 ヤングに会いに行くと、恥ずかしいネタで
ロウから2年間脅迫を受けていたので、そのファイルを探せと言われた。
ニッキーは市警では殺された警官を優先すると言うが、シンクレアはFBIでは
殺された8人全員を優先すると、FBI流を教えた。

市警の担当 シュミットは諜報部でロウの上司だった人物で、市警に雇われたチャーリーが
被害者たちが事件当時にどの座席に座ってたか割り出すことに。
事件発生時に被害者のアルバレスは移動していて、彼の手から7度の発砲の発射残渣が
検出されたが、凶器の銃もアルバレスを殺した者も不明。

アルバレスは退学になった警察学校でロウが同級生で、ロウは事件前に4度電話した
女性 リンに会いに行くが電話には気付かなかったと。
コルビーは何かあるとリンを調べ、彼女が売春でロウに逮捕されて情報提供したと知って
また彼女の会いに行き、一線を越えてしまうとはショック!

銃弾が警察専用だとわかり、シュミットに会いに行くと、アルバレスは諜報部時代の部下で
解散後は麻薬捜査班で極秘任務に参加し、容疑者はブロクストンでロウに銀行強盗で
逮捕されて、アルバレスが証人だったと告げられる。

逃走中のブロクストンを発見し、ボートで逃げようとしたシンクレアがボートに飛び乗って
銃口を向けたのに、シュミットがブロクストンを射殺してしまう。
シンクレアはシュミットを疑って調べようとするので、ニッキーは食ってかかったので
見ていたドンはFBIは警察を取り締まると注意し、ニッキーはシュミットの記録を入手する。

ロウの口座を調べ、ヤングがお金を払っていて、アルバレスは複数の口座に振り分けていた。
そして、ヤングが毎週通報し、管轄外のロウがいつも近くにいて対応し、現金を受け取って
必ずシュミットとランチを取ってたことから、黒幕はシュミットだと判明。
シュミットもヤング宅に行ってたので、ファイルと引き換えに大金を要求するが、カフェで
ロウがファイルを渡さなかったので始末して、アルバレスや客たちも口封じに殺したと推測。

ドンはヤングに証言を迫るが、8人を殺した刑事に不利な証言は出来ないと断られてしまい
シュミットを聴取するが、ファイルは持ってない様子で、ロウがリンに電話してたのは
彼女がファイルを持ってるからと気付いたコルビーはリンと会って、ファイルを要求すると
立ち去ろうとしたリンが車のドアを開けると爆発した。

リンとコルビーはかすり傷で助かり、コルビーは車内からファイルを発見する。
ファイルを手に入れたヤングが証言したことで、ニッキーはシュミットを逮捕して
リンは安全のためにロスを離れることになった。

ドンはロビンから面接を延ばしてくれると言われるが、どうぜ別の用事が入ると本心を言えず
パパとランチしてて、女との付き合い方は変わらないなと言われて、やっとロビンに俺のそばで
チャンスを掴んで欲しいと本心を言えてよかった。

カールはシンクレアやコルビーまで聴取し、ドンのミスを見つけようとし、チャーリーも
保全許可証が欲しいならドンを差し出せと言われたが、仕事は他にもあるが兄は1人だと拒否。
そして、ドンはチャーリーはFBIに不可欠だと、弟を戻さないと辞めると宣言した。
カールは君たち兄弟は物事の考え方が同じだと言うと、ドンは初めて言われたがそうかもなと
嬉しそうに笑いながら出て行ったのが印象的だった。

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン3 コンプリートDVD-BOX Part 1
posted by Jasmine at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ