2011年02月16日

プライベート・プラクティス 3 #14

アディソンの患者で妊婦のローレンが海中から救出されるが、危険な状態で
サムがローレンを処置し、アディソンは帝王切開で赤ちゃんを取り出した。
ローレンは心室に穴が開いているので、回復を待ってオペすることになったが
夫のマイケルに捨てられて、死ぬつもりで海に飛び込んだとオペを拒否した。

アディソンはヴァイオレットから抗うつ剤を飲ませて、様子を見ようと言われるが
待ってられないアディソンはマイケルに今だけでもそばにいてあげてと頼んだが
突然、いなくなったわけではないと、戻ったら同じことの繰り返しになると断られる。

アディソンは赤ちゃんを見せて、オペを受けさせようとするが、ヴァイオレットから
逆効果になると反対されるうちに、ローレンは危険な状態になってしまう。
アディソンはマイケルは戻らないが乗り越えて、オペをしてと説得し、サムの執刀し
ローレンのオペは成功し、赤ちゃんと初対面して生きる気力を取り戻して良かった。

クーパーは発熱するペイジを担当するが、彼女の首には人の噛み傷を発見し
そこから肝炎を移された可能性が出たけど、「トライライト」に影響されて
BFとの永遠の愛の印だと、ペイジは誰に噛まれたのか名前を言わない。

クーパーは彼も治療が必要だと説得して、親には内緒でセスの名前を聞き出して
検査するが、他の子も噛んだことがわかったが、セスは名前を言わないので
ペイジから事情を話して、名前を聞き出そうとするが信じてもらえない。
シャーロットはクーパーに女心がわかってないと、ペイジを説得したけど
本当にその通りだと思った。

サムはマヤの結婚式の準備をヴァイオレットに協力してもらうことに。
ナオミは避けていたが、ヴァイオレットに説得されて、花や会場のアドバイスを
サムにしたけど、これ以上は無理と言ってしまう。

ナオミは資金集めのパーティでウィリアムへの賞の授与とスピーチを任される。
緊張をほぐそうとお酒を飲んでたナオミはウィリアムに愚痴をこぼしたあげく
彼が口説いてることを言ってしまい、ウィリアムはそれを認めてダンスに誘ったが
それを見てるファイフが切なそうだった。

アディソンはナオミに悪いからとサムと距離を置いたが、サムはアディソンが
怖がって逃げてると思えるらしく言い合いになってしまい、ピートに愚痴をこぼして
お互いにアディソンはサム、ピートはヴァイオレットが好きだとわかったうえで
関係を持ってしまうとは、最近、アディソンはこういうのが多いよな。

Private Practice: Complete Third Season [DVD] [Import]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ