2011年02月05日

ボストン・リーガル シーズン5 #10

今回は感謝祭エピソードで、いつもと違って、裁判も法廷シーンもなしで
タイトル通りのドタバタの感謝祭だった。

シャーリーはスーパーの駐車場で子供にお尻にナイフを突き付けられ、買い物袋を
要求されるが、その子供は事務所のパートナーのエドウィン・プールが半年前に
養子にしたターニップだった。

アランがデニーを誘ったら、感謝祭はパーマーと過ごすと聞いて、絶対にダメと
別の予定を立てると譲らない。

後日、エドウィンが機密扱いの書類が届けられたのでシャーリーを訪ねて来ると
シャーリーはクレイン・プール・シュミットが破産したと告げた。
市場への投資や銀行に対する債権で破産するしかなかったらしく、タバコ会社訴訟で
勝っても、上訴されて赤字になるだけで、廃業するところまで陥っていたとは。

シャーリーはカールと2人きりで感謝祭を過ごすはずが、成り行きでアラン、デニー
ケイティ、ジェリー、エドウィン、ターニップにパーマーまでやって来てしまい
みんなでシャーリーの自宅で食事をすることに。

宗教に人種差別の話しになり、アランが弁論を振るい始めたので雰囲気は最悪になり
シャーリーが居たたまれずに席を外したので、カールが慰めてキスしているのを
目撃したデニーが浮気だと言い出し、エドウィンにマスコット呼ばわりされたジェリーが
突き飛ばして、ついにシャーリーはキレてしまう。
デニーは今日は自分の誕生日だと記憶を混同していて、進行してるとショックを受ける。

ジェリーはパートナーになったら変わると思ってたが同じだったことに苛立っていて
思わずケイティにペット扱いされてると言ったのをケイティに聞かれてしまい
ジェリーはケイティに謝罪して、君に恋してると告白した。

食事を再開するが、また言い合いを始めたので、シャーリーは父を亡くしてから
初めての感謝祭なので、みんなで楽しく過ごしたかったと打ち明ける。
そして、エドウィンが事務所が破産したと言ってしまい、みんなショックを受けて
デニーは何も知らされなかったことに苛立って、カールのシャーリーのことは
どれだけ真剣なんだと詰め寄ったので、カールは指輪を出して、2人で食事をした後に
プロポーズするつもりだったと告白。

デニーが後押しして、カールはシャーリーにプロポーズし、シャーリーは結婚すると。
やっと最後に感謝祭らしく、ハッピーで良かったけど、打ち切りのセリフが出たりと
もうドラマも終盤なんだなと実感させられた。

Boston Legal: Season 2 [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボストン・リーガル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ