2006年05月11日

ER 11 #229

シーズン11で気になっていた、レイ・リオッタがゲスト出演の
リアルタイムストーリーのエピソードが放送された。
シーズン4 #70で西海岸と東海岸向けに2回も生放送でドラマを
放送して以来の実験的エピソード。

近くの通りが通行止めで、レイは40分以内に配達できないと
無料になるピザ屋にピザ7枚も注文する。

待合室で男性が倒れる、すぐに治療室に運び手当てをする
コバッチュとプラット。
男性はチャーリーと名乗り、殺人罪で刑務所に入っていたと言う。
チャーリーはアルコールによる肝硬変で死期が迫っていた。

チャーリーはアルコールによる禁断症状なのか病状のせいなのか
イライラしたり、意識がもうろうとしていた。
意識がもうろうとする中で亡くなった妻や疎遠になった息子が
現れたりしていた。

サムはチャーリーの息子に連絡を取り、2人は会話出来たけど
息子からすると突然、父親が病気だと言われてもどうしたら
いいのか戸惑っていたようだ。
冷たいなと思ったけど、関係ないと電話を切らないだけでもマシかな。

レイ・リオッタの演技はすごく良くて、チャーリーが最期の時を
迎えた表情はすごかった。
チャーリーが逝ってしまい、受付に戻ったプラットにレイがピザを勧めた
時刻は注文してから44分後だった。

ER 緊急救命室 LIVE EAST & WEST

ER 緊急救命室 LIVE EAST & WEST

posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ER(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ