2010年12月21日

プライベート・プラクティス 3 #8

クリニックにアディソンの父親がやり直したいとやって来た。
アディソン父は女性関係が激しかったことで、アディソンは母 ビジーと共に
苦しめられてきたので、和解するには時間と信用が必要かも。

ピートは末期ガンで余命2、3週間のニールを担当。
6週間後に出産を控える妻 マーガレットの出産まで生きて、娘を抱きたいと懇願され
ファイフが提案する治療法を試すが、副作用がひどくで治療を途中で断念することに。
治療を受けさせて、ひどくなったのにファイフは平然としてるのが気に入らない。

そして、ファイフはマーガレットがすぐに出産すればといいと提案し、アディソンは
反対したけど、ピートたちに説得されて、マーガレットは娘を出産して、ニールは
娘を抱けたので結果的には良かったのかな。
ファイフは彼なりに患者のことを気にしてたようだし。

クーパーは前に治療した継父の虐待から逃げてたエヴァンとフランク親子と連絡を取り
定期的に治療してたとはクーパーらしい。
エヴァンの母 リンがやって来て、エヴァンの居場所を教えろと迫られるが、クーパーは
知らないと嘘をついて、フランクにリンが来たことを知らせた。

それを知ったエヴァンがクーパーに迷惑がかかるから探さないでと母親に電話したことで
クーパーは誘拐ほう助罪で逮捕されてしまった。
それでもクーパーは居場所を言わず、面会に来たシャーロットにエヴァンの検査結果を見て
治療するように頼むとは本当にいい先生だな。

大陪審に出廷したクーパーの顔は傷だらけで、それでも黙秘を続けて保釈は却下され
シャーロットはアディソンにクーパーからエヴァンの薬を届けてと頼まれたと告白する。
アディソンはシャーロットが薬を届けに行ったので警察に通報し、フランクは誘拐容疑で
逮捕されたので、クーパーは釈放されたけど、通報したアディソンを責めた。

そして、エヴァンが刃物で負傷したとの連絡に聖アンブローズに駆け付けると、エヴァンは
継父にやられたと言うが、サムは診察で自分でやったことに気付く。
エヴァンは継父を追い出したくて、殴られたと嘘を付き、それを信じたフランクが
連れ去ってくれたので、引っ込みがつかなくなってしまい、フランクを助けたくて
自分で傷づけたことをシャーロットに打ち明ける。

クーパーはシャーロットからエヴァンの話は嘘だったと伝えたけど、事実を受け入れず
シャーロットが離婚のことを隠してたことまで持ち出した。
フランクは告訴を取り下げされて釈放になったけど、アディソンに対するクーパーの
怒りも収まらないみたい。

デルは娘の母親 ヘザーと結婚したと報告するが、ヴァイオレットとナオミは心配。
ヴァイオレットはヘザーから頑張ってると聞いて、とりあえず安心したけど
やっぱりデルとヘザーは上手く行くとは思えないけど。

Private Practice: Complete Third Season [DVD] [Import]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ