2010年12月14日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #19

リンカーンたちがサンディンスキーを尋問すると、クリスティーナのことは知らないと
言い張ってたが、マイケルからクリスティーナと繋がってると知らせが入る。

リンカーンがサンディンスキーに銃を突き付けて詰め寄ってると将軍がやって来て
サンディンスキーは組織の工作員だったことが判明。
クリスティーナに雇われたとサンディンスキーは告白し、クリスティーナのことを隠した
リンカーンは将軍に指揮権を奪われ、今日中にスキュラを取り戻さないと殺すと脅される。

マイケルはサンディンスキーの携帯からクリスティーナに連絡し、誘き出して拉致する。
クリスティーナを別荘に連れて行き、マイケルが尋問するが何も聞き出せなくて
サラが交代するが、逆に妊娠に気付かれて、弱みを握られる。

将軍はサンディンスキーに何をするのか尋問すると、組織はエコフィールド社のような
幽霊会社から資金を吸い上げて成り立ってるので、革命を起こそうとしてるらしく
ラオスが儲かるころには死んでるとはどういうことかな?

リンカーンたちはクリスティーナの潜伏先を発見し、銀行の封筒を見つけたので行くと
金庫は少し前に開けられたとわかり、金庫からブツを持ちだした男を追跡する。

クリスティーナはマイケルにリンカーンは実の兄ではないとリンカーンの両親が亡くなり
父親が勝手に養子にしたと告げるが、マイケルはアニキが育ててくれたと反発する。
マイケルはリンカーンが危ないと気付き、クリスティーナから居場所を聞き出して
サラに見張りを残して、エネルギー会議が行われるホテルへ向かった。
しかし、クリスティーナは隙を見て、縄を解くと、サラに銃を向けると立ち去った。

リンカーンたちも男を追跡して、エネルギー会議にやって来たが、マホーンは
用意された車がリンカーン名義でパスポートまであったので罠だと気付く。
しかし、リンカーンは1人で男を追跡して会場内に入っていくが、インド首相の息子が
スピーチ中に暗殺される事件が発生。
そこへ、マイケルがやって来て、リンカーンはクリスティーナが暗殺犯に仕立てようと
罠にハメられたことを知る。

将軍はエネルギー会議の出席者にインド首相の息子の名前を見つけたことで
スキュラの売り手がわかったので、ティーバックにサンディンスキーを殺せと命令。
工作員にしてやるとスキュラを取り戻したら、リンカーンを殺せとも命令されてるし
ティーバックはまた悪人に戻ってしまうのかな?

マイケルとリンカーンが兄弟じゃないとはビックリ!?
クリスティーナはリンカーンを暗殺しようとして、今度は暗殺犯に仕立てたので
本当なのかもしれない。

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
posted by Jasmine at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ