2010年12月08日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #18

リンカーンは通行証の日付が2日後だったので、事情を聞こうと母親に会いに行くが
クリスティーナはスナイパーにリンカーンの射殺を命じた。
しかし、マホーンとセルフがスナイパーを発見して追跡するが、逃走したスナイパーは
車にぶつかってしまったので、リンカーンたちは携帯を奪った。

マイケルとサラはサラの友人の別荘に身を寄せて、マイケルは追っ手が持ってたメモの
暗号解読を始めて、リンカーンより先にスキュラを手に入れようとする。
サラは洗面所をあさって探してたのは妊娠検査薬だった。

リンカーンは将軍から今日中にスキュラを手に入れろと迫られ、マイケルから会いたいと
連絡が入ったが行かないので、マホーンが代わりに会いに行った。
マイケルはスキュラは母親が持ってて、リンカーンは母親に命を狙われたことを知り
自分を拉致しようとしたのは母親の手下だとわかった。

リンカーンはスナイパーから奪った携帯からインド大使館に入っていく母親を発見。
ティーバックが守衛をひきつけてる間に、リンカーンたちは大使館に侵入するが
危ないヤツと思われたティーバックは連行されてしまう。

クリスティーナは大使館で首相の息子と面会して、スキュラの中身をプレゼンして
明日のエネルギー会議で発表して欲しいと頼む。
リンカーンたちは大使館内でクリスティーナの部下に見つかって部屋に入れられるが
マホーンは大使館内では殺せないはずと、部屋には鍵もかけてなくて堂々と脱出。
途中でクリスティーナがわすれたメモまで手に入れた。

マイケルたちはメモから駐車場にたどり着き、車の中から飛行場までの地図を見つけ
VSのイニシャルの人物が16時半に飛行場に到着するとわかって飛行場に向かう。
クリスティーナはサンディンスキーの携帯に電話すると、マイケルが出たので
ビックリして切ってしまう。
リンカーンたちもメモからサンディンスキーを突き止めて飛行場へ向かう。

マイケルはVSがヴィンセント・サンディンスキーだとわかり、飛行場で銃で脅して
サンディンスキーが乗ってる飛行機を滑走路の端に着陸させて、医師のサラを
向かわせるとパイロットに伝えさせて、飛行機から降りて来たサンディンスキーを
拉致しようとするが、それに気付いたパイロットが連絡して護衛が駆け付ける。

マイケルたちは殺されそうになるが、マホーンが護衛に発砲したことで助かったけど
サンディンスキーはリンカーンたちに連れ去られた。
リンカーンたちはサンディンスキーを尋問するが、クリスティーナのことは知らないし
エネルギー会議に招待されただけと、携帯を失くしてたので母親との繋がりがわからない。

サンディンスキーの携帯はマイケルが持っていて、クリスティーナと何度も連絡を
取っていることがわかるが、兄弟が協力してたら、もっと展開が早いと思うんだけど。

そして、サラは妊娠してると判明するが、別荘に妊娠検査薬を常備してるのも変だし
マイケルとサラは最近まで団体行動なのに、そんなことする暇がどこにあったの?
連行されたティーバックは脱出して、将軍にスキュラを奪ったのはクリスティーナと
密告したとは、ティーバックらしいな。

プリズン・ブレイク:シーズン3 & 4
posted by Jasmine at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ