2010年11月28日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #17

やっぱりスキュラを奪った黒幕はマイケルとリンカーンの母親 クリスティーナだった。
失敗したリンカーンたちに将軍はそれぞれの弱みとなる人物の写真を送り脅迫してきた。
マイケルはリンカーンに電話して、母親が生きている告げ、サラとマイアミに向かう。

マホーンがウィルコットが持ってた鍵が特殊だと気付き、その鍵が使われてる
教会と海沿いの家が判明し、リンカーンとマホーンは海沿いの家を、ティーバックと
セルフが教会を調べることに。

ティーバックが教会に入っていくが、用心棒がいて、追っ払われてしまう。
海沿いの家には幼いリンカーンと妊娠中の母親が写った写真が残され、マホーンは
写真から指紋が見つからないので、何かメッセージが隠されてると推測する。
写真に写ってた車は78年型でマイケルは76年生まれで、合成写真と判明して
スキュラを奪ったのは母親の可能性が出て、リンカーンは母親の元へ向かう。

マイケルとサラは組織の追われ、ヒッチハイクしてマイアミを目指すことになり
トラックの荷台に乗せてもらったが、途中でパトカーに止められ、警官は運転手を
射殺して、マイケルたちはトラックごと拉致されてしまう。

将軍は番人のオーレンと車で移動中に、オーレンに裏切られて、爆死されそうなるが
間一髪で逃れてたことで、クリスティーナは運転手にオーレンを始末させた。
将軍はクリスティーナに疑いを持つが、間の抜けた娘といかれた愛人に知恵を出させて
スキュラを探し出せと言ったのは面白かった。

教会に向かったリンカーンは男に声を掛けられて店に入ると、そこに母親が現れた。
母親は将軍を始末するから、2日待って欲しいと頼まれる。
その頃、マホーンたちは教会で、例の鍵で中に入ると偽の通行証と銃を発見するが
マホーンとティーバックは捕まってしまうが、外にいたセルフが助け出した。

トラックごと拉致されたマイケルとサラは荷台の壁をぶち破って、脱出して倉庫に
逃げ込み、追手の男をやっつけると、男は将軍の命令ではないと言い残して死んだ。

リンカーンはマホーンたちに2日後に母親が将軍を始末すると話したが、教会に
偽の通行証や銃があったことで反対され、母親ともう1度話をしようと教会に行くが
母親はリンカーンが計画の邪魔になると、始末しろと命令を下した。

将軍もクリスティーナのことを疑ってるし、彼女の計画は成功するとは思えない。
リンカーンもマイケルが来るのを待ってから動いた方が良かったのでは。

オリジナル・テレビジョン・サウンドトラック「プリズン・ブレイク」
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ