2010年10月19日

THE WIRE/ザ・ワイヤー 5 #56

クリスとスヌープたちは逃げたマルロを捜して、警察のフリして付近を聞き込みし
スヌープは妹のフリして病院を回ったけど、そこにも姿が見えずに逃げられてしまう。
オマールはアパートから飛び降りて、掃除道具を入れてる倉庫に隠れていたが
脚に大けがを負って、モップを松葉杖代わりにして、アパートから脱出する。

マルロは会合で、オマール探しをジョーに相談したので殺されたのは自分のせいだと
オマールをジョーの殺人犯に仕立てて、懸賞金を倍にして、居場所の情報に10万ドル
始末したら25万ドルを出すとドラッグの供給は任せろと組合の仕切ると言い出した。

オマールはファット・リックを襲って、銃を手に入れるとマルロはゲス野郎だと
度胸があるなら直接かかってこいと、ストリートで待ってると伝言を託すと
マルロの手下を襲撃し、ドラッグと金を燃やして、あの体で1人で戦うなんと無理だよ。

マクノルティはホームレス事件が一面を飾ったことで、カケルティが記者会見を行い
これで捜査費用がもらえると喜ぶが、刑事が1〜2名増員とパトロール強化だけで
お金をかけずに解決しろと言われ、サン紙の盗聴も却下されてしまう。

フリーマンはシドナーに規則を無視して、マルロの携帯を違法に盗聴してると打ち明け
シドナーも捜査に協力することに。
マルロの携帯を盗聴するが、怪しい会話はなく、何も話さない通話が多いことから
シドナーに監視させ、彼らが画像を送り合ってることを突き止めた。

画像を傍受して、解析するにはパソコンと機材が必要だけど、捜査費用もないし
オスカーに次の死体を頼んだが、ホームレス事件は最優先事項なので死体発見されると
一斉に警官が現場に来るので、死体偽装はできなくなり、計画が行き詰まってしまった。

バンクは殺人課の刑事らしく、空き家事件からマルロを逮捕しようと1人で捜査を始める。
プレッツの顔を立てて、ランディに尋問しなかったけど、今なら何か聞き出せるかもと
面会するが、レックスの射殺事件について何も聞き出せなかった。

キーマが担当する家宅侵入の事件もマルロたちの犯行とわかって、バンクとキーマは
まだ終わってない鑑定の催促に鑑識課に行き、鑑定に1年もかかる理由を追及すると
助手が辞めたので後任を雇おうとしたが臨時職員しか認められず、臨時職員にサンプルを
分類させたが、最初に採取した分と追加依頼の番号の意味がわからずに一緒にしてしまい
どの現場の分かわからなくなってしまったと告白する。

それでもバンクはあきらめずにマイケルの義父が殺された事件にマルロの関与を見つけ
マイケル母からマイケルがクリスとスヌープと一緒だと聞き出した。
バンクはマイケル義父の現場のDNAと一致する容疑者をすぐに割り出せと鑑識に迫ったが
ホームレス事件が最優先と、マクノルティの偽事件で本来の捜査が後回しにされるとは。

スコットは犯人と接触したウソを付いたことで注目を浴び、テレビに出演することに。
調子に乗ったスコットはホームレスと一緒に過ごした体験を追記事にするとボスに話し
ガスは学校特集を担当させたかったが、ボスの命令なので、学校特集は来年になり
ホームレス事件を優先させることに。
スコットは元海兵隊のホームレスを取材してたけど、またウソを書くんだろうな。

ガスは部下からスコットの魚介アレルギーで死んだ女性の記事で、募金が集まったが
女性の妹は詐欺の前科があり、募金はカジノで消えて、子供に渡っていないと
苦情を受けたと報告し、ガスはスコットに事実関係を確認するように言われて
妹は無実だと報告したが、調べてないんだろうな。

殺されたジョーの店を捜索し、大陪審の記録に起訴状が見つかって、家宅捜索の数日前に
逃走したバーマンの起訴状も見つかったことから、裁判所から情報漏れしてると判明。
捜査情報が漏れてるなんて、警察だけでなく司法も終わってるよな。

マクノルティは病気のホームレスを連れて来て、彼のIDを取って、オスカーが最初に
見つけた遺体のIDとすり替えて、リボンを付けたホームレスの画像をスコットに送って
次の犠牲者と思わせ、ホームレスはシェルターに隠した。
これで画像を傍受するためにパソコンも人手も得られるとフリーマンに計画を持ちかけたが
そこまでやる必要はないと思うし、フリーマンがもっと止めないことにガッカリした。

カルケティが港の再開発の式典でテープカットした時に、暴言を吐いて追い出されたのは
シーズン2で登場したニックだったけど、ここで彼が登場したのには、何か意味があるのかな?

Wire: Complete First Season (5pc) (Std Dub Sub) [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE WIRE/ザ・ワイヤー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ