2010年10月13日

THE WIRE/ザ・ワイヤー 5 #55

ジョーを殺したマルロはヴォンダスと取引することになり、携帯電話を渡される。
マルロはエイヴォンの弁護士に小切手の洗浄とクリスとスヌープの弁護を依頼して
連絡先にヴァンダスから渡された携帯番号を教えた。
ハークはその番号を入手するとカーヴァーに渡し、カーヴァーはフリーマンに渡すと
フリーマンはダニエルズに人員を要望したが、番号だけではカケルティは動かせないと。

マクノリティはアルマにホームレス殺人事件は、性的衝動が動機だと偽情報を流した。
アルマがスコットともっと情報が欲しいと会いに来たので、手首に赤いリボンが巻かれ
最近の被害者は体を噛まれてるので、連続殺人犯の異常性が増してるとウソを教えた。

ホームレス殺人が記事となり、マクノリティはこれで予算がもらえて、マルロの捜査が
出来ると思ったら、カルケティは学校問題が解決しないので、刑事2名の時間外手当しか
許可してくれず、キーマとの捜査を命じられたが、バンクから警告されたマクノルティは
キーマに手当てを回すから襲撃事件を捜査に使えと。
フリーマンはマクノルティに盗聴は自分でするし、違法捜査だから誰も近づけるなと
裁判所に偽番号を申請してマルロの番号を盗聴しようと提案。

サン紙ではスコットはガスからホームレスから話を聞いてこいと命じられるがホームレスが
どこにいるのかわからず、やっとホームレスを見つけたがまともに話してくれる人はいなくて
悪魔説を話した男の名前を使って、ガセネタを作った。

しかし、ホームレス事件はアルマの担当となり、外されたスコットは公衆電話から
自分の携帯にかけて、殺人鬼が電話してきたと記事にし、マクノルティがサン紙に行くと
殺人鬼は最終的に犠牲者は12人なり、その後は別の場所に行き、噛み跡は頼まれたから
噛んだ言ってたと聞き、マクノルティは殺人課にも今朝、電話があったとウソに乗っかった。
そして、連続殺人犯が電話してきたと盗聴許可を取って、マルロの盗聴を開始する。

マイケルの弟 バグの子守をしてるドゥーキーは、売人の子供からペットボトルを投げられ
俺は仕事してるのにお前は遊んでると言われて、揉めたことで他の売人たちからリンチされ
マイケルは敵を取ってやると言うが、ドゥーキーは頼ってばかりだと言うので、マイケルは
相談しろと連れて来たのは、デニスのボクシングジムだった。

デニスはストリートの処世術はすべてに通用しないと、他にも世界があると話すが
彼もストリート育ちなので、他の世界のことはわからない。
ドゥーキーはマイケルから銃の打ち方を教えてもらうが、ドゥーキーに銃は似合わないよ。

ボンドはデイビスを起訴すると記者会見を行った。
デイビスはキャンベルに冷静になって上手く振舞うように忠告され、無実を訴える集会を開き
元市長のロイスが援護した。

低収入者への食事奉仕を手伝ってるバブルスは洗い場ではなく、給仕を手伝うことになり
注射を回し打ちしてたので、自分がHIVではと思ってたが陰性だった。
バブルスは自分だけが助かることが許せないようだけど、早く立ち直って欲しいな。

マクノルティは元妻に呼び出され、息子たちに会いに行ったが、息子は急成長しているし。
元妻はビーディからマクノルティを失いそうと聞いて、昔の自分のように離れる準備をしてると
ビーディと出会って良かったし、祝福してるし、彼女はステキだから苦しめないでと忠告する。
そして、ビーディはバンクにマクノリティを追い出そうと思ってると話していた。

オマールはマルロの手下のモンクを襲撃しようと、モンクが1人になるまで気長に待っていて
ついに1人になったとアパートに突入するが、クリスとスヌープとマイケルが待ち伏せし
銃撃戦となり、マルロは相棒を失って、1人ではフリだと窓を突き破って逃走するが
高層アパートのベランダから飛び降りたとは思えないし、どこに行ったのかな?

Wire: Complete Fifth Season [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE WIRE/ザ・ワイヤー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ