2010年10月09日

THE MENTALIST/メンタリスト #19

今回はパトリック役のサイモン・ベイカーの妻 レベッカ・リグがゲスト出演。
ハリウッドの駐車場で、元カリフォルニア州議会議員ハンソンの遺体が発見されて
CBIが捜査することに。
現場にいたマリリン・モンローとチャップリンから被害者の駐車券を奪え返すと
被害者の車からドラッグが発見された。

前夜にハンソンは映画監督 ガブリエル・ファニングと食事をしていて、ハンソンは
監督の映画に1000万ドル出資し、主演はハンソンの妻で女優のフェリシア・スコット。
ガブリエルに会ったパトリックは、出資者のハンソンと食事したのに割り勘だったのは
2人はケンカしたからと推測。
ハンソンが最後に通話した相手は麻薬取引と暴行の前科があるフレデリック・ロスで
ロスはビールのCMに出た男だったが、リグズビーとチョウはロスに逃げられてしまう。

フェリシアはハンソンはドラッグはしないし、フレデリックも知らないと言い
映画を降りたいけど、撮影が遅れて損失が出ると保険が下りないと撮影を続けると。
義娘 シドニーも娘役で出演することになってたが、ハンソンはガブリエルが脚本を
めちゃくちゃにしたので映画から手を引きたかってたと言い、シドニーはブランドンと
付き合ってたが、フェリシアは交際に反対してた。

ガブリエルのエージェントのミッチはCBIをガブリエルに会うのを妨害してたが
パトリックはいじめられっ子だったミッチを誘導して、ガブリエルのトレーラーに行くと
ドラッグを発見する。
ガブリエルはハンソンに映画の出資を辞めると言われ、7年ぶりの監督作品で
崖っぷちのガブリエルにとってはハンソンの死は好都合だったと認めたが殺人は否定。

ガブリエルはドラッグはミッチのだと主張したので、ミッチを連行してチョウが尋問すると
ミッチはハンソン殺害については何も知らなかったが、ロスの居場所を吐いたので
捕まえに行くと、シドニーがロスといた。

ロスはハンソンから娘に近づくなと電話で言われ、ハンソンはブランドンを尾行させて
売人のロスにたどり着いたらしい。
ハンソンの車にあったドラッグはシドニーのドラッグで、シドニーはお金が必要で
家にあった古い銃などを持ち出して、ブランドンが売ってお金に換えてたと供述するが
ブランドンの居場所を言わない。

シドニーが盗んだ銃は殺害に使われた銃と同じ42口径で、フェリシアはシドニーを
かばうのはわかるけど、ブランドンもかばってるのが何か変でパトリックはブランドンは
今夜、被害者宅に現れると言うので、リグズビーとチョウが見張ってると、銃を持った
ブランドンが侵入したが、フェリシアがブランドンを撃ってしまう。

ブランドンは一命を取り留め、フェリシアは罪に問われなかったが、ブランドンが持ってた銃は
ハンソン殺害に使われた銃でシドニーが自宅から盗んだ銃だったのでブランドンに容疑がかかるが
ブランドンは犯行を否認し、ハンソンはシドニーに暴力を振るってたと言う。

銃は盗難届が出されてなく、見つかったのは自宅で、ブランドンの指紋もなかったので
凶器と証明できず、パトリックはシドニーにブランドンに父親殺害を頼んだかと尋ねると
はっきりと否定したので、シドニーとフェリシアを撮影現場に行かせた。

パトリックはガブリエルとシドニーと協力し、シドニーがフェリシアにブランドンを
奪ったと追及するシーンを演じさせ、パトリックはフェリシアにブランドンにハンソンから
DVを受けてるとウソを付いて殺させ、ブランドンを口封じしようと追及すると
フェリシアはハンソンは脚本を変えると言い出し、自分の復帰を邪魔する夫を許せなく
ブランドンにシドニーがトラぶってるとハンソンを呼ぶ出させて、殺害させてた。

取調室で供述するシーンを観てて、パトリックとフェリシアは実生活では夫婦なんだなと
感情込めたシーンだったので、役者さんはすごいよなと感心しながら観てました。

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス2 [DVD]
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ