2010年10月08日

ER シーズン15(ファイナルシーズン) #310

ついに「ER」ファイナルシーズンが放送開始。
証人保護プログラム中のアートをカウンティから移送する救急車が爆発した。
プラットかサムのどちらかが救急車に乗っていて、ルカと会っていたアビーも
近くを歩いてて、爆発に巻き込まれた続きからスタート。

爆発を知ったゲイツはサムが乗ってると病院を飛び出すと、プラットが乗っていて
サムは無事だとわかって、2人は現場に駆け付ける。
アビーは腕を負傷しただけで、すぐに救急車に駆けつけると、プラットの意識はあったが
救急隊のバーデリのお腹には金属棒が突き刺さっていた。
プラットは自分で車から降りたけど、足のすねから骨が飛び出していて吐血する。

カウンティに搬送され、モリス、ゲイツ、アビー、サムがプラットの治療を行って
ブレナーとニーラがバルデリの治療を行うことに。
プラットに挿管が必要になるが、なかなか入らずにみんながパニックになってると
モリスが機転を利かせたことでひとまず安定する。

バーデリーの方はちょっと危ない時もあったけど、カウンティを辞めると出て行った
ドゥベンコがニュースで事件を知って、戻ってくれたので良かった。

アビーは救急車の後ろの車に乗っていたぜんそく持ちの少女を担当するが
少女の容態が急変したのに、アビーはプラットの治療が気になってることを
母親から非難されたけど、車が燃えたことで発生したシアン化物を吸ったが原因と
処置したので少女は助かった。

プラットの異母弟 チャズは、爆発で飛ばされた女性と彼女を助けようとして脚を
負傷した男性を搬送してきて、プラットが爆発に巻き込まれたことを知る。
プラットは挿管してるので、筆談で会話してたのに、左首がどんどん腫れあがって
口から吸引されてるプラットは苦しさから涙を流してる。

懸命に処置するが心停止状態で脳も休止状態となり、みんなが口ぐちに言い出したので
モリスがみんなを制して、空気塞栓かもしれないと言うと、脳外科医もそうだろうと。
爆発で肺に入った空気が脳にまでまわって、塞栓を引き起こしてたのだった。

脳外科医は4時間後に、機能テストをして結論を出すと言い、ゲイツはチャズに
プラットがドナーカードを持ってたと伝えるが、まだ脳死じゃないと反発する。
4時間後、プラットは脳死と判定され、モリスはモニターを外そうとすると
チャズは蘇生するかもと反対するが現実を受け入れた。

プラットは臓器摘出のためにオペ室に運ばれることになり、みんなはプラットが
運ばれて行くのを見送った。
エレベーターのボタンを押しに来たフランクがエレベーターに乗せられるプラットの
肩にそっと触れたのが印象的で、このプラットがERを去るシーンには泣かされた。

1週間後、プラットの葬儀からそのまま出勤すると、フロリダのウィーバーから
ギフトバスケット、アフリカのカーターからお墓に備える品がERに届いていた。
プラットの恋人 ベティーナがプラットにとってERのみんなは家族で愛したと伝えて
ブレナーは叔父のアンスポー部長からプラットが次のER部長だったと伝言を伝える。

葬儀にはルカも来てたらしく、アビーはルカとの間にボストンへの引越し話が出てるけど
ここを離れたくないらしい。
そして、モリスはベティーナにプラットのポケットにあった婚約指輪を渡した。

プラット偲んで、アイクの店に集まったERスタッフたちはプラットの思い出を語り
アビーはプラットの臓器で3人の命が救われたと報告する。
モリスはプラットに大変なシフトの後で、ここでビールを奢ってもらったが
その時にいつも食べてたモッツァレラのチーズスティックで乾杯する。

プラットが爆発に巻き込まれたと思ったけど、こんな結末だったとはショックでした。
彼がER部長としてERを仕切ってる姿が観たかったな。

ER緊急救命室XIV 〈フォーティーン〉コレクターズ・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 21:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ER(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1話目から衝撃的なスタートですね。
いきなり、名前だけだけど、「カーター」とか
「ウィーバー」とか出てくるし。
ファイナルシーズン、本当楽しみです。
Posted by Nicky at 2010年10月09日 13:18
Nickyさんへ

ショッキングなシーズンプレミアでしたね。
ファイナルシーズンはERを去ったメンバーたちが
いろんな形で登場するらしいので、それも楽しみですね。
Posted by Jasmine at 2010年10月11日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック