2010年09月14日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #11

ついにスキュラの解読器を奪うことに。
でも脳に腫瘍が見つかったマイケルは、病院で警察に通報しないと言ってくれた先生が
今日の午後3時ならオペできると言われ、サラの説得でマイケルはオペを受けることに。
それまでにマホーンとスクレが撮って来た映像から、超高感度マイクと熱センサーで
守られる解読器の保管庫へ侵入する準備を進めることに。

その頃、グレッチェンは閣下から6枚目のカードを盗むために、ティーバックの作戦で
ロリーターファッションの写メを送って、閣下を呼び出してけど、すぐに嘘だとバレて
カードの入手に失敗してしまう。

マイケルはグレッチェンがカード入手に失敗したことで、計画が狂い出したことで
自分だけ病院で生き残るのは嫌だとオペをやめて、みんなと一緒に解読器の強奪へ。
サラも発作を抑える薬なんて注射してるし。

マイケルたちは細心の注意を払いながら、極力音をを立てずに壁を壊していき
スクレが吊り梯子を組立てながら、足が地面につかないように解読器に近づき
途中でスクレが落ちそうになったり、マイケルが頭痛に襲われるハプニングもありながら
解読器に到着たが、マイケルが触ると警報機が作動してしまう。
閣下は監視カメラでマイケルがいるのを確認し、部下と保管庫へ向かった。

ティーバックは契約成立のご褒美に、上司からお小遣い付きのクルージング旅行を
プレゼントされたが、今はオフィスを離れるわけにいかずに、仕方なく断念。
ゲート社の受付係 トリシェンはティーバックとグレッチェンの会話を盗聴して
買い手と接触すると知って、セルフと共にその住所へ向かったが、そこにいたのは
グレッチェンから協力を頼まれたフェンでトリシェンがスパイだとバレてるし。

マイケルは警報機が作動することを計算してただろうし、閣下が向かっているので
もしや警報機と6枚目のカードを両方頂いちゃう計画なのかな?
別行動をしてるサラはどう動くのかな?

セルフとトリシェンの2人で踏み込むなんて、ちょっとありえないよな。
グレッチェンはセルフたちと引き換えに、スキュラを横取りしようと企んでるし
マイケルが命を懸けた計画がめちゃくちゃになりそう。

プリズン・ブレイク:シーズン3 & 4
posted by Jasmine at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ