2010年09月09日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #10

みんながベリックの死を悲しんでるのに、セルフはベリックの遺体を身元不明者として
処理するから、次の作業に取り掛かれと言われ、もしもの時はママに電話してと頼まれてた
スクレがキレてしまい、止めに入ったマホーンがベリックを母親の元へ送れと言ってくれ
きちんと埋葬されることになって良かった。

マホーンがべリックの遺品を整理してると、この間、盗んだ警察バッチが見つかり
フォックスリバーの看守だった時、警察学校の入試を5回も受けてたとスクレが語り
SONAでティーバックが火を点けて、みんな脱走しようと一斉に走り出し、転んだスクレは
踏みつけられたのを助けてくれたのがベリックだったとは。
だから脱走してから一緒に逃亡してたんだね。

マイケルは次の作業には“鳥の本”の残りがいると、セルフと共にグレッチェンに会って
残りを受け取るが、スキュラが明日、ペンシルベニアに移動されることを知らされる。

マイケルは完成した図面が変だと気付き、記号から“デイヴィッド・ベイカーに会え”の
暗号を見つけて、ベイカーはスキュラの設計者だった彼に会いに行こうとしたマイケルは
倒れてしまい、サラがマイケルを病院へ連れて行く。
リンカーンとスクレがゲート社の地下で作業をし、マホーンがベイカーに会いに行くが
スクレが地下に仕掛けてあった地雷を踏んでしまい大ピンチに。

マホーンは組織の者だと名乗って、ベイカー宅を訪ねるが、組織の者だないと見破られ
組織を倒すのに協力して欲しいと頼んでると、閣下からスキュラの解体作業が遅れてると
ベイカーを連れて来るように指示された手下がベイカー宅にやって来た。

ベイカーの妻は危険を察知し、留守だと告げるが、男たちが自宅に入って来たのを
マホーンが気付き、自分がいたことを言うなと脱出すると、車で逃げてきたベイカーの妻から
図面記号の凡例の紙を渡される。

ティーバックは上司から顧客へのスピーチを頼まれ、顧客のフリしてオフィスにやって来た
グレッチェンにスピーチを聞いてもらってると、グレッチェンが地雷のことを知ってたと
思い込んだリンカーンが激怒して、グレッチェンを地下に連れて行った。
元軍人だけにグレッチェンは地雷の種類を見分けるが、解除するのは大変らしく
リンカーンはマイケルに電話するが、病院にいたマイケルは出ることが出来なかった。

サラは自分は内科医で夫にしたマイケルの病状を的確に伝えたことで、すぐにCT検査することに。
担当医は詳しい結果が出るまで、病室を用意すると言われ、マイケルはサラに説得されて
病院に残ることにしたが、病院に警官が現れたので、マイケルとサラは逃げようとすると
主治医はマイケルに警察には通報しないと告げるが、結果は電話でと病院を後にした。

アジトに戻ったマイケルはマホーンが入手した図面記号の凡例からスクレが踏んでる地雷は
撃針を外すとアラームが作動する警報装置だとわかって、リンカーンに電話するが留守電で
マホーンが地下に駆けつけて、手動の制御装置で解除してスクレを救った。
キャラ的に次はスクレが命を落とすのではと心配なので、ホント助かって良かった。

ゲート社の受付 トリシェンは採取したグレッチェンの指紋からハッキングできる友達がいると
彼女の経歴をティーバックに渡したが、ウィスラーの名前を出したことで何で知ってると
ティーバックはトリチェンのことを怪しむが、トリシェンはセルフと組んでる捜査官だった。

ティーバックは顧客へスピーチするが反応がイマイチで、刑務所でボランティアをしてたと
ウソを付いて、ベリックとの思い出を涙交じりに語ったことで信頼を得た。
ティーバックは自分が入社する1週間前にトリシェンが派遣会社から派遣されたと知って
派遣会社に電話するとセルフが出たけど、バレたのかな?

6枚目のカードはグレッチェンが入手することになり、もう少しで終わりそうな感じなのに
マイケルに先天性の腫瘍が見つかり、明日にでも手術しないといけない状況で大丈夫かな?
そして、棺に入ったベリックの遺体がアジトにやって来て、みんなはベリックとお別れし
マホーンは警察バッチを棺に納め、スクレはベリックのママに電話した。
フォックスリバーの頃のベリックは嫌な奴だったけど、ヘタれキャラをオープンにしてから
緊迫する中、癒しのようなものが感じられ、最期はカッコよかったよ。

オリジナル・テレビジョン・サウンドトラック「プリズン・ブレイク」
posted by Jasmine at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ