2010年09月01日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #9

捕まえたワイアットに仕事が完了したと閣下に電話させようと拷問するが効果なし。
セルフはしゃべらせればいいと、サラにセルフを説得させてる間に、マイケルはサラ、セルフ
マホーンを残して、リンカーン、スクレ、ベリックと共にティーバックがいるゲート社へ。

倉庫の地下通路から鳥の本の図面を使って、組織のビルへ侵入することになるが
大きな水道管の中を通るしか方法はなく、リンカーンとベリックが断水させて時間を稼ぎ
水道局が復旧させるまでの1時間以内に、マイケルとスクレが人が通れるようにパイプを
通すことになるが、マイケルが頭痛に襲われてしまう。

その頃、ゲート社で見張りをしていたティーバックはグレッチェンが始末したブラウナーが
突然、辞表を出して、婚約者にも連絡せずに行方不明となったので上司が不審に思って
警察に通報したことで、ゲート社に刑事がやって来た。
ティーバックはブラウナーが不正してたと記録を改ざんして、上司に失踪理由はそれだと
信じさせたけど、大丈夫かな?

マイケルは頭痛に苦しみ、スクレも銃弾を受けたので本調子ではなく、作業が進まなく
やっとリンカーンとベリックが戻って来て、みんなで作業を続けるが支柱が折れてしまった。
水が流れる音がしてきて、タイムリミットが迫る中、ベリックがパイプを支えるために
水道管に飛び込んで、犠牲となってしまう。

サラがワイアットを説得するなんて無理だろうと思ったら、セルフは会話を録音編集し
閣下に仕事が完了したと連絡するとは、なかなかやるな。
そして、セルフはサラを外に連れ出し、やっとマホーンの復讐の時がやって来た。
元FBIだけに拷問の仕方は心得ていて、指先に針を刺して、ジワジワと痛めつけると
ついにワイアットに妻への謝罪の言葉を言わせ、重石を付けられて海の中に放り込んだ。

マイケルたちが死んだと信じた閣下の元に、銃を持ったグレッチェンが乗りこんで来た。
グレッチェンは警察学校時代に精神状態を問題があると退学になり、閣下に拾われていた。
閣下は忠誠心を確かめるために拷問させたと、グレッチェンが戻ったことを受け入れるが
閣下はグレッチェンの元夫で、娘は閣下との子供だったとはビックリ。
グレッチェンは閣下からナンバー2の座をもらったけど、やっぱり裏切るだろうな。

ヘタれなベリックの最期はカッコ良かった。
リンカーンの息子LJのことを気にかけたり、スクレにもしもの時はママに伝言を託したりと
次はベリックなのかなと思ったけど、やっぱりいなくなると寂しいな。

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD]
posted by Jasmine at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ