2010年08月25日

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン #8

残りの鳥の本が必要なので、仕方なくマイケルたちはグレッチェンと手を組むことに。
ローランドがコピー装置を没収されたので、最後のデータを入手するために
リンカーンが昔やった仕事の手口と同じように、リンカーンとスクレが車で閣下の車に
体当たりして、マイケル、サラ、ベリックが救急隊に変装し、閣下にモルヒネを投与し
搬送中にデータをコピーする作戦を計画する。

仲間外れにされたローランドは、前にマホーンが捨てたメモからワイアットに連絡を取り
マイケルたちの情報と引き換えに取引を持ちかけ、本当だという証拠に作戦をバラしたことで
閣下の車が急にUターンし、スクレがワイアットに撃たれて、負傷してしまう。

ゲート社にいたグレッチェンとティーバックの元へ、中国系のフェンがやって来た。
ティーバックはスキュラを要求されるが、グレッチェンはフェンと別の仕事で繋がりがあり
1億2500万ドルで売ることで話がまとまった。

サラはマイケルからグレッチェンが生きていて、グレッチェンと手を組む必要があると言われ
個人的なことより計画を優先して欲しいと告げた。
グレッチェンはセルフを通して、サラとのわだかまりを解きたいと面会を申し入れるが
監禁・拷問されたサラはそれを拒否する。

サラが医者だったので、スクレの処置をしてる間に、ローランドはやばいとGPSを外して
ワイアットと直接取引に向かうが、相手は殺し屋なのでヒザを撃たれたローランドは
すぐにアジトを言ってしまい、腹を撃たれてしまう。

ローランドが怪しいと思ってたマイケルが、ローランドのPCにGPSを仕掛けてたので
取引場所に到着したマホーンはワイアットをボコボコにして捕まえた。
マイケルはリンカーンは裏切ったヤツだから放っておけと言われたが、助けを求める
ローランドの手を握って最期を看取った。

その頃、サラは勇気を出して、グレッチェンに会いに行った。
5分あげるから好きなだけブチなさいと鞭と傷だらけの背中を差し出されても困るって。
サラはどうやって逃げたのか疑問だったけど、見張りの女性が逃がしてくれたらしく
グレッチェンの首にナイフを突き付けて、女性の名前がミッシェルだと聞き出した。
ミッシェルはサラを逃がしたことで、グレッチェンに殺されて、リンカーンが見た
生首はミッシェルだったらしく、サラはミッシェルの敵は必ず取ると誓った。

やっと閣下もスキュラが狙われてると気付いたらしく、番人たちにスキュラを移せと命令。
マイケルの性格なら、ローランドを見捨てなかったはずなのに、バカなことをしたよな。
これからゲートに侵入するなら、ローランドの能力は必要だったのでは。

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX2 (初回生産限定版)
posted by Jasmine at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリズン・ブレイク(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ