2010年07月23日

THE MENTALIST/メンタリスト #8

カリフォルニア州デービスのモーテルで、銃殺された男女の遺体が発見された。
被害者はパトリス・マティガンとジョー・パーセルで、パーセルは麻薬事件の裁判で
検察側の証人だったので、デービス市警が保護してたが、数週間前に逃げられてしまい
パーセルが死んだことで、被告人のキャリスは罪を逃れることになる。
現場でパトリックは哺乳瓶や粉ミルクを見つけ、パトリスがここに寄っただけだと
彼女が持っていたキーで車を開けると、女の子の赤ちゃんが乗っていた。

リズボンはデービス市警の殺人課 ブレークリーとプレシアードにパトリスが到着して
すぐ殺されたので、犯人に尾行された可能性があると彼女から調べるように提案するが
免許証の住所から転居して住所がわからないと、キャリスが犯人だと連行すると拒否された。

パトリックが見つけた、パトリスの車にあったウェディング雑誌の送り先に行くと
同居人の女性はパトリスはパーセルと付き合っていて、腹が減ったと連絡があったので
モーテルに行ったことや、同居人が持ってたドラッグでパトリスは一緒に逮捕されたが
1万ドルの保釈金に、弁護士も付いて起訴されなかったことを聞き出し。
パトリスは、紺色の車に乗った痩せた男からお金をもらってたことが判明。

タレこみ情報でキャリスの居場所が判明し、プレシアードたちは突入班なんて待てないと
勝手に突入を開始するが、外で待機してたパトリックがフェンスの前にブロック片を置き
逃走しようとしたキャリスの邪魔をしたことで、CBIがキャリスを確保した。

しかし、キャリスにはアリバイがあり、パトリックは殺害方法がスタイルじゃないと
狙われたのはパトリスだと。
パトリスは麻薬犯罪を犯したのに不起訴になり、男の体型がプレシアードに当てはまり
凶器の38口径の持っていて、乗ってる車は紺色だったのでプレシアードを取り調べると
パトリスを買っていたと供述するが、パトリックに嘘だと見破られてしまう。

リズボンが相棒のブレークリーに話を聞いてる間に、パトリックはブレークリーの妻から
話を聞き出そうとするが、ブレークリーの息子で事件の第一発見者でもある警官 サムは
母親と接触させないように邪魔をするが、パトリックはブレークリー妻からプレシアードは
セックスできないことを聞き出したことで、妻はパトリスが夫の浮気相手だったのでは
と思ったところに、帰って来たブレークリーがパトリックを殴ったことで連行した。

ブレークリーはパトリスに援助してたことは認めたが、それ以上は供述しなかった。
サムに父親は犯人ではないと、モーテル前のリカーショップの監視映像にキャリスの殺し屋
キューティップがパトリスを尾行するのが撮られ、キューティップがパーセルを殺しに行くと
すでに死んでいて、犯人の顔を見たとキャリスが取引を持ちかけて来たが、ブレークリーに
罪を着せようとしていると、取引するフリをして、キューティップを逮捕する作戦を教えた。

サムに見せた映像は編集し、作戦は罠だと知らずにキューティップを殺そうとしたサムを逮捕。
ブレークリーに真実を話せと言われたサムは、母親が父親の浮気を疑ったので調べて
パトリスのことを知って、父親を告げたが浮気を否定されたので、現場を押さえようと
パトリスを尾行して、モーテルに踏み込むが、パーセルにキャリスの手下だとカン違いされ
銃を取ったので、サムはとっさに2人を射殺したのだった。

しかし、パトリスがブレークリーの愛人ではなく、娘でサムの腹違いの妹だった。
ブレークリーは4年前にパトリスの余命わずかな母親から娘の存在を知らされたらしいが
もっと早くに家族に打ち明けてたら、こんなことにはならなかったのに。

パトリックはブレークリー夫婦にパトリスの娘 ケーリーを託したことで、家族崩壊を
救ったかもしれないが、ケーリーは母親を殺された経緯をいずれ知ることになるだろうし
それで良かったのかな?

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス [Blu-ray]
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ