2010年07月15日

Law&Order:性犯罪特捜班 6 #16

投資会社を夫と経営する エレーナが会社で拷問、レイプされて惨殺される事件が発生。
出張から戻ってるはずの夫 ジェイソンを訪ねると、椅子に縛られ拷問され、妻と同じ手口で
惨殺されていて、犯人の狙いは金庫にあった何かだと判明するが、クロマトグラフで分析すると
100万ドルぐらい入ってたとわかるとは、テクノロジーの進歩に驚いた。

投資家なのに自宅に現金を隠してたのは、会社はネズミ講で客の金を配当に充てて
残りをくすねてたが、それがコロンビア人の麻薬の金だったことから麻薬課の情報が
必要ということで、以前、フィンとコンビを組んだマイク・サンドバルが再登場!

マイクによると、コロンビアの麻薬売人は資金浄するために、アメリカに口座を持つ
コロンビア人に金を渡して小切手を書かせ、それを投資会社の口座に預けていたと。
小切手の中に息子が売人だった母親の名前を見つけ、息子を近くの刑務所に移動させると
取引をして、彼女に小切手を書いてと頼んだ知人宅に行ってみると、夫婦は殺害されたが
ベッドの中で顔に枕を押し付けられた少年 アントニオは弾が外れて助かった。

アントニオはファンタズマ=ゴーストに撃たれたと証言し、犯行に使われた弾は
キャボットとドノバンの襲撃に使われた弾と同じだった。
投資会社の夫婦は麻薬王 べレツから200万ドルを横領したことで、べレツの殺し屋が
夫婦とアントニオの両親を殺害したと判明。

麻薬取締局で犯人の手掛かりを捜してると、担当者がゴーストと聞いてゴーストという
プロの殺し屋だといると、IRAのヒットマンだったリアム・コナーズだと判明し
投資会社の前でレンタカーが駐車違反をしてたことから、契約者がIRAを支援する人物で
車を届けた倉庫を聞き出して突入して、大追跡の末にコナーズを逮捕した。

アントニオがコナーズを犯人だと確認するが、大陪審に行こうと親戚の家を出た所で
襲撃されて、マイクは軽傷を負い、アントニオはマイクの側を離れようとせずに
ステイブラーの軍の空港に住んでる友人のところに、アントニオを保護することになり
マイクが警護をすることになったが、大陪審に遅れたことで、コナーズは保釈となり
それを阻止するために、ノバックはキャボット殺害容疑でコナーズを再逮捕した。

クレイゲン警部はキャボットが証人保護プログラムを受けてると知らなかったようで
ドノバンの上司 ハモンズから聞かされ、知っててコナーズを逮捕したステイブラーと
ベンソンが免職になりかねないと、ハモンズと共にキャボットに会いに行くと
彼女は生きてることを明らかにして、殺人未遂で訴えると証言台に立つことを選んだ。

アントニオはゴーストが法廷に銃を持ってくる夢を見て、証言するのを怖がるが
キャボットはコナーズの顔を見てないので、アントニオの証言に有罪がかかってたので
同じようにゴーストに撃たれたキャボットが励まして、アントニオが証言したことで
コナーズに有罪判決が下った。

キャボットはみんなに別れの挨拶も出来ず、新たな名で暮らすために去って行った。
キャボットは母親の葬儀にも行けず、エミリーと名乗って、保険会社で勤めていて
クレーム処理係と付き合ってたが、その生活も捨てることになるとはかわいそう。
早く、検察官としてのキャボットに会いたいな。

Law & Order: Special Victims Unit - Premiere Eps
posted by Jasmine at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ