2010年06月24日

Law&Order:性犯罪特捜班 6 #13

ベンソンの元に、1980年前に失踪した当時 7歳だったジェフリー・ロンソンの
捜索チラシと球場の写真が届き、写真にバツ印と“ここにいる”のメッセージあり
球場を捜索すると、ユニフォームを着たジェフリーの白骨死体を発見。

当時の容疑者は、独立リーグの選手 ルーカス・ビッグスでバージニアの誘拐殺人で
死刑が確定し、執行は来週の予定だったので、執行を延期させるための計画ではと。
特殊なペンで葬儀で記帳された文字をすぐに捜査記録と照合するとはすごい。

葬儀には、失踪1週間後にジェフリーがビッグスと話すのを目撃したと証言した
野球チームの仲間 エイブリーも来るが、昔の仲間に会いたくないと記帳だけして帰り
最後の目撃者でジェフリーを預かったが、1人で帰した上級生 ディーコンも家族で来てて
ビックスの恋人 ビビアンがジェフリー宅の家政婦だったと聞く。

ベンソンはバージニアの刑務所までビッグスに面会に行くが、ジェフリーは好みでないと
犯行を否認し、ビビアンはビックスの年金を引き出していて、処刑されたら困るので
写真を送って来たのではと疑うが、お金は弁護士や貸倉庫代に支払っていると言い
貸倉庫を調べると、ビックスの戦利品の野球帽がきれいに並べられていた。

野球帽をビックスに見せると、100個ほどあるのに被害者の名前と日時と場所だけでなく
試合の成績まで覚えていて、最後にジェフリーが所属するチームの帽子が残ったが
その帽子はディーコンのもので、彼がビッグスの被害者だと判明。

久々にホワンが登場し、彼のアドバイスでベンソンはディーコンに暴行のことや
写真のことを聞くと、ビッグスがジェフリの遺体を埋めたのを目撃したと告白するが
その夜、ディーコンが線路に飛び込んで自殺したとの連絡が入った。

しかし、ジェフリーの遺体のユニフォームに付着してたガムからディーコンの指紋が
検出されたことから、彼が犯人だとわかり、罪の意識から自殺したのかと思ったら
飛び込む2時間前に射殺されていたとわかり、ディーコンは妻 ジュリアと別居していて
暴行のことを知っていた写真の送り主から脅迫されていたとわかった。

ビッグスにディーコンを暴行したことを知ってる人物を訪ねるといつも一緒にいた
エイブリーだと言い、彼の自宅を捜索するとディーコンを監視していて、ベンソンの活躍が
記事になった切り抜きを持ってたことから、写真を送って来たのはエイブリーとわかり
彼の10歳の日記からディーコンに暴行され、ジェフリーを殺害したことが書かれていた。

エイブリーは逃亡し、彼の息子を出産した元恋人が連絡を取ってたので逃亡ほう助罪で
逮捕すると、エイブリーが現れて、ディーコン殺害容疑で逮捕する。
エイブリーは殺害を認めたが、ジェフリーの復讐ではなく、ディーコンがまだ子供に
手を出してるから殺害したと自供したので、部屋を調べると証拠テープが出てきたが
最後のテープにはエイブリーはディーコンを殺せずに銃を置いて立ち去り、ジュリアからの
電話を受けたディーコンがその銃を持って、出かけた様子が映っていた。

ジュリアは夫が息子に手を出したと知って電話をかけ、隙を付いてディーコンから
銃を奪い取って踏切まで運転させて、撃ったことを認めた。
エイブリーは息子を傷つけるかもと捨てたけど、ベンソンはディーコンを殺さずに
愛する息子を守るため自ら身を引いたので大丈夫と慰めて、息子と面会させたけど
これがベンソンが自分の出生を思い出させることに。

ステイブラーは息子が虫垂炎になったので、ベンソンはマンチと組んでたけど
ベンソン中心のエピなので、思ったほどマンチの出番は少なくて残念。

Law & Order: Special Victims Unit - Ninth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ