2010年05月07日

デクスター シーズン4 #1〜6

シーズン4は、リタと結婚したデクスターが、警察官と殺人鬼の2つの顔から
マイホームパパと3つの顔を持つことになり、ヘロヘロ状態からスタート。
ハリソンの夜泣きで寝不足のデクスターのミスによって、犯人 ゴメスが保釈され
ゴメスをターゲットを決めたが、計画通りには進まない。

やっと殺したと思ったら、リタからハリソンの薬を貰ってきてと言われて薬局へ向かう
途中で事故に遭って、記憶がちょっと飛んでしまい、死体をどこに隠したのか
思い出せずに焦る姿なんて、これまでに観れなかったデスクターの姿も描かれた。

デボラはアントンと一緒に暮らし始め、ハリーが関係を持っていた情報屋の女が
デクスターの母だとは知らずに探そうとしていた。
エンジェルはラゲルタと職場恋愛と意外なカップル誕生で、内緒するのも大変みたい。

マイアミでは旅行客を狙ったバカンス殺人が発生していた。
そんな仲、バスタブで女性が失血死される事件が発生し、デクスターは現場から
発見した血液から30年前に同じ場所で同様の事件があったことを知る。

その事件は、デボラの元恋人 ランディ捜査官が追ってたトリニティ・キラーの事件で
FBIを退職したランディがマイアミに戻って来た。
トリニティは、同じパターンで3人殺すのを繰り返していて、次の事件が発生し
デクスターは同じ殺人者として、興味を持ち始める。

ランディが戻って来たことを、デボラは気にしないつもりだったがアントンとの関係が
上手く行かず、事件の捜査でランディとデボラは一緒に過ごす時間が増えたことで
お互いに同じ気持ちだったとわかり、一夜を共にした後、2人は何者かに狙撃される。
デボラは負傷したが命に別条はなく、ランディが死んでしまい、貴重品が盗まれたので
バカンス殺人の犯人だとラゲルタたちは捜査を進めるが、デクスターは疑問を抱く。

デクスターはランディが集めていたトリニティ・キラーの資料を盗み出すと
犯人らしき男の特徴を残したメッセージを発見し、その男 アーサー・ミッチェル
(ジョン・リスゴー)を見つけたデクスターは、彼が教師で教会の執事もする
普通の家庭の父親だったことから、殺人鬼と両立させてるアーサーに興味を持ち
信者となって接触し始める。

その一方で、デクスターはリタに今もアパートを借りたままだったことがバレてしまい
険悪な雰囲気になり、夫婦セラピーに通うことになるが、自分の場所が欲しかったと
いうことでまとまって、アパートはデボラに譲って、庭に小さな小屋を建てて
そこにクーラーごと戦利品である血のサンプルを異動させて、自分の領域を確保した。

エンジェルとラゲルタは、上司に交際を告げるとエンジェルが飛ばされることになり
ラゲルタはボスの座を捨て、自分から異動を願い出たけど、結局はお互いに今は
仕事が大事と別れることにしたが、本当に別れられるのかな?

家庭問題は解決したので、デクスターはトリニティに集中できるかなと思ったが
バカンス殺人の犯人 ニッキが逮捕されるが、デボラは彼女と面会したことで
ランディを殺したのはニッキでないと確信したので、問題が発生しそう。
それにしてもアーサーは、自宅に戦利品を堂々と飾ってるとは怖い。

DEXTER COLLECTOR CARDS
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デクスター(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ