2010年02月26日

グレイズ・アナトミー 5 #20

イジーは化学療法が始まり、メレディスはイジーに結婚式の準備を頼む。
するとリチャードからウェディングショップ化した病室でイジーが待ってると
メレディスはジミ婚にしたかったのに、ウエディングドレスの試着することに。

ERには、交通事故の患者 メロイとゲイツが搬送されてきた。
メロイはゲイツが運転ミスだと、ゲイツはメロイが車に飛び込んできたと
主張が食い違い、ジョージはメロイの傷を見て、自殺しようとしたのではと
ERを任されていたアレックスに伝えると、アレックスは不服そうに精神科を呼ぶ。

しかし、目を離した隙にメロイの姿が消えてしまい、探しに出たジョージとアレックスが
言い争っていると、メロイが窓から飛び降りて、駐車中の車の上に転落してしまう。
動揺するアレックスに対して、ジョージは冷静に処置したことで、オーウェンの助手として
オペに参加することになり、ジョージは外傷外科を専門にと勧められる。

デレクとマークはゲイツのオペを担当し、助手にはレクシーが付くことになるが
まだ仲直りしていない2人の間で、ストレスが溜まるレクシーはやけ食いをして
デレクは付添い人をリチャードに頼もうと思っていたが、、メレディスからマークと
仲直りするように言われてしまう。
オペでマークが大量出血の処置を見事にしたことから、デレクはマークを見直し
ゲイツの妻ににマークの処置のおかげだと褒めてあげて、仲直りできた。

ベイリーは休みなのに、オペの見学のために病院にやって来たが、アリゾナの患者で
テイ・サックス病の少女 ジェシカが余命数時間なのに、父親は現実を受け入れられずに
メキシコで治療を受けさせようと、資金集めに周り、ジェシカが一人ぼっちなので
側で付き添ってあげることに。
いよいよとなっても側にいようとしない父親に、ベイリーは現実を受け入れさせた。
アリゾナが小児外科医は切るだけが仕事じゃないと言った意味がよくわかった。

カリーの父親がシアトル・グレースにやって来た。
ジョージに浮気したことで激怒し、カリーと関係を持ってたマークもなぜか怒られ
カリーは付き合っている人がいるとアリゾナを紹介する。
ショックを受けたカリー父は、カリーをマイアミの実家に連れて帰ろうとするが
信託財産の権利をなくすと言われても、カリーは実家に帰ることを拒否して
父親と縁を切ることになってしまう。

オーウェンは精神科のセラピーを受け始めるが、なかなか話すことができなかったが
メロイとゲイツの件で、やっとセラピストに話し始めた。
アレックスは、ジョーの店で1人で飲んでいたジョージの元に行き、自分の負けを認め
イジーのことで不安な気持ちを打ち明けた。

結婚式の準備に張り切るイジーだったけど、化学療法の副作用によって、倒れてしまう。
イジ―はクリスティーナに弱音を吐いたけど、メレディスもウェディングドレスを
試着したのを見て、嬉しそうだった。

グレイズ・アナトミー シーズン5 コレクターズBOX Part2 [DVD]
posted by Jasmine at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ