2010年01月24日

ボストン・リーガル 4 #14

ケイティは公選弁護人として、小切手偽造で訴えられたエイズ患者のモリスを担当。
モリスは末期患者から生命保険を買い取って現金を渡す企業に生命保険を売って
現金4万ドルと健康保険料を得たが、余命数か月だったのに新薬で効果が出たことで
契約破棄になったが、治療を受けるために企業の小切手を偽造して保険料を払ったと。

企業から75万ドルの和解金を獲得したケイティだったが、モリスと魅かれあって
キスするのをシャーリーに目撃されて、シャーリーから将来のことを考えるようにと
アドバイスされたケイティはモリスとさよならすることに。

クラレンスは牧師と付き合っていたモーリーンがふられたので精神的苦痛で訴えることに。
牧師には妻がいて、衝動的に不倫に走っただけで、モーリーンのことは愛してなかったと。
訴える相手を教会に変えると脅しをかけたけど、和解には応じなかったが、モーリーンは
牧師と復縁したからと訴えを取り下げた。

ホイットニーは居眠り運転で娘を亡くした母親が不法死亡で高校を訴えた案件を担当。
一流大学に入るために親や学校からプレッシャーをかけられ、睡眠不足だったのだから
母親は学校に責任を押し付けたいのかと思ったが、他の生徒が同じようにならないためで
判事も早急な対策が必要と、教師が事態を打開すべきだと裁判は続行されることに。

カールはアンドレアから母親の遺灰を合成ダイヤモンドにする会社に送ったが、届いたのは
ダイヤではなくキュービックジルコニアだったので訴えて欲しいと強引に依頼される。
企業は手違いで遺灰を失くしいて、ジルコニアと賠償金を提案するが、法廷に持ち込むことに。

カールはシャーリーに情熱が欠けているとお互いにもっといい人が現れると話していたが
アンドレアはシャーリーにお許しを貰って、カールに交際を申し込んだけど
彼女と本当に付き合うのかな?

みんなが弁護を担当している間、アランとデニーは沿岸警備隊の訓練に参加することに。
アランは水が怖いのに、訓練で溺れてるデニーを救助する役になったけど、2人とも溺れて
救助されるとは。アランはすっかりメタボ体型になってますね。

Boston Legal: Season 4 (5pc) (Ws Dub Sub Dol) [DVD] [Import]

posted by Jasmine at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボストン・リーガル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ