2010年01月17日

THE WIRE/ザ・ワイヤー 4 #45

カルケティは殺人課に視察に来るが、死体がないと捜査はないので、東部署での
パトロールに同行して、大勢の警官で小物の売人を逮捕する実情を見た。
ロールズは差別是正措置によって黒人警官は2割多めに雇う必要があり、出世するのに
逮捕件数が多いほど昇進のチャンスがあるので質は二の次だと、命令に従うだけだが
自分に変える力があればとアピールする。

カルケティはダニエルズと2人だけで会うことに。
ダニエルズはストリートや西部署の問題なら話せるが、自分も兵士なので上層部の
批判はできないが、質の高い捜査をする盗聴がメインの特別捜査班あったと話すと
カルケティはロールズの下で働かないかと提案。ロールズも外せないのは残念。

ハークが駅でマルロと一緒にいた女性を調べさせたことで、内部調査課に苦情が入り
マリモ―から後ろ盾はないと言われてしまう。
ハークはマルロにカメラを返すように、嫌がらせの取り締まりを始める。
クリスとスヌープは乗っていた車を止めて、ハークが車内から石灰や釘打ち機を
見つけたので、それらを処分することに。

クリスとスヌープはNYの連中をいつもの通りに始末するが、ジョーとスリムに
消えるだけでは、NYにメッセージが伝わらないと言われて、射殺した死体は
そのままにすることに。

バンクはオマールの逮捕された事件の目撃者 アンドレが怪しいとホリ―を口説いて
アンドレの店に行くが、店はドラッグの保管庫で防弾ガラスにあった傷はオマールが
襲撃した時の傷で、その翌日にまたオマールが来るなんて変だと気付くとはさすがだね。
アンドレをに大陪審でウソの証言をしたら、仮釈放なしで10年の刑だと脅しをかけて
犯人の顔は見ていないと自供させた。

ワシントンの民主党本部からスタッフがやって来て、カルケティに犯罪率の10%低下に
箱物を建てて自分の名前を付けて、外見を大事にすれば知事も夢じゃないと告げる。
まだ市長に決まったわけではないので、もう次の展開を考えるんだね。

コルヴィンはネイモンドたち特別クラスの子たちにストリートでのビジネスや問題について
話し合わせると街角の子たちは熱中したが、、反抗的行動障害や外傷後ストレス障害の
重症の子は引いていて、全員を集中させるのは大変そう。

プリッツは生徒たちの半分が分数を理解していないと同僚の先生に嘆いたけど
4月の試験の結果次第では学校は州の管轄になると、妥協して試験のために教えて
生徒より自分が残れるかを心配するように忠告される。

マイケルはジャンキーの母親から生活保護カードを預かって、家計まで見ていたが
麻薬で刑務所に入っていた義父が仮釈放になり、家に戻って来てしまう。
プリッツは悩んているマイケルに気付いて、大丈夫かと声をかけて、相談に乗るし
社会福祉指導員と話したいなら手配すると言うが、マイケルは断った。

犯罪捜査部のフォースター警視長がガンで亡くなり、バーで恒例行事。
バンクはいつものように表に吐きに言ったが、マクノルティはソーダーなんか飲んで
いつになったら、制服を脱ぐのだろう。

Wire: Complete Second Season (5pc) (Ws Dub Sub) [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE WIRE/ザ・ワイヤー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ