2010年01月15日

24 シーズン7 #6〜8

1:00pm-4:00pm

生き埋めにされたルネをブキャナンとクロエが助けに来た。
ルネはジャックとトニーが潜入捜査していると知らされ、ラリーに連絡しようとするが
FBIにスパイがいるからとブキャナンに止められる。

エマーソンは取引場所に向かう途中で、ジャックはヘンダーソンに薬物を注射されて
死んだはずのトニーは仮死状態にさせれていて、ジャックへの刺客にするつもりが
ヘンダーソンが死んでしまい、トニーはエマーソンの元に残ったことを聞かされる。

取引現場に到着すると、エマーソンに裏切ってると気付かれて射殺してしまう。
ジャックはマトボ夫妻に事情説明し、デュバクを捕まえるために人質のままで
協力して欲しいと頼む。
ブキャナンたちが合流し、クロエはマトボの歯に追跡装置を付ける。

テイラー大統領はジュマには屈せず、サンガラへの軍事介入を行うことを決意するが
マトボが拉致されて決断を迫られる中、撤退の動きがないことに苛立ったデュバクは
ホワイトハウスから見えるように、飛行機2機を追突させて、揺さぶりをかけた。
それでもテイラー大統領は要求に従わないので、国務長官が辞任してしまい
ケニンは夫のヘンリーにしか説得できたいと考えるが、ヘンリーは大変なことに。

ヘンリーはサマンサから証拠が入ったUSBメモリーを預かるが、暗号化されていて
側近のゲッジの友人が解読できると連れて行かれるが、そこはサマンサの家だった。
ゲッジはロジャーを殺した実行犯で、ヘイリーがサマンサを殺害して、自殺したように
見せかけようと、ヘンリーに薬を飲ませて体を麻痺させて、帰宅したサマンサを殺害するが
薬が切れてきたヘンリーが反撃して、ゲッジと共にロフトから転落しゲッジは死亡。

取引に来たニコルズがマトボを連れ去ったので追跡を開始し、デュバクのアジトに到着。
その時、デュバクはオハイオ州の化学工場を遠隔操作して、薬品を放出させて
周辺の市民を殺害しようとしていた。
FBIのジャニスがそれに気付いて、工場長と協力して、何とか遅らせようとする。

デュバクが監視カメラにジャックたちが映るのを見て、工場への攻撃を中止し
ジャックたちはマトボ夫妻を助け出し、CIPモジュールは銃撃戦で破損した。
しかし、ディバクはレイサムを人間爆弾にした隙に逃げられてしまう。

ジャックは独自での捜査には限界だと政府に協力を頼むべきだと提案し
マトボにテイラー大統領への橋渡しを頼み、大統領はジャックたちがマトボを救出し
CIPモジュールを破壊して、政府内や各機関にジュマの協力者がいると知らされる。

ゲッジを倒したヘンリーだったが、フォスラーに捕まって、デュバクの元へ送られ
デュバクはヘンリーと引き換えに、大統領に米軍の撤退とマトボの引き渡しを要求。
ジャックはヘンリーを救出すると提案し、ルネと共にラリーに協力してもらい
ヘンリーの捜査をすることに。

ゲッジの通話記録からフォスラーが浮上し、ルネにフォスラーの妻子を人質にさせて
ジャックはフォスラーからヘンリーの監禁場所を聞き出すが、デュバクがマトボの
替え玉作戦に気付いて、車ごと爆破してしまい、ヘンリーの殺害命令を下す。
そこへジャックとルネが到着し、銃撃戦となるが、ヘンリーは撃たれた後だった。
その頃、デュバクはサミュエルと名乗って、恋人のマリカと会っていた。
でも車椅子のマリカ姉は、デュバクは怪しいと調べると偽名を使っていることを知る。

デュバクはプライベートではウェイトレスと恋愛中とは、任務とは関係みたい。
ルネは国を守るためとはいえ、フォスラーの妻子にひどいことをして、正当防衛とはいえ
ジャックがフォスラーを殺したことには耐えられそうにないみたい。

24 -TWENTY FOUR- シーズン7 ブルーレイBOX [Blu-ray]

posted by Jasmine at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ