2008年12月18日

Law&Order:性犯罪特捜班 3 #22

前回の無責任な母親とは対照的な過保護な母親が登場したエピだった。
SVUに22歳のダウン症の娘 ケイティーがレイプされて妊娠したと母親がやって来た。
ケイティーはどうすれば妊娠するのかも理解できていないので、誰かに強制されたのか
父親は誰なのか捜査することに。

ケイティーが通うデイセンターと勤務先のスーパーでの聞き込みでバスの運転手 レイが
容疑者として浮上し、レイの自宅を家宅捜索するとケイティーのネックレスが見つかったが
レイはパイプカットしていたので犯人ではなかった。

Dr.ホアンとキャボットがケイティーから話を聞いていると、赤ちゃんの父親はダニーだと。
ダニーは恋人だったけど、ケイティーはキスしたから妊娠したと思っていた。
母親はケイティーを中絶させると言い出したことで、センター長は後見人の権限の審問を
申請して中絶の差し止め命令を出す。

しかし、ケイティーはダニーと駆け落ちしてしまう。
ダニーのルームメイトがキャッシュカードを渡していたことから足取りを掴んで
ホテルで新生活を始めていた2人を保護する。

ダニーはケイティーとセックスはしていないと言い、彼女に話したがそれはセックスではなく
体操だと言っていたことから、スーパーの店長 チェイニーがアイスでケイティーを釣って
セックスを体操だと教えてレイプしていたのだった。

ところが、ケイティーの後見人の審問にDr.ホアンとキャボットが召喚される。
母親はケイティーが厳しい質問に耐え切れなくて泣き出したことで後見人を辞退したので
チェイニーの起訴が出来なくなってしまった。

DNA鑑定で父親がチェイニーでお腹の子は正常だと判明。
ケイティーに体操のことを誰かに話したのか聞くと、誰にも話していなかったが
マリーアンと体操していたのを目撃して怒られて、彼女には子供がいることがわかった。
調べるとケイティー以外に5人も妊娠させていて、金を払って黙らせていた。

キャボットはケイティーを連れて、チェイニーと彼の弁護士に面会。
第2級レイプで懲役10年を求刑すると言い、1人につき全資産の17%を請求すると
ケイティーと子供を生涯養ってもらうと養育費を請求した。

67歳の母親がケイティーと孫の世話は大変なことだと思うけど、年を取って産んだ子で
シングルマザーなら自分にもしものことがあったらと、自立する方法を教えるべきだ。
ケイティーがセンターで男女交際を教えてもらっていたら、事件は防げたかも。
今回は本当にひどい事件で、ケイティーを演じていたのはダウン症の女優さんだったので
すごくリアルで見ていて心が痛みました。

Law & Order: Special Victims Unit - Sixth Year

posted by Jasmine at 22:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Jasmineさん、こんにちは。
同じ事件が以前日本でも実際に起きたのをニュースで見たことがあります。
ひょっとしたらこういう事件はいたるところで起きていて、ただ明るみに出ないだけなのでは…と恐ろしくなるエピソードでした。

私は身内に知的障害者がいるので、それを見ているとやっぱり自立というのはかなり難しいことだと感じます。
だからこそ周囲が協力して支援していくことが必要なのに、その立場を自分の欲望のために利用するのは本当に許せないことですね。
過保護ゆえにケイティの「学ぶ機会」まで奪ってしまった母親にも問題があったと思います。
Posted by Ayano at 2008年12月19日 01:51
またも重たいエピソード。
ケイティーを守り続けたい母親の思いも理解できるけど、自分たちなりに将来設計を考えるケイティーとダニーの無垢な愛に心打たれました。
何とか支援してあげたいです。
ケイティーを演じている女優さん、さまざまなドラマで活躍していますね。
そしてダニー役が「24」のチェイスだったので、俳優さんってすごいなってまた感心してしまいました。
TBさせていただきます。
Posted by Garoto at 2008年12月20日 12:31
Ayanoさんへ

日本でも同じような事件がありましたね。
私も明るみになっていないだけで、同様の事件は
起こっている気がしました。
日本ではケイティのようにサポートしてもらえる施設は少ないのでしょうね。

Garotoさんへ

ダニー役はチェイスだったのですね。
どこかで見たと思っていたのでスッキリしました。
ケイティーとダニーの純粋な愛は素敵でした。
もしダニーの子供だったらと思ってしまいました。
Posted by Jasmine at 2008年12月20日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ