2008年12月12日

24 シーズン6 #22〜24

3:00am-6:00am

やっと「24」シーズン6、完結。
チェンの手下に捕まったジョシュはチェンの元に連れて行かれる。
ジャック父はジョシュを連れて、中国に亡命するつもりだったのだ。
ジャックはナディアたちと協力して、チェンの手下を倒してCTUを取り戻し。
戻ったドイルたちと犯人を追跡し、ジョシュを救出するがチェンには逃げられる。

ホワイトハウスでは、ロシアのスパイ・ビショップを利用して偽情報を流して
スワロフ大統領に基板を破壊したと報告するが、ウソだと見破られてしまう。
そこへジャック父から電話は入り、基板と交換にジョシュを要求されて
ダニエルズは取引すると決断。

ジョシュはジャックから引き離されて、ドイルにヘリに乗せられてしまう。
CTUはジョシュに発信機を付けて後で助けるつもりだけど、ジャックは父親が
基板を渡すつもりはないとカレンに伝えて、カレンはブキャナンに協力を求める。
ブキャナンは拘束中のジャックを助けて、2人で取引現場の海岸に向かうが
ジャックが逃げたことでカレンは拘束されてしまった。

海岸ではジャック父の手下がボートでやって来て、ドイルに基板を渡すがそれは爆弾だった。
爆発でドイルは目を負傷してしまい、ジョシュは連れ去られてしまった。
駆け付けたジャックは追跡しようとするが、ジョシュにつけた発信機が使えなくて
真っ暗な海ではどこに行ったのかわからない。

ジャックは父親が海上で石油掘削事業をしていたことを思い出し、CTUに所有する掘削基地を
調べさせて、ブキャナンとヘリでそこへ向かうが、CTUではクロエが倒れてしまう。
掘削基地ではジャック父とチェンがいて、中国の潜水艦が到着するのを待っていた。
ダニエルズはロシアとの約束の時間が迫り、掘削基地を空爆することを決断。
掘削基地に付いたジャックは銃撃戦の末、チェンを捕まえて、ジョシュも無事に救出する。
ジャック父は空爆で爆死したようで、ジャックも間一髪でヘリの縄梯子に捕まって脱出。

ホワイトハウスではトムがカレンとブキャナンを免責するようにダニエルズを説得してくれて
カレンとブキャナンは一線を退くことで起訴を免れた。よかった、よかった。
クロエが倒れたことで、モリスはクロエへの愛を確信し、2人の子供が出来たことが判明。
ウェイン、ドイル、リサのその後はよくわからなかったが無事だといいのだけど。

ジャックはヘリから海に飛び降りて、CTUには戻らずにヘラー元長官の自宅を訪ねる。
オードリーを連れて行こうとするが、ヘラー元長官から生き方は変えられないと言われて
泣く泣くオードリーに別れを告げて去る。

これからもジャックの戦いは続くってことだろうけど、アメリカではシーズン7は
来月から放送開始なので、日本ではいつ見られるかな。

24-TWENTY FOUR- トリロジーBOX2(初回生産限定版)

posted by Jasmine at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーズン6、何気に懐かしい。(^^)
>>アメリカではシーズン7は来月から放送開始
Σ('◇'*)エェッ!?、そうなんですか。
とっくに放送されてると思ってた。
ストの影響が大きかったのかな。
LOSTといい長いこと待たされるんですね。(*_*)
Posted by tomo at 2008年12月13日 18:54
HDに入ったままだったのをやっと見終えました。
シーズン7はストの影響に脚本書き直しもあって
来月からスタートなんですよ。
日本のTVで見られるのは再来年かも。

LOSTはシーズン5から1月スタートになるんです。
9月からだと感謝祭にクリスマスと休止になるので
1月からノンストップで放送したほうが視聴率が取れるだろうとの狙いらしいです。
Posted by Jasmine at 2008年12月13日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ