2008年09月08日

クローザー 3 #33

日曜日に新居探しをするブレンダとフリッツ。
売主 ドリスの家を気に入ったブレンダはライバルの登場に買うわと即決。
そこへ呼び出しの電話が。

一緒に散歩していた車イスの老人を殺した言う身元不明の老人が送られてきて
他にも6人も毒殺していると自供する。
老人は昔のプロベンザを知っていて、仕事熱心な若造だったらしい。(笑)
弁護士を拒否し、捜査進展のためにヒントをやろうと、死んだ男の名前は
バーナード・キャプランで、食い物をよこせば、他の6人の名前も教えると。

検死で毒殺だと断定されて、他の6人はサマービュー老人ホームの入居者で
この1年間にみんな自然死していて、同じ医者が署名していたことが判明。
老人の妄想かと思われたが、殺人の疑いが出てきたことで捜査開始。

老人ホームに向かったプロベンザに受付の人は“見学ツアーですね”と。(大爆笑)
身元不明の老人はホームの入居者 バクスターと判明し、部屋を捜索したプロベンザは
写真から彼が警察付の新聞記者 ドナルド・バクスターだと思い出す。

支配人 ホエーリーによると、バクスターは親しい友人を亡くしてから妄想的で
ホームを非難するので精神安定剤を処方するが、バクスターは飲んでいなかった。
そして、ブレンダが7人を殺したと信じたところで、バクスターは供述を撤回する。

バクスターはホームで殺人が起きていると、警察に訴えたが聞いてもらえずに
話を聞いて欲しくて殺したと自供したと言い、殺害した動機は何かと尋ねると
みんなお金がなくて、医療扶助が必要な状態だとホームにうまみはないからと。
キャプランの遺体や火葬されていた他の5人の遺灰からもヒ素が検出された。

ブレンダはガブリエルとホエーリーを尋問。
亡くなった老人たちの共通点は、誰も会いに来なくて孤独でお金に困っていて
みんな第4週に死んでいたのは、毎月5日に空室が3%以下ならホエーリーに
2500ドルのボーナスが支給されるから。
死を操作することで老人たちの死は彼にとっては価値あるものになったので
安楽死とは全く違い、これは殺人なのにホエーリーにその認識がないのがムカつく。

謹慎が終わったガブリエルも復帰し、いつものようにブレンダと取調べしたので
もう大丈夫そうでよかった。
ドリスが売値を上げたことで、ブレンダは彼女と話し合ってみると、ドリスは主人を
亡くした寂しさからお客を呼ぶために、家を売り出していた孤独な老人だった。
でもプロベンザには熱きラテン男のサンチェスが会いに来てくれるから寂しくないよね。

クローザー <サード・シーズン> コレクターズ・ボックス [DVD]

posted by Jasmine at 21:52 | Comment(4) | TrackBack(2) | クローザー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラマの知った顔が適材適所で見事な演技を見せてくれて楽しかった!
やっぱりナセド!だったし(笑)
プロベンザは年相応以上に見えてしまうのかな?バクスターとまったりしている口径が微笑ましかったです。
Posted by Garoto at 2008年09月09日 20:53
Garotoさんへ

やっぱりナセドは悪者でしたね。
事件よりもゲストのシニア俳優たちが気になりました。
プロベンザもかわいそうですが、シニアになるみたいですね。
Posted by Jasmine at 2008年09月10日 13:34
老人ホーム関連事件で、シニアゲストキャラ満載なエピソードでしたよね。
そして、やはり怪しかったナセドは、そのまんま悪人デシタ(爆)。
新居とはならなかったものの、きっとママやパパが立ち寄った際には、滞在先として頼み込む気満々なブレンダの最後のニンマリ具合にも笑えました(笑)。
TBしました♪
Posted by BIBI at 2008年09月11日 01:24
BIBIさんへ

今回はシニアキャラたちが光ってました。
ドリスさんのお家は素敵だったのに契約できなくて残念でした。
早く、新居を決めないと落ち着かないですよね。
Posted by Jasmine at 2008年09月11日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The Closer S3-#5 「忘れられた人」
Excerpt: ゲストキャラのキャスティングが秀逸。 思う存分楽しませてもらいました。 日曜日にブレンダとフリッツは新居探しに。 仲介人のゲイリー・...
Weblog: ドラマ日記 Pt.2
Tracked: 2008-09-09 20:54

クローザー3 第33話 忘れられた人々
Excerpt: ブレンダとフリッツ、やっと新居選び。なんかやけに調子良さそうな不動産業者”ゲイリーにおまかせ”の案内に、老婦人ドリス宅のオープンハ...
Weblog: Drama Blog
Tracked: 2008-09-11 01:20
海外ドラマDiary TOPへ