2018年04月01日

MURDER IN THE FIRST シーズン2 #11

フィナーレを前にすごい展開になったが意味不明。
テリーたちはゴミ箱から現金入りのバッグを取ったトーレスを取り押さえた。
家宅捜索すると脅したトーレスから組合の情報を聞き出そうと署ではなく、
湾岸課のオフィスに連れていく。

トーレスは小切手換金所の店主からの連絡で翌朝マリーナ・グリーンに
金を届けるように指示があり、渡す相手は知らないと言う。
ジュニアはトーレスが頭目だと殴り出したのでヒルディは帰るように言う。

トーレスは団長で自分の下にいる組合員と過去の指令を明かすと言うが、
ウォルトとケイレブも組合員だと知らなかった。
刑務所行きを嫌がったトーレスは取引に応じたのでシレッティを呼ぶと、
コトーにも話すよな?と聞かれたヒルディは署の人間は全員怪しいと言うが
シレッティはあの父親だぞ。彼はシロだと言われて納得。

トーレスは頭目の名は知らないが200万ドルくすねた奴らの名で取引する。
トーレスに現金を指定された場所に届けさせて張り込むことに。
公園のゴミ箱の横に現金入りのバッグを置いたが誰も来なくて諦めかけた時に
若い男がバッグを持ち去ろうとしたので捕まえるが、ただの置き引きだった。

シレッティとコトーはトーレスの兵隊たちを聴取すると、押収した麻薬
現金を盗んだり、ギャングに情報を渡したりと腐敗していた。
兵隊たちはトーレス以外の組合員を知らず、組合の一部分にすぎなかった。

モルクは訪ねてきたアリッサから抜け出したいと言われ、また寝てしまう。
アリッサから“見えざる手”で警官が売春組織を仕切ってると聞いて、
テリーに仕切ってるのはジュニアだと話す。
モルクはアリッサから知ってることを全部聞き出せと言われて、
彼女の家を訪ねて、アリッサが別室にいる隙に床下に金庫を見つけた。

テリーはヒルディとコトーにジュニアが売春を仕切ってると話した。
すべて知ってるフリをしたテリーはジュニアに取引して退職するか迫ると
ジュニアは取引すると言った。
その様子をヒルディとコトーはマジックミラー越しに見ていた。

ヒルディは泣きながら、ジュニアにあんたが頭目なの?と言うと認めて、
アリッサは金庫番だと言う。
ジュニアが頭目なの!?だったら借金の取立させられてたのは何なの?
クリオラが死んで頭目になったの?と謎だらけなんですが。

一方、ポトレロではシュガーが隠れているので廃業するのではと
売人たちが苛立ってるとファッティBは言うが、シュガーとしては
殺人容疑がかけられてるので殺しの証人を探せと命じる。
しかし、ファッティBはチャンに会い、シュガーは消えるので
自分がボスになると話に行く。

ヒルディとテリーはラフィからシュガーの事件の証人は別の事件で
偽証したので調べ直した方がいいと言われ、ヒルディは目撃者に
携帯情報から現場にいなかったと嘘を言うと証言を撤回したが、
誰が何のために偽証させたのかは言わない。

ついにファッティBはシュガーに銃を向けるが、シュガーは隠してた銃を出し、
お互いに銃口を向けあったところで終わった。
シュガーの考え方はただの兵隊には理解できないのだろうね。
次回はシーズンフィナーレでどんな結末になるのだろう?

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season




【MURDER IN THE FIRSTの最新記事】
posted by Jasmine at 01:21 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ブラインドスポット シーズン3 #1

タイトル通りに「つかの間の幸せ」でした。
シーズン2のラストで2年後に話が飛んでいて意味不明だったが
シーズン3の冒頭で2年間に何があったのか描かれた。

ジェーンとカートはみんなに祝福されてガーデンウエディングを行い、
みんなと別れて、カートの娘べサニーがいるコロラドへ引っ越しした。
ジェーンとカートはアリソンの仕事の間はべサニーを預かって
一緒に子育てして幸せな新婚生活を送っていた。

突然、CIAのキートンから逃げろと電話が入ると停電になって
男たちが襲い掛かってきたが何とか倒して、べサニーも無事だった。
キートンによるとサンドストームの支援者がジェーンに1000万ドルの
懸賞金をかけて自殺して、ダーク・ウェブの“調停人”が引き継いで
阻止する手立てがないのでジェーンに新しいIDを用意すると。

カートはジェーンに一緒に行き、調停人を捜してケリをつけると言うが、
ジェーンはカートを巻き込むわけにはいかない1人で姿を消した。

18ヶ月後、カートはジェーンを探し続けていたが資金のために
ニューヨークのアパートを売りに出そうと戻ったところに
CIAのハースト長官が訪ねてきた。

リード、ザパタ、パターソンが拉致されて、リードの部屋にジェーン宛の
パズル・ボックスがあり、生体認証式のロックでしか開けられないと
箱の裏にジェーンの居場所と思われるネパールの座標があったので
カートがネパールに向かってジェーンと再会する。

ジェーンとカートがボックスを一緒に開けると、中に金属が入っていて、
それをジェーンに近づけると光り出して、新しいタトゥーが出現した。
いつのまにタトゥーが!?と思ったら、ジェーンは数か月前に事故に遭って
意識のない間に新しいタトゥーが入れられたようで2人はタトゥーから
イタリアのサンマルコ広場に向かった。

カートとジェーンが去ったCIAはリードがニューヨーク支部のトップになり、
ザパタはCIAでキートンの部下として働いていて、
パターソンはシリコンバレーでアプリ開発をしていた。
1番驚いたのがリッチ・ドットコムがFBIの監視下で働いていたこと。
チームにリッチがいた方が便利だと思ったけど、本当にそうなるとはね。

イタリアに到着したジェーンとカートは教会の屋上にある箱を開けると
注射器と電話が入っていたので電話すると出たのはロマンだった。
タトゥーはロマンの仕業でジェーンに復讐するつもりらしい。

ロマンはジェーンに“調停人”と会う段取りをしたので赤い注射器を打ち、
死んだと思わせてジェーンの遺体を届けて、賞金を受け取ってから
グリーンの解毒剤を打てと、リードたちは逃げ出さないためのエサだと言う。

教会の鐘が電話から聞こえたので近くにいたロマンを発見して追跡するが、
ジェーンとカートは久々の任務で息が合わなくて取り逃がしてしまう。
カートはジェーンの偽遺体を持って調停人に会いに行き作戦は成功して、
リードたちはベネズエラ政府に売られたと判明。

拉致されたリード、ザパタ、パターソンは一緒に監禁されていて、
ザパタがCIAに行ってからリードとは連絡を取り合わなくなり険悪に。
そこに大使館の金庫を開けろと命令されて、パターソンは何とか開けると
CIAのパソコンが入っていて、データを取り出せと命じられる。

パターソンは与えられた携帯食にある加熱剤で閃光弾を作ることを思い付き、
敵がひるんだ隙に武器を奪って外に逃げた。
追っ手と戦車に挟まれて逃げ場を失うが、戦車に乗ってたのはカートと
ジェーンで救出に成功した。

リードの提案でFBIとCIAは合同捜査をすることになり、パターソンも
しばらくは残ってくれて、またチームが復活した。
新しいタトゥーは前より複雑で古いタトゥーとつながっていた。

ジェーンはたくさんのパスポートと現金を部屋の配管に隠し、
ザパタとキートンは新しいタトゥーにマズイことを見つけたようで、
パターソンはリッチと密かに会っていたみたい。
カートはロマンからジェーンにベルリンのことをバラすと脅された。
それぞれ秘密を抱えて状態でチームは大丈夫かな?

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット(1~12話/3枚組) [DVD] -

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット
posted by Jasmine at 19:28 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

ブラックリスト シーズン5 #9

トムは失ったリズは懸命にリハビリをして走れるようになった。
リズは心の整理をつけるためにグレースと名乗り、犬のケイトと
アラスカの山小屋で暮らしていた。
ケイトってミスター・キャプランの名前を付けてるの!?

レッドに2つのことを約束させる。ブラックリストは私がいなくても
チームと続けること。もう1つは追ってこないで。私を自由にしてと。

アラスカの山小屋暮らしも慣れてきたリズは発電機を直したり、
町の人とも顔なじみになっていたが、時々郵便で届く箱は開けずに
積み上げられていた。

天気予報で雨氷だと言われた日にケイトが吠えるので外に出ると
ケガをした男性が倒れていた。
リズは男性をソリに乗せて小屋に運ぶと腹部から出血してたので
応急処置をしてベッドに寝かせると、納屋にある無線を使うが繋がらず、
寒さで車のエンジンがかからないのでケイトと歩いてレンジャーの
コリンを呼びに行ったが留守だった。

“緊急事態 すぐに来て”とメモを残して小屋に戻ると男4人がいた。
リーダーらしいビリーは釣りに行く途中にチャーター機が墜落して、
パイロットは死亡したと言う。

リズが助けた男性マイクは助けを待ちたくないと言って先に歩き出し、
寒くなって俺たちも死ぬと思って歩き出し、煙突の煙を見て小屋にくると
鍵が開いてたので中へ入ったと言うが、もちろんリズは信じてなかった。

マイクは体内で出血しているのであと数時間しかもたないが
車のエンジンも電話線も凍っていて、病院に運ぶ手段がなかった。
トランシーバーがあると言われるが範囲が狭いので使えなかった。

レンジャーのコリンがメモを見て、リズの小屋にやって来た。
リズはブラックボックスの位置発信機を作動すれば救助隊が来られると言い、
男の1人がコリンを飛行機まで案内すると言うのでリズも一緒に行くと言うが
ビリーはマイクを誰が見るとリズを引き留める。

リズはコリンに墜落の音もしないし、誰も骨折してないと言うが
コリンは心配しすぎと気にしてなかった。

リズは寝ているマイクにあなたの友達と助けを呼んでくると話しかけると
マイクは友達じゃない。あんたも殺されると答えた。
マフィアのカルルッチ・ファミリーを裏切り、証人保護プログラムで
隠れてたのに見つかったと、それを聞いたリズはマイクに銃を持たせた。

コリンと一緒に行った男が1人で戻ってきて、別のレンジャーの車と出会い、
2人が墜落現場に向かったと言うがリズは嘘だと思っていた。
リズはケイトの姿が見えないことに気付き、マイクに持たせた銃を持って、
わざとブレーカーを落として、発電機を見に行くと外に出た。

無線を使おうとするが線が切られていて、銃の弾も抜かれていた。
納屋を調べるとケイトとコリンの遺体を発見する。
リズはトランシーバーでビリーに私の犬もコリンも殺したと言うと、
ビリーにまだ君は殺してないと言われた。

リズはマイクと私をなぜ殺さないの?と聞くと、ビリーは奴を生かすためで
FBIに何を話したのかボスが聞いてからゆっくり殺すと言う。
リズは私はグレースじゃない。エリザベス。元FBI捜査官のプロファイラーで
初めから悪党だとわかったと言う。

すると咳をしていたビリーは血を吐き、氷が噛む癖のあるビリーのグラスに
ガラスの破片を入れ、ピーナッツバターを舐めてた男には毒を盛って殺した。
男3人はリズを追うが、ビリーはリズが仕掛けた罠に足を挟まれてケガをして
小屋に戻るとマイクの姿が消えていた。

1人倉庫に閉じ込めて火だるまに、もう1人は見つかってもみ合いになると
斧を刺して倒した。リズはマイクをソリに乗せて、レンジャーの小屋に運び、
ビリーが来たので薬品をかけて、彼が苦しんでいるうちにマイクを連れて
逃げるが追いつかれて、リズは火炎瓶を投げるとビリーは火だるまになった。

翌朝、山小屋に男たちの死体が残されていたのでFBIが捜査を開始する。
グレースについて住民に尋ねるがみんないい人だと言うが
小屋にはグレースがいた痕跡はすべて消されていて、プロの仕事と推測。
マイクは病院に届けられて無事だった。

リズは自宅に戻ると箱に入っていた捜査書類に目を通す。
そして、レッドを訪ねると私は約束を守れなかった。努力はしたの。
トラブルは避けたわ。でも向こうから来て、それがうれしかった。
何人か殺したの悪人が否かは関係ない。私は殺したし腕も確かで
夜もきちんと眠れるの。トムを殺した奴らを追うと告げた。
レッドはリズにキスをして“もちろん。だが自分を許せるかな?”と言う。

最初リズが1人暮らししてたのでアグネスは?と思ったら、
リズは犯人を見ているので襲われる可能性があり、アグネスの安全のために
トムの母親スコティーに預けていたとは。
スコティーはトムが証人になってくれて無実が証明されたようで、
彼女なら全力で孫を守ってくれるしね。

ビリー役のウィリアム・メイポーザーはいろんなドラマで悪人役をしてるので
お馴染みの人でしたがトム・クルーズの従兄だったとはビックリ!

ブラックリスト シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック Vol.2(3枚組) [Blu-ray] -

ブラックリスト シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック Vol.2

posted by Jasmine at 22:27 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

SUITS/スーツ シーズン4 #7


クビになったマイクはフォースマンから100万ドルの契約金で
雇いたいと誘われて断るが、フォースマンは考える時間を与える。

ハーヴィーはドナからマイクがクビになったと聞いて会いに行くと
フォースマンの誘いは受けないように忠告し、前に仕事で関わった
経歴詐称でクビになった会計士のスタンを相談相手に紹介する。

スタンは新しい仕事について楽しく暮らしていて、いくら稼げるかは
大事じゃないと気づいた。毎日誰といられるかが大事だと言われる。

ルイスはジェシカからフォースマンの件で感謝の気持ちを形にしたいと言われ、
事務所名に名前を入れてほしいと言うがダメで他の褒美を考えることに。

ハーヴィーはジョナサンに情報を渡して、マイクにセカンドチャンスを
頼んだが、そんなに彼がすごいなら君が雇い直せと言われてしまう。
ハーヴィーはジェシカにマイクを雇いたいと言うが却下される。

マイクはレイチェルと一緒なら仕事なんて何でもいいと言うと、
レイチェルは泣き出して、ローガンとキスしたことを打ち明ける。
家を飛び出したマイクはローガンを訪ねるとレイチェルに手を出すなと
殴り合いになり、彼女は拒まなかったし、その気だったと言われる。

マイクはハーヴィーの家にレイチェルはドナの家に泊めてもらう。
翌朝マイクはレイチェルに何があったか聞きたいと言い、一瞬揺らいだと
聞いたマイクはおしまいだと告げる。

レイチェルが泣きながらコピーしているのを見たルイスは慰める。
事務所に来たローガンにレイチェルはあなたとは付き合う気はない。
マイケルと私がどうなろうとあなたと私が話すのはこれが最後と告げる。

ルイスはフォアマンからサンダース社の提示額をスイスとケイマンを
経由して口座に振り込めと指示され、契約をまとめたルイスに手数料を払うと
サインを要求される。ルイスはサインしてしまい、これが問題になりそう。

マイクがフォアマンと契約するとやって来たのでルイスは君を許せないが
あいつの下で働くのは勧めんと止めて、ジェシカとハーヴィーに褒美として
マイクを雇い直したと告げた。
ハーヴィーはローガンに契約解除の書類を渡した。

マイクがレイチェルにここまで怒るとは。
アメリカ人ならキスぐらい許せるのかと思ったけどマイクは別に暮らすと
レイチェルを許さなかった。自分は詐欺師なのに。

SUITS/スーツ シーズン5 DVD-BOX -

SUITS/スーツ シーズン5 DVD-BOX

posted by Jasmine at 22:19 | Comment(0) | SUITS/スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

ベター・コール・ソウル シーズン2 #5

冒頭はチャックの過去でバイオリニストの妻レベッカと夕食を作る。
HHMの郵便係になって1週間たったジミーが夕食にやって来たので
レベッカに帰ってほしくなった時の合図を決めていたが、
ジミーの弁護士ジョークがレベッカに大受けして仲良くなったので、
寝室でチャックもジョークを言うが滑ってるし。

キムは地下室の書類仕事に降格させられても黙々と仕事を続けていた。
ジミーは降格はチャックの仕業だと事務所を訴えるように言うが、
自力で抜け出すので助けはいらないと断られる。

キムは書類仕事の合間にあらゆるツテに連絡して顧客を獲得しようとする。
そして、大手銀行のメサ・ヴェルデとの顧問契約に成功したが
キムはハムリンから担当を別の人にすると告げられる。

ハワードはチャックの家に行き、キムが契約に貢献したことを話すが
チャックは名誉挽回かな?と言うがハワードはそうは思ってないみたい。

チャックは深夜から朝までお試し出勤をしていた。
この時間なら警備員だけなので電気も消えてるし、電話もないはずが、
残業中のキムに会い、一緒にコーヒーを飲むことに。

チャックは父親が小さな店を経営してたが、店員だったジミーが店の金を
少しずつレジからくすねて、1万4000ドルも消えてたが父親はジミーが
盗むはずがないと信じず、店を売却した半年後に父親が亡くなった話をする。
弟は悪人じゃない。心根は優しい。ただやめられずに周りが尻拭いをすると
ハワードと話して、キムの件は何とかしてくれると言ってくれた。

ジミーは2年目のアソシエイトのエリンから書類の書き方から指導される。
エリンと一緒に裁判所に行き、いつものように窓口で賄賂を渡そうとするが、
お目付け役のエリンが許さなかった。

一方、マイクは顔の傷が治らないまま駐車場係の仕事をしていた。
ステイシーと孫には稼いだ金でモーテル暮らしをさせていて、
おじいちゃんは大変だね。

トゥコの叔父がマイクを訪ねてきて謝罪すると、刑期8年は長すぎるので
銃はマイクの物だと警察に話してくれたら5000ドル払うと言われるが
マイクはどうするのかな?

チャックが今は1人で生活している理由はわからなかったが、
それが電磁波過敏症と関係しているのかな?

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1
posted by Jasmine at 22:23 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

シカゴ P.D. シーズン3 #21

今回は「シカゴ・ジャスティス」のお披露目エピでした。
停車したパトカーの中でバージェスとローマンが話をしていると
フードを被った男にいきなり発砲され、ローマンが撃たれたので
バージェスは犯人を追いかけて、銃を持った男を見つけて発砲するが
17歳の高校生マイケル・エリスは前科もなく銃を持っていなかった。

付近を捜索するが凶器の銃は見つからず、担当する州検事補は
ボイトを有罪にしたピーター・ストーンで検察も捜査すると言われた。
シカゴメッドにローマンとマイケルが搬送され、警官たちの集まる中、
マイケルの両親もいて、息子は成績優秀な奨学生で警官を撃たないと訴える。

オペが終わったマイケルは知らない男が発砲した後、目の前のビルに
隠れたので恐ろしくなり走り出したと警官は撃つ相手を間違ったと言う。
検察は銃もギャングとの繋がりも見つからず、水たまりに倒れたので
発射残渣も確認できず、マイケルの動機もわからないので起訴できない。

バージェスは一時的に警察権を剥奪されてしまう。
黒人が手を上げたのに背後から警官に撃たれたことで署の前でデモが起こる。
検察はマイケルのバイト仲間からシカゴ警察に文句を言ってたと聞き出し、
特捜班はマイケルの恋人のSNSアカウントから銃を持った写真を発見する。

現場付近の防犯カメラにマイケルが撃たれた時の映像が見つかった。
マイケルが撃たれて倒れるときに手から銃が川へ飛んで行ったので
川を捜索すると凶器の銃が見つかった。
検察はマイケルを起訴すると決めたが動機が不明のままだった。
さらにバージェスとローマンが付き合ってることが明らかになる。

マイケルは彼女に振られて家から離れた場所にある川に行ったと言うが、
交通カードの履歴から事件現場に何度も訪れていて、事件の場所は
おばの恋人デュワン・モトリーが6年前にシカゴ警察との間の出来事が
関係していると突き止めるがボイトはストーンから特捜班はここで
手を引いてくれと言われる。

ストーンは6年前にもデスクにいたプラットからモトリーを逮捕した
ブレイマー巡査が昔気質の白人至上主義者だったと聞き出した。

マイケルが証言台に立ち、銃を持った写真は恋人に強い男だと思われたくて
写真を撮る時に持ってただけと証言する。反対尋問でストーンは
モトリーについて聞くと、泥酔して逮捕に抵抗したモトリーは警官を殴り、
警官は倒れて頭を打って意識不明のままでモトリーは監獄で自殺していた。

ストーンはマイケルが彼女に振られた翌日がモトリーが自殺した日で
それがきっかけでモトリーが逮捕された場所にいた警官に復讐したのではと
追及されて、動揺するマイケルを陪審員たちは見ていた。

マイケルの弁護人シャンバラから銃所持の加重暴行で少年鑑別所にと
提案されて、ストーンは断ったが州検事は評決不能になれば街が
大騒ぎになると言われる。

ストーンはローマンとバージェスに話をするとバージェスは反対するが
撃たれたローマン次第だと言い、ローマンは街にも静かな夜を
と取引に応じた。

マイケルが優等生で銃を持ってないのでバージェスが人違いしたかと
疑ってたけど、見間違いではなかったので良かった。
ローマンは死んじゃうのかと思ったけど、無事だったのでホッとした。
「シカゴ・ジャスティス」も放送してほしいけど打ち切りだからね。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 22:38 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ