2017年05月09日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #12

陸軍大尉のベス・ウィリアムズは銀星章を得た初の女性レンジャー隊員で
全米を回り広報活動を行う任務が与えられた。
ベスは婚約者ミッキーの自宅で行われたパーティーに出席するが、
早朝、レイプ被害に遭って公園で倒れてるのを発見される。

べスは石で後頭部を殴られ、カバンには5000ドルが入っていた。
ベンソンは病院にいるベスに話を聞こうとするが動揺していて、
上官のダントリー少佐を呼ぶように要求する。
ミッキーはベスが11時頃に帰った後、ルームメイトとゲームをしていて、
現金については知らないと供述する。

ネット上でベスに対して中傷をしていた“スーパーマン78”がいた。
ダントリー少佐は興味本位の報道は迷惑なので、捜査は内密にと頼むが、
ベンソンはそれは彼女が決断すべきことだと答える。

ベスの拳に反撃したのか血痕が付着していて、その血痕は前科のある
ホゼ・マルケスとわかるが、ホゼはベスとファイトクラブで戦って負けたと、
ベスが持ってた5000ドルは賞金だったと判明。
ホゼは犯行時刻にケガの治療で病院にいたとアリバイ証明された。

ベスはミッキーの家を出てからファイトクラブに出場したことを認め、
母親のパーキンソン病の治療のためにお金が必要だったと。
会場を出てからベスは襲われたとわかる。

ファイトクラブの主催者はベスの格闘技のコーチでアリバイがあり、
観客を調べると、“スーパーマン78”のゲーリー・クックがいた。
ゲーリーは薬物関係の前科があり、不名誉除隊となりITの仕事をしていた。

薬物所持でゲーリーを逮捕して取り調べるが、ゲーリーはベスとは
試合後に握手しただけと、反フェミニズムの真実は女への愛だと主張。
ベスはゲーリーを写真確認し、彼が追いかけてきて抗議してきたので、
小突いて下がれと言ったがまた追っ手きたと言う。

ゲーリーは介護施設にいる祖母に会いに行ったと職員も彼を目撃していて、
防犯カメラでゲーリーはベスを追ったが握手して立ち去っていた。
ベスはゲーリーに襲われたと言うが、アリバイがあることを告げると、
記憶違いなのねと、ベスは広報活動があると任務に戻ろうとしていた。
ベンソンはダントリー少佐に休ませるように交渉するが命令だと断られる。

ロリンズとカリシは付近で深夜営業してたバーを調べると、レシートから
ミッキーが店にいたことがわかり、ルームメイトはミッキーに頼まれ、
アリバイ証明したと認め、ベスとミッキーはパーティ後に別れて、
ベスは追い出され、ミッキーはファイトクラブに反対してたと話す。

ベスの実家に行くとミッキーの車があり、物音がしたので入ると、
ベスがミッキーを殴っていた。ベスはミッキーが犯人だと知って、
報復してたがベンソンは刑の執行人ではないと諭した。

罪状認否でミッキーは第1級レイプ罪で起訴されたがベスは現れず、
ベスは自分が悪いと責めていて、ベンソンは法廷での証言を説得する。
証言すれば名前が出てしまうが説得されて、記者会見を行った。

ベスは被害者として名乗り出るのは大変だったと思う。
ドラマ的にはこういう終わり方だったけど、現実はそうはいかないだろう。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン5 バリューパック [DVD] -

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン5 バリューパック

posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

シカゴ P.D. シーズン1 #14

プルポがアントニオたちを撃って逃走した。
アントニオは一命を取り留めたが予断を許さない状況だった。
ボイトはバージェスとアトウォーターにアントニオの妻子の守るように命じ、
チームにプルポは俺たちの大切な家族を襲ったので令状や規則は無視しろ、
捕まえたら俺とオリンスキーに渡せと命じた。

偽の護送車が発見され、警備員に扮したコロンビア人の運び屋が殺されていた。
リーナと息子も一緒に家族でコロンビアに逃げようとしてるとわかる。

ハルステッドはボイトにプルポを渡したら共犯者になるとルゼックに言うが、
ルゼックは反対する立場じゃないと言い、そこにやって来たリンジーは
まずはプルポを見つけようと言う。

プルポの弁護士ティンポーンは街の犯罪者の半分が顧客なのを利用して、
スペイン語を話す巡査にティンポーンに脅迫電話をかけてもらった。
ボイトは怯えてる弁護士にプルポ捜しに協力するなら助けてもいいと持ち掛け、
偽造IDを作れる昔の顧客バンカーを紹介したと聞き出した。
バンカーはプルポに偽造ID3つとカード2枚を作ったと自白した。

ジンはボイトのPCをコピーしてるとプラットに声をかけられるがごまかし、
コピーしたUSBをスティルウェルに渡すが、不正の証拠をPCに残すかと
携帯や車を調べろと、来週までに証拠をつかんでこなければ、
父親の元にFBIが訪れると脅された。

リーナが偽造カードを使用して、GPS搭載車を借りたことでスタンドにいた
彼女と息子を捕まえた。
リーナは5時に5番街のタコス店に迎えに来いと言われたと供述するが、
携帯への着信がなかったのでおとりにしたと、ボイトはリーナを重大犯罪課、
息子を児童相談所に回せと指示する。

ジンはボイトにサムナーの通話記録を渡し、スティルウェルと連絡を
取り合ってるとわかると、ボイトは麻薬捜査課に異動を命じた。
サムナーはリンジーにアントニオのために捕まえてとファイルを渡す。

プルポをナイトクラブ経営者のネストロフが保釈させようとしてたとわかり、
コロンビア系と対立してるロシア人だったので踏み込むと、コカインの
仕分け中だったので全員逮捕した。

ネストロフのメールはキリル文字で書かれてたがロシア系の警官がいないので、
51分署のオーチスが呼ばれて、メールを見るとロシアに2台の車を運ぶだめの
航空貨物運送状の添付書類が見つかった。

オーチスを通訳にしてボイトはネストロフに正直に話せば捕まえた手下の
1人を見逃すと持ち掛け、プルポは100万ドルをコカインで前払いにしたので
2時間後にコンテナで運ぶことを聞き出す。

移送中のコンテナからプルポを見つけると、ボイトとオリンスキーは
彼を連れてどこかに行ってしまう。
ハルステッドはアントニオと面会し、ボイトが始末することを伝えると、
オリンスキーの相棒を殺したブラウニングを2人はリバー通りの波止場に
連れて行きボートに乗せたと、良心にさいなまれたくないと話す。

その頃、オリンスキーもブラウニングを殺したのは父親のためか?
とボイトに聞くが親父とは関係ないと言われ、あの日からオリンスキーは
よく眠れないと話す。

ボイトたちはプルポに重しを付けてると、ハルステッドが止めにきた。
それでもボイトは反対するが、オリンスキーは今夜はやるべきじゃないと
止めたことでプルポは刑務所に逆戻り。

リンジーはアニーにチャーリーが戻ったことを伝えた。
アニーはリンジーも同席して会うことを望み、リンジーはチャーリーに
息子トラビスがいると告げて、みんなで会うことに。

プラットは病院にいるアントニオの家族に差し入れし、子供たちにパパと
昔一緒にパトロールに出て、2人でコカインの売人を追ってたらドア越しに
発砲されて、プラットは腰を撃たれて倒れて、殺されそうになったのを
パパが戻って担ぎ出して助けてくれた話をした。
プラットはそれ以来、内勤になったらしい。

サムナーはクビになり、バージェスとアトウォーターにチャンスが回り、
アトウォーターが後任となった。
バージェスは理由を聞くと、職場恋愛は認められないと昇格を真剣に
望むなら恋愛どころではないはずだと言われてしまう。

オリンスキーは妻にやり直したいと告げた。
ブラウニングの件で良心にさいなまれたのか妻を遠ざけたみたい。
ボイトの父親は殉職したみたいで、それが今の彼を作った理由かな?

フライングしてシーズン3の1話先行放送を先に観てしまったのですが、
こちらもシーズンフィナーレはショックな展開になるようです。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

シカゴ・ファイア シーズン2 #22(終)

シーズンフィナーレはショックな結末でビックリ!
次が見たいと思ったら、BSスカパーで無料先行放送を録画中だったので
続きを見たけど…。

ドーソンは消防士の試験に合格し、51分署のみんなから祝福される。
正式にオースティン105分署に配属が決まり、ウェルチが小隊長なので
ケイシーはウェルチにドーソンと付き合ってるので敬意をもって
接してほしいと頼むがダメだった。

出動指令で向かうとそこは聖メアリーズの寄宿学校だった。
火災は建物全体に広がっていて、まだ中に残っていた生徒たちを救出し、
ボーデンはあと1分で退避を命じ、セブライドとミルズは最後の部屋で
割れた窓で腹部を切った生徒を発見して救出した。

消火作業が終わって建物を確認してるとニューハウスはベッド下から
まだ意識がある全身大やけどの少年を発見した。
セブライドは少年を見逃したことにショックを受ける。

セブライドはボロボロのバイクを買ったので、その修理に没頭していた。
病院に少年の様子を見に行くと、重体で危険だと看護師から聞く。

シェイは部屋が見つかるまでとデボンを泊めた。
セブライドはデボンを泊めることに反対で、仕事のイライラもあって、
デボンと衝突してしまう。
家を出て行ったセブライドはシカゴ署のリンジーを訪ねて、少年のことを
聞いてもらい慰めてもらう。

修理したバイクに乗ってセブライドは再び病院に行くと、看護師から
少年が持ち直したと告げられた。
ミルズはニューハウスに父方の家族を知らないので調べてほしいと頼む。

ドーソンはシャワー中のケイシーに要件を聞いてくれと言われて電話に出て、
指輪のことを知ってしまう。
ケイシーは87分署に空きがあると聞いて、ドーソンに行かせようとするが
ドーソンは特別扱いはイヤだと断った。

ボーデンはハーマンに土曜日にドナと結婚するので付添人を頼むと、
挙式の場所が決まってないと聞いたハーマンは通ってる教会を勧めたが
神父から許可が下りなかった。
困ったハーマンはマウチからシンディの知恵を仰げとアドバイスされる。

挙式当日、ボーデンはハーマンから教会はダメだったと聞いて激怒し、
ドナから51分署にいると電話が入って向かうと挙式会場となっていた。
ミルズがネットと資格を取って、式を執り行った。

パーティでマウチはプラットと出会った。
ケイシーはドーソンにプロポーズしたところで出動指令が入ったので
答えはお預けとなり、ボーデンも一緒に出動する。

煙が出てる建物に入る前にセブライドはシェイと仲直りした。
負傷者がいると無線が入り、ドーソンとシェイは建物に入るが、
隊員たちの無線連絡が聞こえなくなり、大爆発が起こった。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア

posted by Jasmine at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シカゴ・メッド シーズン1 #5

今回はクロスオーバーエピで意味不明で中途半端に終わってしまった。
ウィルはハルステッドの兄だと判明。
NHKさんは“兄はシカゴ警察の捜査官”と書いてたのにいつの間にか
弟に訂正されてますよね。

ハーマンがERに搬送されてきた。
51分署の隊員たちにシンディも付き添ってきた。
肝臓から大量出血してるが理由は「シカゴ・ファイアー」を見てないので
わからなかったが、今朝、何らかの理由で病院に来てたらしい。

ハルステッドはウィルに医学的な質問として、ハーマンの処置について聞くと、
すぐに処置したと答えたことで、セブライドはコナーのせいかと聞いてきた。
コナーは誰かが言ってたと聞いて、ザネッティを疑って怒らせてしまう。

チョイは頭に袋を被った状態で発見された意識不明の女性ジェシカを担当。
ハルステッドとセブライドが女性の遺留品を持ってERにやって来るが、
自殺か他殺かわからず、チャールズが遺留品を調べることに。

リンジーが現場に女性の指紋しかないので自殺の可能性が高いと知らせにきたが、
チャールズはジェシカが半年後のパリ往復航空券を予約してたので行けると
確信がないと旅行に行かないだろうと疑問を抱く。
そして、ジェシカはガンでないのに抗がん剤を過剰投与されてると判明。

ナタリーは原因不明の高熱がある年配女性のキャロルを担当する。
息子のマイケルは遠くに住んでるので、口腔ガンだと聞いてるが状況が不明で
母親は意識はあるが何も話そうとしない。
診察しても口腔ガンの形跡はなく、尿路感染症で抗生物質を投与するが
薬も効かないし、腎不全を起こしてしまう。

発作を起こして車に轢かれた女性が搬送されてきたが亡くなってしまう。
亡くなったダニーは卵巣ガンの治療を受けてたが、病院に駆けつけた妊娠中の
ガールフレンドは詳しいことは知らなかった。

グッドウィンとチャールズは抗がん剤の過剰投与で死にかけてたので
ダニーも過剰投与を疑って病理解剖を指示し、ガンではないのに抗がん剤の
過剰投与がわかり、キャロルもガンでないと判明した。
抗がん剤の過剰投与の件はP.D.に引き継がれるのかな?

エイプリルの医学生の弟ノアがERに研修でやってきた。
ノアよりもエイプリルの方が医者に向いてそう。
P.D.ではセブライドはリンジーと付き合ってるのに、ここではエイプリルと
付き合ってることにビックリ!

Chicago Med: Season One [DVD] [Import] -

Chicago Med: Season One
posted by Jasmine at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・メッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

ブラックリスト シーズン4 #14

レッドは移送中のイザベラを拉致するが、彼女は雇い主を言わない。
クーパーは司法省からチームを潰すと脅されて、レッドに上が納得する
大物をよこせと言うと、レッドは“設計士”を差し出した。

“設計士”は発案から請け負い、完全犯罪を行っていた。
レッドによると“黒ミサ13”で“設計士”はハッカーをスカウトすると。
アラムは“黒ミサ”はハッカーの競技会で勝者は魂を失うような仕事に
雇われると、ネット上から集会への参加方法を突き止めた。

アラムが“黒ミサ”に潜入することになり、迎えの車に乗せられて
布を頭に被らされ、妨害ソフトのせいで通信機も使えなくなる。
会場で刑務所にいるはずのエリースと再会する。

ゲームが始まり、アラムが優勝したところに“設計士”が襲撃してきた。
エリースは政府側と知れたら殺されるとアラムを連れてその場を逃げると、
NSAに雇われていた。

“設計士”の完全犯罪に優勝したアラムが必要で手下に建物を捜索させる。
エリースは下水道から脱出すると行くが、アラムは屋上に出て、緊急通報し、
居場所を知らせたが見つかった。アラムはエリースのメガネを拾った。
FBIが突入すると“設計士”は手榴弾で爆発させた隙にアラムを連れて逃げた。

エリースの情報で“設計士”はある施設の制御システムを攻撃するために
アラムが必要で用が済んだら殺されるとわかる。
厳重警備のクリーンヴィル刑務所にいる白人至上主義の差別団体会長の
ロニー・パーキンズが処刑されるので、団体が“設計士”を雇ったと推測。

その頃、“設計士”はアラムを使って刑務所のシステムを乗っ取らせると、
刑務所の監視塔をふっ飛ばして、ロニー・パーキンズを解放しろと脅す。
アラムはエリースの暗号化装置を拾って、居場所を知らせてきたので、
レスラーたちが到着するが、“設計士”が車で逃げたのでアラムは
彼らが使ってた武器で車を爆破し、脱獄したパーキンスは警察に逮捕された。

トムは自分を誘拐した犯人のゲームが死んでたので彼の母親に会いに行くと、
母親はトムに息子は人殺しに違いないと言う。
ゲームが自白した時、彼は強力なウィルスに感染して隔離生活をしていて、
外部との接触は監視されてたが、母親だけ監視なしに接触できたとわかる。

トムに追及された母親は差出人はNYの私書箱で、息子が指示に従えば
10万ドル渡すと自白の台本が送られてきたと、その手紙を渡した。

レッドはイザベラを冷凍室に監禁して口を割らせようとする。
イザベラは夫ギャヴィンが殺されたのはレッドのせいだと思ってたが、
夫はFBIが訪ねて来て、レッドについての質問をしたが妻子の身の安全と
生活を守るために、レッドの知人に存在を消してもらっただけで生きていた。

それを聞いたイザベラは匿名でレッドの情報が入った荷物が届いたと、
報酬はクレジット・スティックで赤いドレスに隠してると自白すると、
夫はどこにいるのか聞くが、再婚して今の君を見せるのは酷というものだと
居場所を言わないと彼女をFBIに引き渡した。

レッドは雇い主が使ってる銀行が自分と同じだったので情報漏れがあると
デヴィッドに君の銀行の預金者を調べるように頼むが断られる。
彼は偉肖像画を描かない画家ポルペットに肖像画を描いてもらってたので、
レッドは彼を誘拐するが、ポルペットはレッドに創作意欲を刺激されて
デヴィッドの絵を塗り潰して、レッドを描き始めた。

それに慌てたデヴィッドは口座を調べると、レッドの口座の1つだったと言われ、
レッドは驚いてたが身内の犯行なの?

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2

posted by Jasmine at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラインドスポット シーズン2 #5

ジェーンはオリオン作戦で手当てをしてくれた女医を思い出す。
シェパードは医者がジェーンが死にかけてたところを助けてくれたが、
町が襲撃されて医者は殺され、その時ジェーンはリハビリで山にいたので
生き延びて、ひとりで貨物船に密航してアメリカに戻ったと説明する。

カートとナズはサンドストームがカートを長年監視してた理由を調べる。
内通者によると“歯車の動きに従え、そうすれば謎が解ける”と言ってたと、
受け渡し場所で回収した携帯には今まで見たこともない暗号が入っていた。

ザパタはメイフェアが残したブラックホールの写真が解読できそうだと。
前回捕まえたハッカーのシャドウキャットに写真を見せたら、
流体力学の層流と気付いたと、コーヒーにミルクを注ぐと渦ができるが、
その渦を巻き戻せば、注がれる前にミルクはどんな状態だったかわかると。

カートはアリーの検診に付き添い、内勤に異動するように勧めるが
アリーはまだ現場から離れる気はなかった。
リードはジョーンズの家を見張り、呼び出されても今日は休みたいと。

タトゥーからアプリのアドレスと5つのアカウントが見つかった。
アカウントはアイルランド系マフィア、オマリー一家のメンバーで、
チェスを使って暗号でやり取りしてるとわかる。
“アダムス・パーク、水曜午後”と暗号解読され、FBIは現場に向かう。

知事選出馬を控えるクイン・ドナヒュー州議会議員が集会に参加していて、
狙撃事件が発生して、射殺した犯人はオマリー一家の仲間だった。

アリーは子供の頃からオマリー一家と付き合いがあり、ドナヒュー議員は
マフィアのボス、パトリック・オマリーのいとこでパトリックの弟が
刑務所で死んだので報復だと推測する。

凶器はパトリックの銃で、パトリックはアリーとしか話さないと言い、
パトリックはガンで余命半年で、家業からは抜けたと事件への関与を否定。
自分の銃で撃たせないと、暗殺未遂はドナヒューが注目を集めるための
自殺自演で、ドナヒューこそがマフィアのボスだと供述する。

パトリックは証人保護プログラムで妻と娘を保護する条件にドナヒューが
ボスだと証明するテープを渡すと取引する。
弁護士事務所の金庫にあるテープはパトリックの網膜と指紋のスキャンで
開くことになってるので、パトリックを連れて弁護士事務所に向かった。

弁護士事務所に敵が集団でやって来て、カートとナズが敵を足止めする間に
ジェーンとアリーがパトリックと弁護士と共にテープを回収する。
パトリックは抗がん剤の副作用で指紋が認証されず、パターソンの助けで
金庫からテープを回収した。

ジェーンたちは非常階段から脱出しようとするが、敵の襲撃に遭って、
アリーは脚を撃たれて、弁護士がドナヒューについて情報を漏らしたとわかり、
ジェーンは弁護士に手錠をかけて階段に置き去りにした。

アリーはジェーンにお腹にカートの子供がいると言い、カートはアリーの元に
向おうとするが敵がいるので動けず、ナズと協力して敵を倒して向かった。
ジェーンはアリーを止血するが敵が来たので、パトリックはテープを残し、
空のケースを持って敵の元に行き撃たれた。

ジェーンとアリーは駆けつけたカートとナズと合流して助かった。
アリーも赤ちゃんも無事で良かったし、ドナヒューは逮捕された。

ジェーンはパターソンに助けてくれた医者が付けてた指輪の模様から
消息を調べてもらうが、指輪はオリジナルらしく手がかりが掴めなかった。
ジェーンは前回の美術館のパーティで名刺をもらったオリバーに電話した。

シェパードはアフガニスタンで助かったことを思い出したとロマンに話すと、
クリスのことも思い出したのか?と心配してたが何かあるみたい。

パターソンはブラックホールの写真を解読すると、膨大なメールで
NSAを告発したダグラス・ウィンターの居場所があり、メイフィアと繋がってた?

リードはジョーンズに俺もそうなのかと掴みかかり、必ず償わせると告げるが、
ジョーンズに嫌がらせをしてるとザパタに連絡が入った。
リードはジョーンズの家に侵入し、地下室に保管されてたテープを発見する。
そして、ザパタがジョーンズの家に行くと、ジョーンスが血を流して倒れていて、
側にリードが立っていた。

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [Blu-ray] -

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉

posted by Jasmine at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ