2017年07月02日

ブラインドスポット シーズン2 #13

カートの軍事学校のアルバムにシェパードが写っているのを発見した
ジェーンとカートはナズと共に軍事学校を訪ねる。
カートは父親と暮らす妹が心配で脱走しては捕まっている問題児だった。
シェパードから自分を守れない人は妹は守れない、本当に人を守るには
力が必要でこの場所は力を手にする第1歩だと励まされたことを思い出す。

校長のニックス大佐にシェパードの写真を見せると、彼女は名前は
エレンブリッグスで陸軍の軍人で毎学期 海外任務について語りに来てたと。
校長はカートを退学にしようとしたが、エレンに説得されて思いとどまり、
父親が学費を払えないと奨学金としてカートの学費を出していたとわかる。

学校職員の女性はカートがFBIの次長になったなんてと嬉しそうに言ってたが、
カートたちが帰るとシェパードにカートが来たことを知らせていた。

エレンは少将で国防脅威削減局の所属だったが記録は塗り潰されてるか
削除されていたが、ショーン・クラークが関係者として浮上する。
クラークはミード陸軍基地の教官で軍務を数年共にし、1年前司法省を退職後
脳卒中になり介護施設にいて、その費用はカートの学費を支払った幽霊会社の
関連会社が支払っていた。
介護施設にいるクラークに会うが脳にダメージを受けて、野球の話しかしない。

ザパタとリードとパターソンはジェーンの背中の文字のタトゥーを調べることに。
有名な文学作品の引用があり、聖書の創世記3章25節もあったが、存在するのは
創世記3章24節までで、今朝システムが“創世記3-25”という言葉を拾う。

発信者のジャレッド・ウィズニュースキは州北部で農業組合を運営してたので
ジャレッドの家を訪ねると、ガレージに大量の自動小銃や爆薬を見つけた。
支局にジャレッドが情報提供者だとボイド捜査官に会いに来た。

政府が幹線道路やパイプラインを建設して、農家は暮らしていけないと、
テロ組織ができるのを心配するボイドから地域の監視役を頼まれて報告して、
実際にテロを実行するか判断するために爆弾作りを指示され、“創世記3-25”は
テロのコードネームだと、バカな計画を立てたことでカートはボイドに
計画を打ち切りたいがテロのリスクは避けたいと引き継いで片付けると命令。

中心メンバーのトム、ケヴィン、テスの3人を逮捕しようとするが捜索以来、
連絡が途絶えたのでボイドはリーダーのジャレッドを現場に出すしかないと言い、
ジャレッドはテスに農場で会おうと言うが、果樹園にすると言われてしまう。

ジャレッドは予定通りだと言うが、テスは捜査が及ぶ前に今日やろうと言い、
FBIに追われてるジャレッドに隠れてろと標的を教えてくれず、信用できないと
テスに銃を向けられ、FBIが聞いてると言うと撃たれてしまう。
トムを撃ち、ケヴィンを捕まえたが、テスはバイクで逃走してしまったので、
カートはボイドに銃とバッジを返せとクビにした。

果樹園から8キロの倉庫に強盗が入り、窒素肥料と軽油ドラム缶が盗まれた。
ケヴィンにテスが大きなテロを計画し、罪もない人を殺そうとしてると説得し、
テスは土地管理局が悪いと土地を削り取ってきたと言い、標的は57丁目の
庁舎だと供述する。

トラックが赤信号を無視して連邦庁舎に向かってるとわかり、カートは通りで
止めようとタイヤを撃ってトラックを止めると降りてきたテスは起爆装置を
手にしていて、カートは元兵士のテスに爆破は安易なやり方だと分かるだろ。
兵士は正義を貫く、安易さは求めないと説得して、起爆装置を確保した。

カートはパターソンが違法なオマハを利用して調べてることに気付いて
使うなと言うとパターソンは同意したが、オマハのデーターに盗聴記録があり、
クラークがメイフェアにDC支局のトップに推薦したカートを経験が浅いからと
異動を阻止してたとわかる。

カートはクラークが“君はメッツだ、ニューヨーク・メッツ。ナショナルズに
行くはずが彼らが許さなかった”と言ってたのは異動の話で、彼らとは
サンドストームでニューヨークにカートを残しておきたかったのは
ジェーンと会わせるためだと気付く。

カートはクラークに会いに行き、ワシントン行きをなぜ止めた?と聞くと、
君は彼女の球団の顔、スター選手だ。君はメッツにいるべきだと言い、
“トルーマン・プロトコル”それがすべてだが誰も知らないと話すので
聞かれないようにクラークの部屋に行くと、シェパードが待ち伏せしていて
カートは殴られて、クラークと共に連れ去られた。

リードはニキと関係を持つが、彼女はFBI捜査官のリードの前でコカインを使用し、
勧められたリードもコカインを使うなんてショックだわ。
パターソンはシェパードの修正された書類の番号を調べることに没頭して、
倒れてしまった。

ジェーンはロマンにシェパードとクラークの写真を見せると、シェパードに
見覚えがあると言うので、私たちの母親だと教える。
ナズはロマンにシェパードの資料を見せるが、ロマンは何も思い出せず、
FBIに利用されてると思い始めたみたい。
ジェーンはタトゥーを見せたままでオリバーとデートしたのはどうしてだろう?

カートが目覚めるとシェパードはクラークがしゃべりすぎないように
強力な薬で頭をクリアにしていた。
シェパードはカートが正義のために闘える可能性と同じ匂いがしたと
私は一緒にこの国を救うのよ。出会ったあの日は気づかなかった。
あなたが我々にとってどんなに重要か、レミーとタトゥーの計画を練っていて、
あなたを入れようと考えた。必ず助けてくれる。そう思うと安心したと。

カートがなぜ俺が助けると?計画の一部とは?と聞くと、シェパードは
私たちは同じなのよ。正義のために闘ってる。腐敗や汚職を憎んでる。
この国は革命が必要なの。同じチームなのよ。あなたがそれに気づくまで
何人が死ぬことになるかと言うと、カートは同じじゃない。
貴様はテロリストだと言うと、法の定義ではね。法が間違ってると
考えたことは?と言われ、カートは首を横に振る。

シェパードはそこが私たちの最大の違いね。あなたはルールに従う。
私はルールの変更を望む。私だけが本当に理解してるの。自分を超える
大義のために犠牲を払うことの意味をとクラークの頭にキスして、許してね、
昔の友よと言うと彼を殺した。

シェパードはまた会いましょう。共に戦うしかないのと言い、ナイフを
カートの脚の上に置くと、自分で出ていってと去った。

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD] -

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉
posted by Jasmine at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

コード・ブラック シーズン1 #6

マラヤを訪ねて、元カノのカーラがやって来た。
カーラの訪問をマラヤは嬉しそうでなく、妊娠中のカーラに複雑そう。
カーラ役のシリ・アップルビーは「シカゴ・ファイヤ」でも同じような役を
演じてたけど、実際に妊娠中だったのかな?

カーラはヨガをしてから痛みがあると、MRIで確かめて欲しいと言い、
勤めている病院だと噂話されるからと夜中にERにやって来たと。

病院でパトカーのサイレンが鳴り、警察官の急患がやって来た。
警官のトムは相棒のスコットが撃たれ、流れ弾が無線に当って助けを呼べず
自分もケガをしてるのに相棒を運んできた。

トムは大腿部を撃たれ、弾が貫通してないので、レントゲンを撮ると
弾が大腿骨を砕いていて、脚が折れていたので固定する。
スコットは銃弾を2発受けて、出血多量だったが持ちこたえた。

そこへスティーブが息子のビクターを抱え、自分で撃ったと助けを求めた。
ガスリーがビクターを引き受け、外科医を呼んでくれと言うと、
この件は息子コールには向かないと言うが、やって来たのはコールだった。

コールは自分で撃ったのか?と一瞬驚くが、血腫が気管を塞いでいたので
吸引をするが、動脈に穴が空いていたので、ガスリーが穿刺だなと言うと
コールはメスだと処置をして挿管したが、ビクターは脳死状態となってしまう。

マラヤは父親に伝えると言い、ガスリーは反対するがジェシーはいつか
そういう役割をする時が来ると付き添うからと後押し、マラヤが父親に
脳死状態だと告げるとスティーブは大暴れする。
落ち着いたスティーブに血だらけの服を着替えさせて息子と対面させた。
ガスリーがコールに向かないと言ったのは、妻が銃で頭を撃ち抜いたからだった。

18歳のジェームズが胸部左上に警官による流れ弾を受けて搬送されてきた。
先天性拡張型心筋症で不整脈をペースメーカーで制御していて、レントゲンで
弾がペースメーカーをかすめて損傷したと確認する。

ジェームズは大学の授業があるので主治医に連絡をするから退院したいと、
ギャングの親や銃を遠ざけてきたのに命中するとは笑えると言う。
被弾した箇所を治療する手術と機器の入れ替えの2つの手術が必要だから
休学するしかないと告げられる。

トムは事故の日に全身骨折で家族を亡くしたリアンを救ってくれた恩人だった。
銃撃犯が撃たれて搬送されてきた。
コードブラックでオペ室は順番待ちで、トムか銃撃犯のどちらを優先させるか
リアンは公正に判断できないとニールに頼み、ニールは銃撃犯に決めるが、
トムが動いてストレッチャーから落ちてしまい、ジェームズもペースメーカーの
故障で心停止に陥った。

ペースメーカーを止めるために磁石を依頼するが待てないと、クリスタが
銃撃犯を処置してるニールの指示で心臓へのリードを切り、感電して飛ばされるが
ジェームズの意識が戻った。
銃撃犯は心停止で死亡するが、コールはニールになぜERに?と彼の腕を認める。

マラヤは怪しいフードの男に気付いて追いかけると、フードのジャマールは
スティーブに俺のせいだと言い、スティーブは二度と息子に近づくなと激怒。
ジャマールはビクターにキスして、父親もそれを知ってると打ち明ける。

スティーブはビクターの機械を止めると決め、マラヤは自分もカミングアウトした
経験からビクターは親の失望がつらかったはずと、彼を幸せにした少年が
そこにいると別れを言わせてあげてと頼む。

検査でカーラは白血病だとわかり、本人もそれに気付いてたみたいで
自分の病院じゃ確認できないと、元カノを頼ったのだろう。
お腹も少し目立ってたので妊娠中に白血病の治療はできないだろうな。

オペが終わったトムはリアンにヤバい相手の金を盗み、狙われていたと告白。
リアンは真実を話すかはあなた次第、でも罪悪感は消えないと告げる。

Code Black: Season One [DVD] [Import] -

Code Black: Season One
posted by Jasmine at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | コード・ブラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

グレイズ・アナトミー シーズン13 #12

メレディスはアレックスが家で寝ていたのであちこち探し回ったのよ!
なんで電話やメールをしないわけ?でどうなったの?と詰め寄ると、
アレックスは司法取引しようと検事に会うと、アンドリューが入って来て
訴えを取り下げると言うが、起訴を取り下げられるのは州だけと言われると
アンドリューは先に手を出したのは自分だったと話した。

キャサリンはベイリーからアテンディングが招集に応じなかったことを聞く。
ミニックはメレディスのオペに入ろうとするが拒否されてしまう。
それを知ったベイリーはメレディスにミニックに従うように言うが、
メレディスはリチャードを擁護し、みんなの意見を聞くべきだと言うが、
ベイリーは聞き入れずにメレディスに停職処分を言い渡す。

ステファニーはベンにベイリーがメレディスを停職にしたと伝えると、
それを後ろで聞いていてエイプリルがジャクソンたちに知らせる。
ベンはベイリーにメレディスを停職させたことを尋ね、アレックスの起訴を
取り下げられたと伝える。
ベンがアンドシューにアレックスの司法取引のことを教えたらしい。

ERに有刺鉄線が巻き付いた状態の女性アニーが搬送されてきた。
発見者の隣人によると、アニーと夫は人嫌いで自宅の周りを有刺鉄線付きの
壁で囲っていて、夫が亡くなってからアニーは朝刊を取りにくる姿しか
見せていなかったが、その朝刊も置いたままだったので気になった隣人が
様子を見たことで発見された。

意識が戻ったアニーが暴れ出し、オーウェンは落ち着かせようとして
有刺鉄線で腕を切ってしまう。その腕ではオペには入れないとアンドリューが
オーウェンの指示でオペすることに。
アニーは引きこもりの生活をやめようと、有刺鉄線を外そうとして
事故に遭って、脚を失ってしまうとは。

帰宅したメレディスは病院へ仕事を取り戻しに行くアレックスと鉢合わせ。
私のことは持ち出さないでと言われたアレックスはベイリーに仕事に
戻ってもいいが、2度と暴力事件を起こさないと約束する。
メレディスのことを持ち出すと気が変わる前に出て行ってと言われた。

マギーはハワイに住んでる育ての母ダイアンが突然、病院に現れて驚く。
しかもジャクソンの診察を予約していて、紹介する前にみんなと仲良くなり、
実父リチャードとも打ち解けていることに困惑する。

マギーは母親が美容整形するつもりだと思ってたがマギーがいなくなると
ダイアンはジャクソンに胸が赤くなってるのを見せて治せるかと聞く。
検査でダイアンは炎症性乳がんと判明する。
ダイアンはジャクソンにマギーに話す時に一緒にいて欲しいと頼む。

ミニックはアリゾナからメレディスの謹慎のことを聞いて、ベイリーに
仕事がやりにくくなりと言うが、ミニックが自分の方針を説明せずに
ずかずかとオペ室に入るのが問題だと思うけど。

アレックスはアンドリューが仕事が終わるのを待って謝罪する。
アンドリューは謝る機会はいくらでもあった、話せばわかる人間だと言うが、
謝罪を受け入れる気がなかったように見えたけど。
起訴を取り下げたのはジョーのためで好きだから苦しめたくないのだろう。

マギーが帰宅するとメレディスからダイアンがラザニアを作ってくれ、
子供たちの世話をしてくれたお陰で、今からテレビを一気見するとご機嫌。
マギーはダイアンに自分勝手だと私が知ってるママに戻ってと怒り、
ダイアンは病気のことを言い出せなかった。

エイプリルはキャサリンのオペに入り、リチャードのことを収めにきたのかと
思ったら、その反応からベイリーを支持してると気付く。
そしてエイプリルはベイリーに呼び出された。

リチャードはキャサリンとディナーに出かける準備をしながら話していると、
キャサリンがベイリーの側についてると気付く。
と言うかキャサリンが黒幕なんだけど、ベイリーに押し付けてるのが嫌だ。

ステファニーとマーフィーはピザとビールを持って、ジョーの家に行き、
研修のことを話していて、アレックスはメレディスにつくと言ったことで、
アレックスが司法取引してないと知る。

メレディスとアレックスがベッドでテレビを見てると、マギーもやって来た。
そこにメールが届き、メレディスの後任がエイプリルになったと。
エイプリルはみんなを裏切ったの?

チャイムが鳴ったのでアレックスがドアを開けるとジョーが立っていた。
ジョーはアレックスにハグをすると何も言わずに去って行った。
もう元には戻れないってことかな?

グレイズ・アナトミー シーズン12 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

グレイズ・アナトミー シーズン12 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ブラックリスト シーズン4 #22(終)

ミスター・キャプランの活躍でシーズン4後半は盛り上がって、
あっという間にシーズンフィナーレを迎えました。
いつもながら過去の問題をここでもってくるかと驚かされます。

ワシントンDCの司法省でキャプランとゲールはスタントン連邦検事に会い、
FBIは情報と引き換えにレディントンの犯罪を見逃し、クーパーのチームが
関与している証拠もあり、ゲールに渡した死体に関する詳細も言えると話し、
免責を認められると、身辺整理に警護なしで1日欲しいと条件を出した。

クーパーはチームにまもなく我々は逮捕されて、レッドにも阻止できない。
腹が立つのは彼がなぜ出頭したのか今もわからないことだと放置していた件を
処理すると出かけ、証拠保管所から証拠品の血染めのシャツの一部を切り取る。

リズはレッドに会い、頼むなら問題解決の達人、ヘンリー・プレスコットだ。
問題を抱えて途方に暮れた時に助けてくれ、大胆かつ冷静に難局を打開する。
彼なら大陪審をひっくり返せると、プレスコットを捜してくれと頼まれる。

プレスコットのフロント企業であるウォレン保険の顧客にアメフト選手の
JJ・ブリックマンがいるとわかり、レッドはデンベとブリックマンを訪ねて、
ラリッて発砲してベルギー人観光客をER送りにしたのをプレスコットが
尻拭いしてもらったと連絡先を聞くが、連絡はマジで困った時だけと言われ、
ブリックマンと一緒にいた男を撃ち、問題が起きたとプレスコットを呼ばせた。

レッドはプレスコットに2015年11月19日にデュポンサークルで引き揚げた
荷物は今どこにある?と、裏で活躍するプレスコットは有名人にするぞと言われ、
レッドを案内する。

レスラーはレッドに呼ばれ、たくさんのドラム缶の中から2015年11月19日の
ドラム缶を見つけ、レッドはレスラーに手袋とマスクを着けさせて開けると、
液体に手を突っ込めと言われたレスラーはレヴェン・ライトの死体を発見する。

アラムは免責を与えられても大陪審でチームを裏切らずに収監された。
ナヴァービーはジャネットがアラムのことを密告したと気付いたが、
ジャネットといて幸せそうなアラムに言えなかった。

クーパーはリズに海軍を出たてでペンタゴンの特別統合チームに最年少で抜擢され、
レッドは海軍で防諜任務に就いていた。レッドはソ連のスパイをマークしてたが
ソ連側に気付かれ、拉致して拷問された。10日後にレッドはFBIと海軍の
合同チームに救出されて、その時の証拠品が切り取ったシャツだった。
クーパーはレッドが現れた理由を調べるためにリズとのDNA分析に出したので
24時間以内にレッドがリズの父親なのかわかると告げる。

レスラーはライトの死体を検死してもらい、遺体から摘出した弾を手に入れた。
クーパーは殺人の物証を手に入れたので、ヒッチンなら大陪審を解散できると言い、
レッドはレスラーには気の毒だがこの証拠は取引に使わねばならないと話す。

レスラーはレッドとヒッチンに会いに行き、遺体から摘出した弾を見せて、
家から銃を押収する準備もできてると言うと、ヒッチンはハッタリで
ライトの遺体は見つかってないと言うが、ヘンリー・プレスコットが遺体を
保管していたと言われると、ヒッチンは話を聞くと。

ヒッチンに弾を渡して大陪審を解散させて、ヒッチンとレヴェンの名を
同じ文章の中で使わないことで取引した。
ヒッチンはレッドとFBIの取引は国の安全に関わり、最高機密であなた方が
扱えるような事案じゃないと、大陪審の解散と記録の破棄を命じた。

ゲールは何を握られたと詰め寄るが失職だけじゃ済まなくしてやると言われる。
ゲールはキャプランにヒッチンの命令で大陪審が解散し、この件は消滅したので
証言できないので免責も無効だと連絡する。

タンジ農場にやってきたキャプランは“K”と彫られた木から数えながら歩き、
“許して、カタリーナ”と言って、スーツケースを掘り出した。
そのスーツケースをコインロッカーに入れると、リズから2人だけで会いたい
と電話が入ったので会うことに。

リズはキャプランの手下に彼女の元に連れて行かれる。
ベンチに座ってたキャプランは隣に座ったリズの手を握り、あんたを守ると
お母さんに誓ったが無理かも行くところまで行って道に迷って疲れた。
どうすればあんたを守れるのかと言い、リズは私を守る必要はない。
終わらせればいいだけと言う。

キャプランは私は真実を教えられる。なぜ彼があんたの前に現れたか。
私があんたを守るよ。あんたが望むならとリズを車に乗せてどこかに向かう。

レッドはゲールから携帯電話を奪い、キャプランの使い捨て携帯から居場所を
特定すると、バズたちがキャプランとリズを乗った車を取り囲んだ。
キャプランは降りたらレッドを選んだことになると言うがリズは降りた。
するとキャプランはバズを撃って逃走してしまう。

逃走するキャプランの車を橋の上でレッドとデンベが待ち構えていた。
後ろからパトカーも到着し、挟まれたキャプランは車から降り、
レッドにヒッチンを使って大陪審を解散させるとはやられたよと言う。

レッドは私を倒すことに夢中になりかつての仲間を傷つけたと言うと、
キャプランはそうだね。リズをあんたから遠ざけようとした。あの子に
真実を伝えるだけでよかったんだ。タンジ農場の秘密だよ。
農場へ行って掘り起こした。あの子に渡すと言う。

チームやリズも到着し、レッドは周りを見ろ、終わりだと言うが、
キャプランは捕まって刑務所に入る可能性も当然考えたさ。
私はリズの母親にあの子を守ると誓ったが刑務所にいては無理。
だから手は打ってある。あんたは私を仕留めるためにここにいるんだろ?
私が死んだら仲間がリズにタンジ農場の秘密を届けると言う。

レッドは君を殺さない。あの時撃ったのは過ちだ。二度としないと言うと、
キャプランは引き金を引いてあの子に真実を伝えなと言うが断られると、
“じゃ、自分で。愛してたよ、レイモンド”と言い、橋から飛び降りた。

釈放されたアラムにジャネットが検察に協力しないと免責特権をはく奪すると
脅されて、あなたの名前を出したと謝罪して、ジャネットの裏切りを知り、
ナヴァービーは彼女があなたを幸せにしてたと言うと、アラムはキスをした。

ヒッチンは直接レスラーにバッジを返そうと呼び、あなたは私の僕と言われて、
レスラーはあり得ないとヒッチンの手を振り払ったはずみで倒れたヒッチンが
頭をぶつけて死んでしまった。
キャプランはいないし、どうするの?と思ったらプレスコットが来た。

クーパーはDNA鑑定の結果をリズに渡し、中を見たリズは複雑な様子だった。
リズはレッドを訪ね、鑑定結果を渡すと私にウソをついたわねと言う。
初めて会った日、あなたは私の手の傷のことを尋ねた。答えを知ってるのに。

こう言ったわね。私の父親は犯罪者で母はそれを恥じながら死んだ。
自分が誰なのかをなぜ黙ってたの?私を守るために一文無しになったのに。
それでも父だと名乗らな気?ひどいじゃない。私が探し続けてきた答えを
隠してたのよ。自分に似るのが怖かった?残念ながらそっくりよねと言った。

レッドはもう会いたくなければと言うと、リズはそれ本気?頭がいいのに
鈍いのね。怒りや恐れに多少の憎しみって家族には付き物でしょ。
私たちは家族。それから逃げたりしないと言うとレッドにハグした。

レッドはデンベとタンジ農場に行くと、スーツケースはなくなっていた。
デンベはレッドにあなたがカタリーナにしたことをリズが知ったらと言い、
レッドはスーツケースを見つけると。
その頃、コインロッカーからスーツケースを取り出したのはトムだった!

“エリザベス・キーン”のネームタグがついたスーツケースに人骨が入っていた。
リズのピンチに現れなかったトムがこんなところで登場とは。
あの人骨はカタリーナってこと?それにしては少し小さい感じがしたけど。

リズとレッドは親子ってことで確定していいのかな?
キャプランに撃たれたバズは無事かしら?
ヒッチンは悪人なので同情しないが、レスラーが壊れないか心配だな。
キャプランはあの高さではやっぱり死んでしまったのかな?
といろいろ疑問が残ったフィナーレでした。

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX(初回生産限定) -

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX
posted by Jasmine at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

シカゴ P.D. シーズン2 #6

10歳の少女マイヤが頭に2発撃ち込まれて死亡する事件が発生。
マイヤはプロ入り確定の高校のバスケ選手ジェームズ・グラントの
窃盗事件の唯一の目撃証人だった。

事件の目撃者を捜すがマイヤと同じ目に遭うのを怖れて誰も名乗り出ず、
グラントには試合中というアリバイがあり、銃の密輸で連邦拘置所にいる
おじのデボン・タッカーの関与が疑われた。

ボイトとオリンスキーが連邦拘置所に行くと、ATFがやって来て
タッカーの銃の仕入れ元を捜査していると面会できなかった。

アトウォーターは妹と同じ年のマイヤが犠牲になったことに黙ってられず、
自ら志願して連邦刑務所にルゼックと共に潜入し、アントニオも刑務官として
潜入することに。

ボイトはグラントを聴取するがシラを切るグラントに怒り、弁護士を追い出し、
マイヤが殺されたのは貴様が原因だ。必ず償わせると告げる。

アトウォーターがタッカーの様子を伺ってると診察の時間だとタッカーが
連れて行かれ、アントニオは診察の予定はないがと聞くと、証人保護プログラムが
適用されたので保護拘置に移された。

ルゼックはアントニオからタッカーが保護拘置にいると聞き、アトウォーターと
ケンカを始めて乱闘騒ぎを起こして、アトウォーターは保護拘置に移動した。
アトウォーターはタッカーに接触するが話を聞き出せなかった。

リンジーとハルステッドは事件の夜に近くで当て逃げがあったとわかり、
車の所有者の会いに行くと、2日前に駐禁でレッカー車に持って行かれたと。
ボイトとオリンスキーは車の保管所に調べに行くと、車を貸し出してたとわかる。
車を借りたオマール・マーテルはタッカーの元同房者で今は単独で殺し屋をして、
事件の2日前 グラントが彼に接触したらしき記録もあったので逮捕した。

ルゼックは他の囚人からアトウォーターは警官だと言われた所で
懲罰房へ移動させられてしまう。
ルゼックは電話をかけさせてほしいと頼むがダメで、アントニオを呼んでくれと
頼んだことで、ボスのパリッシュはアントニオが賄賂をもらってると疑ったが
刑事で捜査で潜入してると打ち明ける。

アトウォーターはタッカーにマーテルからの伝言だと、サツに捕まったので
黙っててほしいならカネを上乗せしろと言うと、初年度契約金の10%だぞと、
ジェームズの手を汚させたくなかったと、もう5%で手を打つと言ったところに
手下がデカだと知らせに来たことで、アトウォーターはタッカーたちと戦って、
ボコボコにしてるところをアントニオに止められ、グラントは逮捕された。

バージェスとローマンは探検隊の3人の少年に署内を案内することに。
目を離した隙に3人は逃げてしまい、彼らは少年犯罪者と聞かされたところに
署長の車を盗んで逃走したと判明。

少年たちは店を荒らしたが店主に捕まって署に連行することに。
プラットはローマンたちに少年犯罪者と言わなかったことを謝り、
ローマンは自分も捕まった時に見逃してもらったので彼らにもチャンスを
あげようと見逃すると、1人は反省したみたい。

ローマンがオリンスキーに突っかかってたのは2007年のおとり捜査で
応援に行き、相棒のピーター・バーンが目の前で撃たれたのに
オリンスキーは彼を置いて、犯人の追跡を優先したことを怒っていた。

オリンスキーはボイトに捜査に問題はなかったと確認するが、ローマンは
バーンは一生車イスの生活で実家に帰っていると言う。
状況がよくわからないが、ローマンはその時何をしていたのだろう?
リンジーは連邦捜査官の誘いを受けるのかな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

シカゴ・ファイア シーズン3 #6

ケイシーはジムの事務所に行くと、弁護士と待っていたジムは資産の移動は
正当だと言い、クリスティの署名入りの書類を渡される。
ケイシーはニューハウスに離婚問題に強い弁護士を紹介してもらうことに。

弁護士のバンクヘッドは裁判でクリスティが勝訴する可能性は高く、
資産の6割が入ると成功報酬で引き受けてくれると言うが、子供の親権争いに
発展するもケースも多いと言われ、クリスティは決断できなかった。

アパートのベランダで子供が頭を柵に挟まったままの状態で柵が壊れて、
今にも落ちそうなのを母親が支えていた。
母親は限界でセブライドがはしごで向かってギリギリで支えることができ、
ハーマンとドーソンが玄関から入って、ケイシーがフックで子供の体を固定し、
セブライドが柵を切って救出した。

母親は息子アーチーにケガはないので病院に連れて行くのを嫌がったが、
念のためにとミルズとブレットが病院に搬送すると、虐待と育児放棄の
過去があると病院が通報して、母親から息子を引き離した。

ミルズはニューハウスの副業を手伝い、車の点検のフリをして待ってると、
犬を抱えて走って来たニューハウスに男が発砲して追いかけてきた。
別れた妻から犬を取り戻してとの依頼だったみたい。

アーチー母が署にやって来て、ブレッドに息子を虐待してないと証言して
欲しいと頼まれるが、セブライドは出動後のフォローは仕事じゃないと断る。
セブライドはシェイが関わった患者が目の前で自殺したことがあったので
断ったが、ブレッドはやり直すチャンスは与えられるべきと言う。

セブライドとブレッドはアーチーの自宅を訪ねると、息子は下の部屋を
のぞこうとして頭を柵にはさまってしまい、暴力的な夫と別れて接近禁止令を
取った書類に、酒に溺れてたが断酒したとコインを見せて、食事もきちんと
食べさせていて、今は良い母親だとわかった。

ドーソンはハーマンの訓練を受けるが、習ったことばかりで不満だった。
警察の要請で家宅捜索に協力することになり、武装しているディーラーの
家の玄関が頑丈で、鉄格子につけたチェーンを消防車で引っ張って壊し、
ハーマンとドーソンがハンマーで鋼の防護ドアを破ろうとするが銃撃戦となる。

何とかドアを破って突入するが人質の女性は撃たれて助けられなかった。
ブレッドはアーチーは助けられると、児童保護局の職員に1番に処理するまで
帰らないと椅子に座って迫り、アーチーは母親の元に帰れることに。

クリスティは教職に復帰して、ジムの要求を受け入れようとしていたが、
ケイシーはバイオレットが元の学校に戻りたいと泣いているのを見て、
ニューハウスにジムの愛人を調べてほしいと頼む。

するとジムの愛人は4年前に結婚した相手の遺言状を偽造したことで
訴えられて逮捕状が出ていると判明。
ケイシーはジムにコピーを見せて、通報して愛人が逮捕されたら財産を
奪われると、娘のために正しいことをしてくれと告げた。

ジムは養育費を倍にしてバイオレットの学費も出し、家を売るのをやめたと
クリスティはジムが理解してくれたと思って大喜び。
ケイシーは自分のお陰だと言わないところが素敵だな。

ニューハウスは夜に携帯を忘れて、車に取りに行くと男に襲われた。
これって副業絡みかな?

セブライドはレスキュー隊でラスベガスに行こうとカジノの練習をしてたが、
みんなにドタキャンされて、1人でカジノで遊んでると新しい彼女を見つけた。
予告を見ると危なっかしい感じがする。

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ